FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「腸腰筋こわばりのあらわれ」

honmono1841.jpg



「パーソナル指導・本物塾」からの
ワンポイントです。




今回のテーマは、「腸腰筋と大殿筋」
でした。





daiyoukin111223_20180401223831f26.jpg

「腸腰筋」です。





「腸腰筋」のうちの、「大腰筋」は寝たきり状態など
非活動的なヒトは、極めて細くなっていて、走力が
高いなど活動的なヒトでは、太いという、
ヒトが元気で、活動的であるかどうかをあらわす
キーとなる筋です。





この「腸腰筋」の見方を、機能チェック法、柔軟性チェック法
など現場で使える様々な角度からバッチリお伝えしました。




そんな中、今回の講座では、



dai2120402_201804012305016ed.jpg


股関節前面にある「腸腰筋」がこわばると
骨盤が前傾するので、「腸腰筋」がかたい
ヒトは、伏臥位になると、それだけで、骨盤の
前傾が大きくなっている=お尻が上がっている
=脚のつけ根前面が床から浮いている・・・・
かもしれませんよ~




というシンプルな情報をお伝えした時、
案外たくさんの「へえ~」がきかれました。




「腸腰筋」は深いところにある筋ですから、
みて、とか、直接触って、太いとか細いとか
わからない筋です。




その深層筋が機能していない、うまく働いて
いない・・・・ということを現場でパッと判断できる
ためには、いろいろな角度から、腸腰筋機能低下の
あらわれをまずは、ひとつひとつ頭にインプットして
いくことがおススメです。




そのインプットした「みる基準」をもとに現場で“みる”
練習を繰り返すと、やがて、腸腰筋機能低下がパッと
わかるようになります。




ぜひ、やってみてください。




パッとわかるようになった時は、本当にうれしい!
愉しい!ものです。










動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 102、「へえ~」 シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「導ヨガ・初級指導士養成講座」 | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | 「触察」と「導ヨガ」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |