FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

首、肩から足の裏まで



「動きケア・パーソナルトレーナー養成
(前半)スクール」の時、受講生のSさんが
写真をみせながら、報告してくださいました。




IMG_4771.jpg

小指球外側と母指球に大きなタコがあります。
この写真は指導を開始したはじめの頃の写真
だそうです。




それが、今では、タコが小さくなって、やわらかく
なってきたそうです。




おもしろいのは、このクライアントさん、もともとの
相談は、「首、肩の痛み」だったそうです。




もちろん、今では、「首、肩の痛み」も○




全身が連動していることが本当にわかると
「隠れたニーズ」にも対応できます。




「首、肩から足の裏まで・・・・・、
“動きケア” の真髄ですね」




Sさん、スゴイ、ご報告ありがとうございました。








11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  3、うれしいご報告! | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<上肢帯の動きケアで起こること | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | 「上肢帯と胸椎部の連動」>>

この記事のコメント

普段から、動きケアを、施術の軸にしています。

この方は、主訴は、首肩の痛みでしたが、歩くとタコができているところが痛いという状態で、それも気にされていました。

主訴は、首肩の痛みでしたが、全身に目を向けたとき、大きなタコがいくつもあるような足部のコンディションだと、それが首肩にも影響するかと思い、主訴である首肩から遠く離れた足部の改善を目的に、足部の動きケアと、角質ブラシを活用しました。

足部の機能改善だけでは、タコが気にならなくなるまでに、どれくらいの期間、タコの縮小には、角質を削るブラシを使って小さくしました。
2018-12-16 Sun 22:07 | URL | S #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |