FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「痛いけど、がんばっても治らない・・・」



以前、市民講座で講師として呼んでいただいた
時、こんなことがありました。




「膝が痛いんです。膝が痛いけど、病院で教えて
もらった筋トレは毎日やっています。」

という方がいらっしゃいました。



その筋トレというのは、イスに座って、膝をまげたところ
から伸ばす、(レッグエクステンション)ものでした。



一般の方は、たいてい「膝の筋トレというとこの種目!」
と思い込んでおられるようです。



その方に尋ねてみました。

「それで、膝痛はよくなりましたか?いや、
今も痛いです・・・・」


「?」


「もうどのくらいやってらっしゃるのですか」


「一年半くらいです」


「??」


尊敬する麻酔科医・岡本隆行先生に
「痛くてもがんばって、運動すること」について尋ねて
みました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(岡本隆行先生より)



「なぜ、痛みを感じながら、運動しない方がよいのか?」


結論から言えば、

“繰り返す痛みの経験は、痛みに関与する神経系の機能的
のみならず器質的な変化をもたらし、治療困難な慢性痛の
原因となる可能性がある”


“痛みを伴った運動の繰り返しは治療困難な慢性痛をもた
らす可能性がある“


からです。



いわゆる慢性痛の発症には、情動(不安、恐怖、怒り、
悲しみ)が深く関与していることが分かってきました。繰り
返す「痛み」の経験、「痛み」への誤った対応が、情動と「痛み」
の結びつきを強化し、末梢および中枢にいたる機能的および
器質的な変化を引き起こすというのです。



したがって、「痛みを感じながらの運動」は、運動能力の改善
やパフォーマンスの向上にとって効果がないばかりでなく、逆に
新たな問題を生じる可能性があると考えられます。

(岡本隆行先生のお話・ここまで)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



痛いのにがんばって運動しても、あんまりいいこと
ないようです。



気をつけたいものです。







「楽々動けるカラダ測定士」養成講座スタート
>>




7月スタート!「動きケア・パーソナルトレーナー養成
スクール」受講申込受付中
http://fgi-jp.jp/school-guide/index.html




動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、動きケア(R) の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「伏臥位でのよみとり」 | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | 「あぐらから立ち上がれて、よかったね」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |