FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「ローテーターカフ・エクササイズの意外な使い方」




tyu115530_201902082036471e6.jpg


ローテーターカフのエクササイズです。





肩関節の弛緩性が大きい(ゆるい)人や
野球など投動作が必要なスポーツ選手が回旋筋腱版
(ローテーターカフ)強化のためによく行われるエクサ
サイズです。




このローテーターカフのエクササイズ、こんな使い方も
あります・・・・・、という興味深い報告が整形外科のリハビリ
室で施術しているS先生から届きました。




ご紹介します。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(いただいたメール・ここから)




【棘下窩の硬結がある場合】



それを押す…


・コリコリとしているとき

・その部分や、他の部分に痛みがある場合
(トリガーポイントと考えられる)

・「あーそこそこ」と言われる場合




手指やボールなどを使って緩めることがあるのですが、
それよりも、ローテーターカフのエクササイズをしていた
だいた方が早く緩まるように感じます。




特に、内旋や外旋どちらかの可動域が減少していたり、
可動域が亢進していたり、段階的にアイソメトリックを行っ
ていただくと、力が弱い部分があれば、肩甲上腕関節や
ローテーターカフの機能低下があると思うのでそういう点
でも、安易に緩めるよりも、動きも確認して行った方が良
く、効率的なのではないかと思いました。




これは、他の関節で言えるかもしれません。




(いただいたメール・ここまで)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





こわばりをゆるめるために「ローテーターカフエクササイズ」
を使う・・・・・、案外気づかない発想かもしれませんね。




S先生、
いつも興味深い報告をありがとうございます。









動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 27、ローテーターカフのはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<メールプレゼント | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | 姿勢と動きのなぜがわかる本がさらによくわかる(4)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |