姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

開脚ブームですが・・・




「動きケア(R)パーソナルトレーナー養成スクール」
からのワンポイントです。




IMG_2055.jpg
スクールの一風景です。




スクールでは、その場で効率よく身体をゆるめる
「セルフ・動きケアエクササイズ」がたくさんでて
きました。





最近は、「開脚ブーム」だそうです。




「開脚」にも使えるエクササイズもたくさんでて
きました。




IMG_2054.jpg



とにかく、拮抗筋(のばされるところ)を他動的に、
のばす方法がおそらく一番効率悪い方法である
こと、



その人は、どの部位がこわばっていて、目的
とするポーズ(この場合は開脚)ができないのか、
個別に見極めることが大切であること、




などなど・・・・・、




スクールでお伝えしたポイントをおさえて、
いただければ、一般的に行われている
「開脚エクササイズ」と差をつけた指導が
できるはずです。




ぜひ、ご活用ください。










動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 37、動きのTCCT(前半)スクールから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「脚が開いてしまうのは?」こたえ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

別窓 | 88、よみとる力
∧top | under∨

脚が開いてしまうのは?





よみとるシリーズです。





IMG_2015.jpg

こんな感じでベットに腹ばいになってもらって、
脚をあげたら(股関節伸展)、膝が外に開いて
しまう(股関節・外転)人がいました。





さて、そうなる要因としてどんなことが考えられる
でしょうか?





明日は、土曜日、ブログの定休日です。





答えは、日曜日の記事でお伝えします。





姿勢・動きをみる目を養いたいです!という
Sさんもぜひ、考えてみてください。










動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 88、よみとる力 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

水曜日コース、前半スクール修了





「動きケア(R)パーソナルトレーナー養成スクール」
水曜日コースの前半部が修了しました。




皆さんからひと言ずついただきました。




丁寧にわかりやすく教えてくださるので、登校拒否
にならずに通えました。前半に教えていただいたこと
を実際に活用し、不調のある方に喜んで頂ければ
と思います。

(Tさん:健康体操指導者)





身体のつくりしくみはとても難しいが少しずつ人の
うごきはおもしろいと感じています。1をみて10を
知ることができるようにがんばっていきたいと思い
ます。

(Hさん:太極拳、介護予防指導者)





体に痛みや不調、こわばりがある場合、静的
ストレッチ、マッサージ等その部分を一時的に
楽にするのではなく、部分も全体もみて広い
視野で原因になっている箇所を、苦痛なく、各
個人に合わせたテクニックで解決するような
考え方ができるようになりました。

(Aさん:セラピスト)





「鍛える発想」しかなかった僕ですが、今では、身体を
いかに整えるかという観点でパーソナルセッションを
行うようになりました。痛みをとったり、動かしやすい
身体にすることがクライアントにどれだけ喜ばれるか、
ということを身をもって体験することが出来ています。

(Tさん:パーソナルトレーナー)





前半部で、これだけの内容で十分すぎるだけの成果が
出せそうなので、後半部はいったいどんな事をするの
だろうとワクワクしてきました。

(Nさん:ヨガインストラクター)





皆さま、スクール前半部、お疲れさまでした。



毎回お伝えする「動きケア(R)」のノウハウを皆さん
が楽しみながら、吸収され、それと比例して、皆さん
の輝きも一層増して、現場での成果も上がり、クライ
アントの笑顔も増えていく・・・・



そんなことに喜びを感じながら、
後半スクールも精一杯お伝えいたします。



また、お待ちしております。











動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 37、動きのTCCT(前半)スクールから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

歩行で左へ曲がるのは?




「動きケア(R)パーソナルトレーナー養成スクール」
(前半部)の最終日、知識の確認のために用意された
問題をテーマしてディスカッションする時間がありました。





例えば、その問題のうちのひとつ・・・・、





「閉眼15m歩行で左側に曲がっていく人がいます。
この人の体幹部、股関節などの動きの偏りはどう
なっていると予想できるでしょうか?」





heigan1171011.jpg




Aさん
:「胸郭に対して骨盤は左側を向くように
体幹部がねじれているのではないかと思います」




:「なるほど、それも考えられますね・・・、じゃあ、次、
Bさん!」




Bさん
:「左側の深層外旋六筋あたりにこわばりが
あって、左側・股関節は過外旋になっている
のでは・・・・」





:「う~ん、いいですね。だんだん、深くなって
きました。他にはどうですか?Nさん」




Nさん
:「閉眼15m歩行で左に曲がっていくのは・・・・、





:「左に曲がっていくのは・・・・」




Nさん
「部屋の床が左に傾いているからだと思います!」




一同、大爆笑・・・・。




ねらっていたNさん、最近は、「笑い」のセンスも
急成長です。




本日も楽しく、楽しく、学ぶことができました(^^)。







動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 75、愉快な人たち | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT