FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

姿勢と動きのなぜがわかる本がさらによくわかる(4)



姿勢と動きのなぜがわかる本が
さらによくわかるシリーズ~4~




hon1_201901231747171a7.jpg





P.12~P.23 身体各部の基本運動とその表し方から(3)



P.21


「上肢帯」の基本運動、真ん中の段、画像





背骨から上肢帯が遠ざかる動き(肩が前に出る
ような動き)が外転ですが、屈曲とあらわされる
こともあるので、注意が必要です。   





同じように、背骨に上肢帯が近づく動き(胸を
はるような動き)が内転ですが、伸展とあらわさ
れることもあるので、注意が必要です。





他の部位、例えば、股関節などは「外転」と「屈曲」
は当然違う動きです。「内転」と「伸展」ももちろん
違う動きです。





しかし、「上肢帯」では、「外転」と「屈曲」、「内転」と
「伸展」は同じ動きをあらわします。





ちょっと知っておくと何かの時に、上肢帯の外転や屈曲
が出てきてもあわてずに済みます。










動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 104、姿勢と動きのなぜがわかる本・勉強室 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「ローテーターカフ・エクササイズの意外な使い方」 | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | 「動きケア(R)ウォーキング2級コーディネーター養成講座」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |