姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「児童の健康診断が変わります」



子どもの授業参観のため小学校へいきました。



その時、養護の先生から平成28年度から「児童の健康診断の変更」
についてお話がありました。



・「座高」が必須項目から外れる

・「寄生虫卵の有無」が必須項目から外れる
(検便、ぎょう虫検査がなくなる9

・「四肢の状態」を必須項目として加える



ということだそうです。





で、今度新しく加えられる「四肢の状態」(運動器検診保健調査票)を
親子でやってみましょう、という流れになりました。





syougakkou116130.jpg




A.背骨
後ろから左右肩甲骨の高さの差をみたり、手のひらを合わせて前屈した時の
背面の高さのさをみる(脊柱側弯症のチェック)



B.腰
身体をそらしたり、曲げたりしたときに腰に痛みがでないか?



C.上肢
手のひらを上に向けて腕を曲げたり伸ばしたりした時や
バンザイをした時に痛みや動きの悪いところはないか?
バンザイした時両腕が耳につきますか?




D.下肢
しゃがむと痛みや動きの悪いところはないか?
足の裏を全部つけてしゃがめるか?




E.下肢
片脚立ちができるか?(約5秒)
ふらついたり、傾いたりしないか?




最後の「片脚立ち」のところでは

「高齢者のチェックみたいやね・・・・」という声もきかれました。




とにかく、時代は変わっているようです。



今回の「児童健康診断の変更」がハイレベル運動指導者・トレーナーの
活躍の場を広げることになるかもしれません。



ハイレベル運動指導者・トレーナーの皆様、
さらなるご活躍を!!









興味ある方はお急ぎください。



2月スタート!「パーソナルトレーナー本物塾」受講申込受付中
定員まで あと 2名様


3月スタート!「動きのTCCT養成スクール」受講申込受付中
土曜日コース  あと7名様   日曜日コース  あと1名様



「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 11、子供たちの運動・体育 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT