姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

歩行で左へ曲がるのは?




「動きケア(R)パーソナルトレーナー養成スクール」
(前半部)の最終日、知識の確認のために用意された
問題をテーマしてディスカッションする時間がありました。





例えば、その問題のうちのひとつ・・・・、





「閉眼15m歩行で左側に曲がっていく人がいます。
この人の体幹部、股関節などの動きの偏りはどう
なっていると予想できるでしょうか?」





heigan1171011.jpg




Aさん
:「胸郭に対して骨盤は左側を向くように
体幹部がねじれているのではないかと思います」




:「なるほど、それも考えられますね・・・、じゃあ、次、
Bさん!」




Bさん
:「左側の深層外旋六筋あたりにこわばりが
あって、左側・股関節は過外旋になっている
のでは・・・・」





:「う~ん、いいですね。だんだん、深くなって
きました。他にはどうですか?Nさん」




Nさん
:「閉眼15m歩行で左に曲がっていくのは・・・・、





:「左に曲がっていくのは・・・・」




Nさん
「部屋の床が左に傾いているからだと思います!」




一同、大爆笑・・・・。




ねらっていたNさん、最近は、「笑い」のセンスも
急成長です。




本日も楽しく、楽しく、学ぶことができました(^^)。







動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 75、愉快な人たち | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<水曜日コース、前半スクール修了 | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | 根強い思い込み(1)脚をあげる筋は?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |