姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「主働筋の収縮と拮抗筋の弛緩」





AQ016_L.jpg



不変的な大原則です。



関節運動は、必ず



主働筋が収縮する(短くなる)ことと
拮抗筋が弛緩(ゆるむ)ことが同時に



起こります。




ある関節運動が十分にできないとしたら、




それは、




主働筋が十分に収縮しなくなっているか
(機能低下、筋力低下)



拮抗筋が十分に弛緩しなくなっているか
(こわばりがある、柔軟性低下がある)



のどちらか、か両方、というように
みていって、




主働筋が十分に収縮しなくなっているなら
機能向上、筋力アップさせてあげて、



拮抗筋が十分に弛緩しなくなっているなら
こわばりをゆるめる、柔軟性向上させて
あげる)と、




身体が本来の状態に近づくからで
しょうか、




こわばりからくる痛みが無くなったり、
関節の動きがよくなって、不調が改善
されたりします。



“運動” というような大げさなものでは
ないので、



区別して、
“動きケア(R)” と呼んでいます。




この大原則に立ち返って、トレーニングや
いろいろなスポーツで使う動き、日常生活
動作などを見返して、整理して、掘り下げて
いったら、




気が付いたら、30年近くも楽しめています。




ありがとうございます。




このシンプルな大原則の奥深さを
ますます感じる今日この頃です。









動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、動きケア(R) の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT