FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「姿勢と動きのなぜがわかる本~膝・下腿の筋編~」出版までラストスパート(3)


「姿勢と動きのなぜがわかる本~膝・下腿の筋編~」出版まで
ラストスパート(3)です。




初校をチェックし出版社に返送、変更箇所の画像作成、
送付、原稿の修正と・・・・・、あと、月曜日までに2カ所
ほどの原稿送付予定です。(やっと山は越えたかな・・・・
という感じです)。




いつも応援してくださるSさん、ありがとうございます。




それでは、今日も原稿から少し、




【膝の過伸展をチェックする】


まずは、膝関節の伸展です。膝は大腿骨と下腿骨
がほぼまっすぐに配列された状態から、標準的に
は後ろには曲がりますが、前には曲がりません。





しかし、関節の弛緩性が大きいと、少し前にも曲
がってしまいます(膝が過伸展する)。





たいていは、次のような簡単なチェックで判断
できます。長座で、足首を曲げて、膝裏を床に
つけるようにして膝を伸ばすと、踵が床から浮
いてしまう場合は、たいてい膝が過伸展して
います。





膝を伸展させたときに、膝が過度に伸展し、
大腿骨と下腿骨が前方に反るような配列に
なっている膝は「反張膝」と呼ばれます。





第3章3
「反張膝」




このようなケースは、膝が過伸展していて膝の
障害が起きやすいわけですから、膝を過度に
伸ばすようなポーズを習慣的に行うことは注意
したいものです。





hizanobasisuto.jpg
注意したい例









11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 100、姿勢と動きのなぜが分かる本 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「O脚改善」 | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | 水曜日クラス・スクール修了>>

この記事のコメント

おはようございます。
肩の筋編、購入しました!
とりあえず、コラムが面白いので拾い読み。
これからじっくり読んでいきます。肩は本当に悪い人が多いのでなんとかしたいという気持ちでいっぱいです。
東京スクール希望者いないですかね〜💦
2018-10-15 Mon 08:52 | URL | 青木玲子 #-[ 内容変更] | top↑
> おはようございます。
> 肩の筋編、購入しました!
> とりあえず、コラムが面白いので拾い読み。
> これからじっくり読んでいきます。肩は本当に悪い人が多いのでなんとかしたいという気持ちでいっぱいです。
> 東京スクール希望者いないですかね〜💦


ありがとうございます。
東京スクール、ぜひ、やりましょう。
まずは、東京でセミナー企画します。
2018-10-21 Sun 08:20 | URL | siseiugoki #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |