FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「動きケア・すわり体操」



ありがとうございます。



IMG_0738.jpg

この新刊で紹介した

「動きケアE(エッセンシャル)チェック」
=「楽々動ける度チェック」。



先行してお伝えした指導者の方から、



「現場で楽しんで使ってます!」



というお声をいただけるようになりました。
本当にうれしい~です。




ところで、次にいただけるお声として・・・・・、




「で、現代人にとって
「動きケアE(エッセンシャル)チェック」
=「楽々動ける度チェック」が大切なのは
わかりました、



でも、膝が痛い人とかにこれができるようになって
もらうにはどうしたらいいですか?」



というものです。




そこで、「動きケア・すわり体操」というもの
でまとめてみたのです・・・・・。




すると、その数、25以上もできてしまいました!!



なんとか、皆様にすぐにでもおつたえしたく、
その方法を探っているところです。



「動画をとって、ユーチューブで流したらどうですか?」

というのが相談した方からいただいた最も多い意見
でした。



でも、どうやるんだ?(笑)



親切な方の力を借りて、近々はじめたいと
思っております。




親切な方、よろしくお願いします(笑)









動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 95、動きケア®体操(導ヨガ®)の詩 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

「動きケア体操・導ヨガ」のなぜ?


Q&A集です。



Q:
「動きケア体操・導ヨガ」では、なぜ、脚のつけ根で
手指をはさむことを重視するのですか?




A:
脚のつけ根(股関節)で十分に曲がる状態を維持して
おくことが、誰でも行う日常生活の体位変換がスムーズに
できて、いくつになっても「楽々動ける」ポイントだからです。




例えば、
「動きケア体操・導ヨガ:基礎第1式」でも・・・、

IMG_9990.jpg

脚のつけ根に手指をおいて、手指を挟むように
骨盤を前傾・・・・・、





IMG_9991.jpg
お腹と太ももがピッタリとくっつくようにします。




整理してみると、

誰でも行う日常生活の体位変換
(1)仰臥から床すわり
(2)床すわりから立ち上がり
(3)イスすわりから立ち上がり


(1)~(3)すべての体位変換をスムーズに行う
最重要ポイントが脚のつけ根(股関節)で十分に
曲がることなのです。



普通にできてしまう元気な方は、普段なかなか意識できません
が講座でお伝えすると、皆さん納得されます。



ですから、「動きケア体操・導ヨガ」では
脚のつけ根(股関節)で十分に曲げる、骨盤を前傾する
ことを習慣にしていただけるよう、脚のつけ根(股関節)で
手指をはさむことがよくでてくるのです。








動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 95、動きケア®体操(導ヨガ®)の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

やっぱり「肩こり」も“下”でした




最近、また仕事が増えているせいか、「肩こり」というか
「背中のこり」を感じるようになってきました。



どうしても、肩こり、背中のこり、というと何かでそのあたりを
直接的にもんでほぐすとか、刺激を入れる・・・・・という
発想になっていますのですが、



ふとっ思いついて、やってみました。



まず、手を背中にまわして、コリの箇所を押さえて確認
します。



そこを押さえたままで、



IMG_2609.jpg

こんな感じで、足裏全体で床を踏んでみたのです。
(実際は、コリを手で押さえたままやります)。




すると、
足裏でうまく床を押せると、手をで押さえているコリの箇所
がゆるむのです。




特にコリがある反対側の足裏からお腹でうまく床が
押せるとゆるむのがよくわかります。




やっぱり・・・・・・、




肩こりを部分的にほぐしても一時的なもの
でまた戻ってくる理由がここにあるようです。



根本的に「肩こり」を解消するためには、
お腹や股関節・・・・=“下”に力が集約された
「立ち方」、「座り方」を身につける必要がある
ようです。



「動きケア」的に言うと、



こっているのは「肩」ですが、十分に動いて
いないのは「お腹」、「股関節」などの“下”
であるようです。








2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 95、動きケア®体操(導ヨガ®)の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「動きケア体操&導ヨガ初級指導士養成講座」



「動きケア体操&導ヨガ初級指導士養成講座」
からのワンポイントです。




動きケア体操&導ヨガ・基礎第6式で、最初は
全然頭が床につかなかったHさん、




動きケア体操&導ヨガ・ファーストステージの
「瞬間脱力体操」をやってから、また、第6式
をやったら・・・・、




IMG_0661.jpg

頭が床にムリなく、ピタッとくっついてしまって、ビックリ!!




動きケア&導ヨガで「体位変換力」を高めると介護のお世話に
ならず、いつまでも元気でいられることはもちろん、介護予防の
分野だけでなく、年齢問わず、子どもから若い年代、アスリート、
ママ世代といろんな分野でも使えるところがスゴイ!おもしろい
と思った。




こんな感想もいただきました。

ありがとうございました。








2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 95、動きケア®体操(導ヨガ®)の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

介護予防体操の真実(3)



転倒リスクが高くなっていることをあらわす
指標として、




「最大一歩幅」が小さくなってしまう、
というものがあります。




動きケア・エッセンシャル・チェック
「床すわり」から「立ち上がり」、第2の型
にはそれもあらわれます。



「三角すわり」→「横すわり」→「正座」→「片脚立て」
→「立ち姿勢」の型です。





IMG_0559.jpg


IMG_0560.jpg


IMG_0561.jpg


IMG_0562.jpg


この最後の形、一歩前に踏み出す=最大一歩幅
のチェックと同じです。




この「体位変換」ができなくなったら、「最大一歩幅」
も減少してきている=転倒リスクが高くなっている、
ということです。




誰でも行う日常生活の動作の中に、“すべて”
があるのかもしれません。









2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 95、動きケア®体操(導ヨガ®)の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT