姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

階段がスタスタあがれる!!






FH200_L.jpg




スクール修了生のTさんからうれしい報告が
ありました。




78歳になるおばあちゃんが、膝痛がひどく、
階段も手すりにつかまってやっとあがって
いける感じだったそうです。




病院へいってもよくならなかったそうです。




そんなおばあちゃんが、Tさんの「動きケア
パーソナル」に来てくれるようになりました。




結論から言うと、今では手すりにつかまらなくても
階段をスタスタあがれるまでにすっかり良くなった
そうです。




それまでそんなに成果が出る経験をしていなかったの
で、「本当にこんなに良くなるんだ!」と自分でもビックリ
しました、と報告してくれました。




おばあちゃんも涙ぐんで、大喜びしてくれた
そうです。




本当によかったですね。




きっと
Tさんの「動きケア・パーソナル」で今後もっともっと
たくさんの人が喜んでくれることと思います。




期待しております。




報告、ありがとうございました。









動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  3、うれしいご報告! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「2017  富士山」






fuji117816.jpg


今年の富士山登山より







fuji317816.jpg


今年は、はじめて夜に7合目の山小屋入り
して、泊まるパターンでした。







fuji217816.jpg


毎年、「スゴイ!!」と思って、写真にとると、その
スゴサの千分の1も写真では表現できていない
ことにもどかしさを感じます。








fuji417816.jpg


今年の 火口です。





今年も無事に富士山に登ることが
できました。




感謝いたします(拝)。










動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 35、富士山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

膝痛の治し方(4)





hizamokeimae09824_20170815213647049.jpg



膝痛を抱える方のほとんどといってよいくらい
にみられる共通の特徴があります。





それは、イスからの立ち上がり、立位での膝の
曲げ伸ばし、歩き、階段の昇降など、股関節、
膝関節、足関節・・・・と連動して行う動きの中で、





股関節の筋がうまく機能していない(股関節から力が
抜けてしまっている)ことです。





まずは、股関節だけ動かした時に、股関節周辺筋
が働くようにして、





次に、股関節、膝関節、足関節・・・・と連動して
動かしても、股関節から力が抜けないように
クセづけすることが大切です。










動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 49、膝のはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

膝痛の治し方(3)




daitaisitugaikansetu209811_2017081307325740b.jpg



「膝蓋大腿関節」は、大腿骨のレールの上を膝蓋骨が
滑るような構造になっています。




大腿骨と下腿骨の配列が例えば、O脚のように
本来のものと違ってくると、大腿骨のレールが
まっすぐではなくなって、大腿骨と膝蓋骨の関節
面には本来ないストレスが生まれます。




大腿骨と下腿骨の配列が変われば、関節面
だけでなく、関節包や靭帯といったものにも
本来ないストレスがかかってきます。




関節面の使われ方が偏った状態でかたく
なっているケースも多いので、そんな時は、
関節面の動きを痛くない範囲で、少し広げて
あげたり、少ない範囲でよいので上手にゆらすと
「痛み」が軽減できます。





関節周辺のこわばりや関節面の偏りがみられる
場合は、「関節自体」、関節周辺にアプローチすると
よいようです。









動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 49、膝のはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

膝痛の治し方(2)





daitaikeikotukansetu09811_20170813071615d28.jpg




筋硬結(こわばり)が原因で、膝に痛みがでて
いる場合もあります。




内側広筋、外側広筋、大腿直筋、ハムストリングス、
腓腹筋、膝窩筋などの筋硬結が慢性化すると、
「膝痛」となってあらわれる場合があるのです。




そんな時は、その筋硬結をゆるめる(エクササイズ、
施術、グッズ・ツールを使ったセルフケアなど)と
「膝痛」が改善に向かうようです。







動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 49、膝のはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT