姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「動くところ」 と 「支えるところ」の原則

研修会での1コマです。


受講生の方から質問がありました。


「片脚立ちで上げている方の膝の上げ下げをするとどうしても骨盤が動いて
しまいます。(後傾するようです)。殿筋がかたいからでしょうか?」


matusitasan1120331
確かに上げている側の運動は、股関節の屈曲動作ですから、殿部あたりがかたいと
骨盤が後傾する要因になります。(デモは松下さんです)。


他にも要因はあります。例えば、軸足の股関節周辺筋がうまく機能していないと骨盤が
動いてしまいます。


ちょっと調べてみました。


matusitasan2120331
これで、「基本的な殿部の柔軟性はある」ことがわかりました。


やっぱり、骨盤が動いてしまう要因は、軸足の股関節周辺筋のようです。


動かすところを十分に動かすには、支えてくれるところが十分に支えてくれる
必要がある、というフィットネス総合研究所では「支えるところ」と「動くところ」
の原則と呼んでいる身体運動の原則があります。


「姿勢」、「動き」をみる目を高めるために、この原則も活用したいものです。



土屋 真人のホームページ
 

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  2、姿勢・うごきをみる目を養う | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT