姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「バランスの崩し」 と 「エクササイズ難易度」

2月26日(日)、ハイレベル運動指導者養成講座(豊橋クラス)からの
ワンポイントです。


講座では、バランスボールエクササイズ指導の際に知っておきたい「エクササイズ
難易度を左右する要因」についてお伝えしました。


そのうちのひとつです。


基底面の大きい方向へ力が加わってもバランス保持はしやすいものですが、基底面の
小さい方向へ力が加わると、バランス保持は難しく(エクササイズとしては難易度が
高く)なります。


例えば・・・・、


ball1120229
このようにボールに座っている時の基底面はボールが床に接地しているところと座っている
人の床についている足の外側をぐるっと囲んだ面になります。前後に長い基底面となります。
(デモは、山本さんです)。



ball2120229
トレーナー役の鈴木さんが、バランスを崩そうと前後に力を加えても、基底面は前後に長い
(前後に大きい)ので、山本さんは比較的簡単にバランスを保持することができます。



ball3120229
しかし、横方向に力を加えられると、基底面は左右には短い(横方向には小さい)ので、
バランス保持することは難しくなります。


自分の中で「エクササイズの難易度」をきちんと整理して、クライアントに無理のない、
段階的な指導を展開するためにも、「エクササイズ難易度を左右する要因」について確認
しておきたいものです。



ball4120229
すばらしい「身体能力」をみせてくださった野口さんです。最後はボールの上にも
立っちゃいました。 お見事でした!!



土屋 真人のホームページ
→3月スタート!「動きのTCCTスクール」受講受付を終了いたしました。
 たくさんのお申込みをありがとうございました。
  

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  9、ハイレベル・バランスボール | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT