FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

中殿筋(2)

「案外知らないかも・・・、筋のひと口メモ」シリーズ


今回は、「中殿筋(2)」です。


中殿筋のよく知られている代表的な作用は、「股関節の外転」ですが、もう少し掘り下
げて確認しておきたいところがあります。


「中殿筋」の起始は、腸骨の後面(扇のように腸骨構面の後ろから前まで)で、停止は
大腿骨大転子です。


tyuudennkin11129
中殿筋(「からだ・うごき塾テキスト 著・土屋真人より)


「中殿筋」の起始(腸骨側)を固定して、中殿筋が収縮する(短くなる)と大腿骨大転子
引っ張られ、結果、そちら側の股関節が外転します。


よく知られている中殿筋の作用・股関節外転です。


もうひとつのパターンを考えてみます。


「中殿筋」の停止(大腿骨大転子側)を固定して、中殿筋が収縮する(短くなる)場合です。


今度は、「中殿筋」の起始(腸骨)が引っ張られ、結果、腸骨が大腿骨大転子に近づきます。


腸骨が大腿骨大転子に近づくということは、腸骨は大腿骨大転子より上に位置しますから、
骨盤全体でいうとそちら側に傾くということです。


この時、体幹部でみると側屈がおこっていることになります。


中殿筋は、骨盤の左右傾きの動きにものすごく密接に関係しているわけです。


中殿筋のこの作用が私たちの「片足立ちバランス保持」や「歩行動作」(もちろん走りも)を
支えてくれています。


土屋真人のホームページ
別窓 |  (43-8)中殿筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<雪かきの消費カロリー | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | 「骨盤傾き具合」の学習>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |