姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

脊柱起立筋の左右差




2月28日(日)、パーソナルトレーナー本物塾(基礎・第4日曜日クラス)
からのワンポイントです。



脊柱起立筋のチェックがでてきました。



kiso116228.jpg
パートナーが上体の前曲げをした際の背中の盛り上がり方の左右差を
チェックする皆さんです。




(ちなみに以前ブログでお伝えした通り、このチェックは4月から小学校児童健康診断
の中で脊柱側弯症のチェックとして入ってくるものです)。




もちろん、側弯症ではありませんが、受講生皆さんの中にも、背部左右の
盛り上がり方に左右差がある方もいらっしゃいました。




背中の盛り上がりの左右差は見方を変えれば、短背筋群、脊柱起立筋と
いった背部の筋のコンディション(長さや柔軟性、筋力など)の左右差を
あらわしています。




簡単に言えば、左右の脊柱起立筋がアンバランスの状態です。




“普通の指導者” はそんなことには気づかないで、普通に背部の
筋トレなどを指導するかもしれません。




すると、アンバランスの状態の強化になってしまいます。




“鍛える”前に、“整える”発想をもちたいものです。














お申込みいただきました。 ありがとうござます。
まだ、間に合います。


3月スタート!「動きのTCCT養成スクール」受講申込受付中
土曜日コース  あと4名様   日曜日コース  あと1名様



「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  2、姿勢・うごきをみる目を養う | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT