FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

関節の「弛緩性」と「不安定性」の違い

皆さんからのご質問にお答えする
Q&A集です。





Q:
関節の「弛緩性」と「不安定性」の違いって
ありますか?お願いします。




A:
私もかつて調べてみたことがあるのですが、
関節の部位によっても使われ方が違ったり、
同じような意味で使われたり・・・・、はっきり
しませんでした。



ただ、本によっては本来、関節が動く方向に
可動域が広すぎる場合を「弛緩性が大きい」、
本来、関節が動かない方向に関節が動く場合を
「不安定性が大きい」と区別しているものもありました。



この分け方がわかりやすいかもしれません。



以上、参考になればと存じます。







11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 74、Q&A集 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「割座」


「姿勢と動きのなぜがわかるセミナー」
(パーソナル指導・本物塾)からのワンポイント
です。




第11講座のテーマは「膝」でした。




途中、「割座」がでてきました。割座とは、ぺしゃんこ座り、
とか女座りとか、呼ばれるもので、正座から足、下腿を外方に
開き、お尻をぺちゃんと床につけて座る座り方のことです。




IMG_4718.jpg
「割座」




これができると、膝の靭帯や関節包がゆるい状態
=膝の不安定性(弛緩性)が大きい、目安となります。





IMG_4719.jpg

さらに、足首を背屈することができると、より
下腿が外旋することになり、膝の不安定性(弛緩性)
が大きい上級クラスです。




股関節の内旋が少ないとより膝からねじれている
ことになります。




股関節の内旋具合と合わせて判断したい
ものです。








11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 49、膝のはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

痛いのは、“首” だけど・・・


「動きケア・パーソナル」(個人セッション)日記です。





“首” の痛み(右側)がツラい、というご相談
でした。




いろいろチェックし、触察でも、痛みを感じていらっしゃる
右側の肩から首にかけては、とてもやわらかいのでした。




「“痛い” と感じていらっしゃるのは、“首”ですが、首
自体は悪くなく、原因は他にあるようですね・・・・・」



クライアントさん: 「えっ・・・・・・・」




いろいろチェックしてみて、一番、気になったのは・・・・、




左側の「棘下・小円筋」あたりのこわばりでした。
ざっくり言うと、左側の脇の下あたりです。




首を動かして、痛みを確認してもらった後、
一時的にゆるめて確認してみると、




首を動かした時の“痛み”が消去・・・・・・、




クライアントさん
:「ええっ~!! “首” が悪いわけじゃなかったんですね」




特に、“首”はとても細いのに大事な神経や血管が通っている
重要部位です。




「痛いのは、“首”だけど・・・・・」の考え方が身につくと、
大事な “首”に直接さわらず、負担をかけずに調子
よくする “道すじ” がみえてきます。




そんな考え方を共有できる、“指導者”、“施術者”の
方が増えるといいなあ、と思います。








11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 73、個人セッション日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「巻タオルの成果」




いつも一緒に「動きケア」を探求してくださる
Sさんから、うれしいご報告が届きました。




ご紹介します。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(いただいたメール・ここから)






【巻タオルで肘の痛みを改善】





70代の女性の方です。

雑巾をしぼると、両肘(上腕骨内側上顆)(特に左)が痛むという
ことでした。





特に左側前腕に強いこわばり(特に左)がありました。





肩がまき気味だったこともあり、短い時間で効果を出し、
しかも、効果があれば、セルフエクササイズとしてお勧
めできることと考え、バスタオルを丸めたもの(巻タオル)を
使い、縦に並べ、脊柱にあててエクササイズを行って
いただきました。




運動後、前腕のこわばりを確認すると、ご本人にも
わかるくらい緩んでおり、運動前にあった圧痛も軽減
していて、驚いてみえました。




左前腕のこわばりが強く、ご本人は、脳梗塞による後遺症
もあるからだと何度もおっしゃって、諦めていた様子でした
が、巻タオルで緩んだことで、希望を持たれたようでした。




(いただいたメール・ここまで)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




Sさん、ありがとうございました。




本人が “思い込み” に気づいて、希望をもって
もらえる・・・・、




素敵な “瞬間” ですね。








11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  3、うれしいご報告! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

巻きタオルの活用




ブラッシュアップセミナーからのワンポイントです。





今回のテーマは、「巻タオルの活用と胸郭テクニック
からの展開モデル」でした。





IMG_4714.jpg
これが「巻タオル」です。バスタオルを縦に折って、くるくる
丸めたものです。





脊柱の調整、脊柱の配列の改善、膝の調整などなど
とてもたくさんのことに使えます。





IMG_4702.jpg


実際に「動きケア・パーソナル」で成果をあげている
テクニック&調整の展開モデルをそのままお伝えしました。





相手をクライアントに見立てたテクニック実習では、
お互いの身体を調整することにもなるので、中間のチェック
では、悲鳴(良い意味での)が続出状態でした。





「巻タオル」の威力にビックリした方もたくさん
いたようです。





それとともに、テクニックに一層の自信が持てた
方も・・・・・。





今度はそのまま、クライアントを喜ばせてあげて
ください。








11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 39、マスターセミナー(塾)のひとコマ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT