姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

DOUフィットネス総合研究所流の “キモ”




8月21日(日)、「動きのTCCE養成スクール」(ハイレベル・プロ
パーソナルトレーナー養成・後半スクール)からのワンポイントです。





kouhan116821.jpg
スクールの一風景です。





下腿の調整テクニックがでてきました。





kouhan216821.jpg
するとYさんがO脚が改善されたと報告にきてくださいました。




その時のやりとりが、DOUフィットネス総合研究所流の
“キモ” の部分をあらわしていました。重要です。



Yさん: 「ちょっと整理させてください。私の膝が○○をむいていたから、
      下腿に○○の刺激を入れればいい、ということですよね」



私: 「膝が○○向いているとか、骨の配列がこうだとか、姿勢が
    こうだとかいう情報をうちでは“静的な情報” と呼んでいます。


    それで、その“静的な情報” が○○だから、ここをこう動かす・・・という
    考え方はしません。(もちろん、全体をより正確に評価するために、“静的
    情報”もみて情報としては活用します)。



    動いてみた情報=“動的な情報” から本来の機能をはたして
    いないところがあれば、機能させてあげる(目覚めさせてあげる)、
    本来の動きをだしてあげると、結果的にO脚など骨の配列も改善
    される、という考え方です。



    なぜなら、“我々は動物だから” です」。




表面的に、骨の配列がこうだからこう動かす・・・・、結構、“普通”に
みられる考え方かもしれません。




それとは違って、DOUフィットネス総合研究所流では・・・・・・・、




DOUフィットネス総合研究所流を学ばれている方は、ぜひ、
ご確認ください。









8月スタート!
「パーソナルトレーナー本物塾」受講受付スタートです!!
定員まで いよいよ あと 1名様 です。興味ある方、お急ぎください。

(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 38、動きのTCCE(後半)スクールから | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<股関節伸展(1) | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | ちょっとした “刺激” が・・・・>>

この記事のコメント

大切な事が再確認できました。
ありがとうございました。
もっと、他の、フィットネス総合研究所流の「キモ」を自分でも再確認したいと思います。
2016-08-23 Tue 10:05 | URL | #-[ 内容変更] | top↑
> 大切な事が再確認できました。
> ありがとうございました。
> もっと、他の、フィットネス総合研究所流の「キモ」を自分でも再確認したいと思います。


ありがとうございます。
土屋
2016-08-23 Tue 10:56 | URL | siseiugoki #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |