FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「つま先と違う方向に膝が曲がる」

suku115212_20190814090350ac9.jpg




皆さんからのご質問にお答えする
Q&A集です。




Q:
この前の講座で、

「膝の曲げ伸ばしでつま先と違う
方向に膝が曲がる動きは、膝だけでなく、股関節
にも負担がかかる動き・・・・」

という話があったと思いますが、あってますか?




A:

はい、その話ありました。
(ここでは、膝の曲げ伸ばしでつま先方向より
内方に膝が曲がる動きで説明します)。



suku115212_20190814090350ac9.jpg

この動き、模型で後ろから確認してみます。




ko21428_20190814090353baa.jpg

こんな感じです。

股関節は、臼蓋というお椀状のところに、大腿骨の骨頭(ボール状)
がはまったような構造です。


「膝の曲げ伸ばしでつま先方向より内方に膝が曲がる動き」は
ボールのところがたくさんみえています。



模型で言うと、このボールが広範囲にわたってみえてしまう
ような動きは、股関節に過度の負担がかかる、と考えてみて
ください。



suku115212_20190814090350ac9.jpg

ついでに、確認すると、


膝は、もちろん、足首も過度にねじれるので負担が
かかります。



場合によっては、足裏や足母指球などに痛みがでる
人もいます。




このようにみてくると、

「膝の曲げ伸ばしでつま先と違う方向に膝が曲がる
動き」は習慣になってしまうと、やがては、膝だけでなく、
いろいろなところに負担がかかって、痛みや不調が
でてくる動きといえそうです。








「楽々動けるカラダ測定士」養成講座スタート
>>





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 58、ご質問&おこたえ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「上手に動くだけで、痛みや不調改善」



「動きケア」を学ばれて、指導するようになった
指導者・施術者の皆さんから、次のようなご報告
を受けることがよくあります。



それは、クライアントから


「結構いろいろなところにいったけど、良くならんかった・・・、
ここへきたら良くなった・・・・・」



といわれましたというものです。



こうきくと、「動きケア」が何かスゴイものであるように
感じられますが・・・・・・。



しかし、実際は、

「結構いろいろなところにいったけど、良くならんかった・・・」、

という中身がもっと根源的な理由によるものではないかと
推測します。




「結構いろいろなところにいったけど、良くならんかった・・・」
という方がどんなことをやっていたかお聞きすると、



1、マッサージ
2、電気をあてる(ご本人の言い方による)
3、薬



であることが多いのです。



そこに、「自分でカラダを動かす」ということは
入っていませんでした。



「どこに行っても痛みや不調が良くならんかった」
という方が、



少し
本来の忘れてしまった身体の動かし方を行って取り戻すと
「痛いや不調が改善される」というケースをこれまで
たくさんみてきました。




我々は「動物」です。


ここまで経験したきたことを総合すると、

「自分の意志でカラダを上手に動かす」ことは、
普通に思っている以上に、「痛みや不調」を改善
することに大きく関わっているようです。










「楽々動けるカラダ測定士」養成講座スタート
>>





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、動きケア(R) の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

筋トレの前に、ヨガの前に、まずは「動きケア」


IMG_0966.jpg

大胸筋を鍛える「筋トレ」です。

でも、よくみると、ダンベルを下げた時、左の大胸筋
の伸び具合と、右の大胸筋の伸び具合がだいぶ
違います。



このままの状態で、筋トレを続けたら、右側の大胸筋と
左側の大胸筋はアンバランスな状態で発達します。



アンバランスのままで、負荷をかけたら、アンバランスの
ままで強化されてしまうのです。



ですから、鍛えるのなら、「鍛える」前に、まずは、肩部の
動きを整えてから、鍛えた方がいいですよ、とおススメしています。

これが「筋トレ」の前に、「動きケア」ということです。




ヨガとか、ストレッチ体操で・・・・・、

例えば、こんなポーズで・・・、



IMG_0967.jpg

股関節が十分に伸展できる(脚のつけ根から大腿骨を
後ろへもっていく)人なら、腰には負担がかかりません。





IMG_0970.jpg

しかし、股関節が十分に伸展できない人が、このポーズを
行うと、その分、腰が反って、このポーズを行うので
腰に大きな負担がかかり、腰痛の原因になります。




健康になるために、ヨガやストレッチ体操をしているのに、
いつの間にか「腰痛」になってしまった・・・・、では残念です。




ですから、上記のポーズを行う前に、まずは、このケース、
股関節が十分に伸展できるように動きを整えてから
行った方がよいですよ、とおススメしています。



これが「ヨガ」や「ストレッチ」の前に、「動きケア」
ということです。



カラダを十分に動く状態にして、身体の特定部位に
過度の負担がかからないようにしてから、「筋トレ」や「ヨガ」、
「ストレッチ体操」を行ないたいものです。







「楽々動けるカラダ測定士」養成講座スタート
>>





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、動きケア(R) の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「体操すわり」で腰が痛い!!



学校でもよくやった(よくやる)「体操すわり」
(三角すわり)の話です。




大学の授業でも、こちらとしては「みんながその方が
楽だろう」と思って、「ハイ、体操すわりで話をきいて
ください」と坐ってもらったりするのですが・・・・・・、




近年は、「腰が痛いので、立って聞いてていいですか?」
と立ち上がる学生さんがいたりします。




別の先生からは、小学校でも体操すわりしてもらうと
腰が痛くなる子が増えている・・・・・という話をきいた
こともあります。




背骨は、椎骨という積み木のような骨の間に「椎間板」
というクッションを挟んで、連なってできています。



IMG_0743.jpg

脊柱が丸まると、その「椎間板」に大きな負担が
かかることが知られています。




ですから、この背骨を丸めた姿勢=「体操すわり」の
ままでいると、「椎間板」に大きな負担がかかることも
あって、腰が痛くなったりするわけです。




そこでおススメは、腰が痛くなる前に・・・・





IMG_0744.jpg

このように、手の力をつかってもよいので、お腹と太ももを
近づけるようにして、背中をまっすぐにするように力をいれる
ことです。



このような姿勢を数秒とり続けてもよいですし、数回繰り返して
もOKです。




こうすることで、椎間板への負担を逃がすことにもなりますし、
腸腰筋の機能や腹圧を高める効果的な「筋トレ」にもなり
ます。




「体操すわり」をする機会があったら、この体操を
上手にはさんでみてください。




うまくいくと「腰痛」も感じなくて済むはずです。







「楽々動けるカラダ測定士」養成講座スタート
>>





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、動きケア(R) の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「ユーチューブ・チャンネル」



動きケア・パーソナル・マスタートレーナーの
飯尾直尚さんがユーチューブにチャンネルを
開設されました!!




「動きケア」の良さがわかる楽しいチャンネル
になっています。




「パーソナルトレーナー飯尾channel」
https://www.youtube.com/channel/UCBA0OjBlhXNfXRND4ozJncA



ぜひ、ご覧ください。




自身パーソナルトレーナーとしても活躍され、パーソナル
トレーナーの育成にも力を注いでいる飯尾直尚さん、




「動きケア」でパーソナルトレーナーの世界にも新風を
吹き込んでいらっしゃいます。




「動きケア」を取り入れた新しいパーソナルトレーニング
で今まで以上にクライアントの笑顔がたくさんみられます
ように、



心から期待しております。






「楽々動けるカラダ測定士」養成講座スタート
>>





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 57、ご挨拶、お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT