FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「肩甲骨」を動かす難しさ

「姿勢と動きのなぜがわかるセミナー」(本物塾)
からのワンポイントです。




今回のテーマは「上肢帯を動かす筋」でした。




肩甲骨を動かす筋の機能チェックで、伏臥位での
上肢帯内転がでてきました。





2018107.jpg

チェック方法を確認する皆さんです。




このチェックを行うと、肩甲骨を動かす筋が
目覚めているかよくわかります。




眠っている方は、たいてい、上腕骨が伸展してから
肩甲骨が動いたり、上腕骨が外旋してから肩甲骨が
動いたり・・・・・・、代償がみられます。




肩甲骨を内転させる筋がまず動いて、肩甲骨が
動き、それに引っ張られて、上腕骨が動くという
順番が望ましい形です。




できる、できないがハッキリしてわかりやすい
チェックです。


ぜひ、現場で使ってみてください。







11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 48、肩甲帯(上肢帯)のはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「いくつになっても衰え知らず、6つの習慣体操(導ヨガ)(2)」 | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | 最後の「赤十字救急法救急員」資格継続研修>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |