FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

膝下の痛みが骨盤の動きで解消!!



いつも一緒に「動きケア」を追求してくださる
Mさんから、興味深い報告メールが届きました。



ご紹介します。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(いただいたメール・ここから)





【長座・左あぐら動作で膝が痛い】



70代の女性です。
長座で、左足をあぐらのようにすると、お皿の内下方に
痛みがあるとのことでした。





「連動Uチェック8」で下腿・回旋と足関節の連動を確認
したところ、座位・下腿・外旋で痛みが再現されました。





内転筋の柔軟性低下もみられたので、内転筋のこわばり
をターゲットにゆるめるテクニックを使ってみましたが、
主訴は改善されませんでした。





最近、骨盤・左右傾けで、大腿外側や内側の筋が緩む
ことがあったので、チェックしてみると、骨盤左右傾けの
動きの左右差がありました。





この左右差を改善した後、確かめてみると、あぐら動作
での痛みが消失しました。




中心部(骨盤や脊柱)の大切さや、となりの関節理論の
大切さを感じ、再認識する機会となりました。





(いただいたメール・ここまで)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





Mさん、毎回興味深い報告をありがとうございます。





大腿内転筋群のこわばりをゆるめても解消しなかった
膝の内下方の痛みが「骨盤の左右傾け」の動きの左右差を
なくしたら、解消した!!




“痛いところが悪いところではない”
まさに「動きケア・となりの関節理論」ですね。




Mさん、
興味深いご報告、感謝いたします。








11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  3、うれしいご報告! | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<土曜日クラス修了 | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | 「手を使わず立ち上がれる、歩行もふらつかない」>>

この記事のコメント

足が開かないときは、大腿内側がこわばっていることは多いと思うのですが、骨盤部の動きを改善した結果、驚く程、足が開き、その効果に患者さんよりも、私の方が驚いてしまいました。
2018-10-19 Fri 20:34 | URL | M #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |