FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

好きなことを思いっきりできる身体を(2)

(本記事は、当研究所スクール修了生の方のご報告をもとに事実に基づいて、
お伝えする「新時代のハイレベルパーソナルトレーナー物語」です)。


前記事より続きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



その指導とは・・・・、


まずは骨盤に付着する筋(30+α)のチェックから行う。そのクライアントさんの
筋コンディショニングを確認する。(腰に負担がかかっている要因をチェックしながら
仮説立てる。)腰に負担がかかっている原因を仮説立ててから、ベーシックに筋の柔軟性
低下をしている所にはストレッチング、筋出力が低下している所には筋力トレーニングを
行う。(分かりやすく説明する為にこの方法をとる。)


ヒトの骨盤に付着する筋は(30+短背筋群)しかないわけだから、それらを掘り下げて
みることができれば「腰部への負担」の直接的な筋要因としては漏れがないわけである。



指導中「最初と比べて腰の動きはどうですか? 不調はどうですか?」とお聞きすると、
クライアントさんが「え・・・! 痛みがほとんどない??」 とびっくりされる。


その時、クライアントさんの表情が少し明るくなったのが分かった。少しは希望を持って
いただいたみたいだ。


「今、骨盤周りに付いているこの筋肉とこの筋肉の柔軟性が低下している事で腰が反り
すぎてしまい、腰に負担がかかっています、だから、硬くなっているところのストレッチ
ング、弱くなっている筋肉にはトレーニングを行ってあげると、結果的に腰痛が取れること
がほとんどですよ!」と自分の身体を使い、一個ずつ身振り、手振りを使ったり、チューブ
を使ったりして説明をしていく。


そうすると、クライアントさんはウンウンとうなずき、「あ!だから今まで腰の痛みが
変わらなかったのですね」と納得され、とても喜んでいらっしゃった。


最近はこのクライアントさんのように自分の身体の状態に高い関心を持ち、説明をもとめる
方がほとんどである。


「身体のつくり」をちゃんと理解し、わかりやすく説明できることがこれからのパーソナル
トレーナーの必須技能であると感じる。



最後にクライアントさんに見合ったホームエクササイズをお教えする。
腰痛は10→2に軽減をしていた。


2回目お会いした時のことだった。クライアントさんの表情はとてもいい感じの笑顔に
なっていた。


「ありがとうございます!腰痛がどうもなくなりました!ありがとうございます!」と
ご報告をしてくださった。


辞めていた水泳を開始されるとのこと・・・・。自分のことのように嬉しかった。
パーソナルトレーナーをやっていて良かった!! と感じる瞬間である。


身体の不調が原因で運動をしたくても思いっきりできずに困っている方はスポーツ
クラブに意外といらっしゃる。


上手に身体を動かすことで調子がよくなる方はほとんどだ。不調が取れることの喜び、
身体が動くことの喜び、身体を動かすことの楽しさ・・・・・、もっともっとたくさんの
方に知っていただきたいと切に思う。


さあ!今日もやるぞ!! たくさんの笑顔と感動を楽しみに・・・。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(本編は、当研究所スクール修了生の方のご報告をもとに事実に基づいて、「新時代の
ハイレベルパーソナルトレーナーの活躍」としてお伝えしています)。




→ 土屋真人のホームページ
たくさんのご要望をありがとうございます。
8月からスタート!
「パーソナルトレーナー本物塾(基礎コース)第4日曜日クラス」
受講申込受付中です。
【定員まで あと11名様です】

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 67、新時代のパーソナルトレーナー物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT