姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「大腿内転筋群」の機能低下と立位姿勢



新シリーズ、 「機能低下」 と立位姿勢~第3弾~です。




今回は「大腿内転筋群」の機能低下と立位姿勢です。




ご承知のとおり、「大腿内転筋群」とは、
「恥骨筋」、「長内転筋」、「短内転筋」「大内転筋」、
「薄筋」の総称です。




この5筋の起始部はすべて「恥骨」で、




停止部は、「薄筋」をのぞく4筋が「大腿骨」、
「薄筋」は膝をまたいで「脛骨」に停止して
います。




横からみるとざっとこんな感じです。




naiten_20171009225902dab.jpg



停止部の大腿骨(薄筋は脛骨)が起始部の恥骨
より後ろにあるので、




大腿骨(脛骨)の位置はこのままで、大腿内転期群が
収縮すると、恥骨は後ろ(下方)にひっぱられることに
なり、結果、骨盤が前傾します。




大腿内転期群がちゃんと機能して、張力を維持して
いることが骨盤・前傾位保持に役立っているという言い方
もできます。




逆にいうと、「大腿内転筋群」が機能低下すると・・・、




naiten2.jpg


こんな感じで、「骨盤後傾姿勢」(腰丸まり姿勢)に
なるということです。





まとめ

「大腿内転筋群」が機能低下すると「骨盤後傾姿勢」(腰丸まり姿勢)
になります。




逆に言うと、「骨盤後傾姿勢」(腰丸まり姿勢)の人をみたら、
「大腿内転筋群」に機能低下があるかもしれないと予測する
ことができます。




・・・・ 当研究所では、姿勢や動きをみる目を養うために
こんな考え方で主要な筋を一度整理してみることを
おススメしています。









動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 94、「機能低下」と立位姿勢 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<根強い思い込み(1)脚をあげる筋は? | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | 「烏口突起」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |