姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

下腿から足首にかけての調整法

11月27日(日)、ハイレベル運動指導者養成講座(豊橋クラス)からの
ワンポイントです。


今回のテーマは、「O脚・X脚の改善指導の実際」でした。


ほとんどのO脚・X脚は、股関節・筋の使われ方の偏りを調整すると改善の
方向にうまくすすむようです。


ただ、ヒトの身体は連動していますので、股関節からだけのアプローチでは、
あともう少し、だったり、膝と膝の間の隙間は狭くなったのに、内くるぶし
同士があたりすぎてしまったり・・・・、


こんな時は、下腿から足首にかけての調整法も知っておく必要があります。


asi31130
今回は、「スタンディング・カーフレイズ」を使った「下腿から足首にかけて
の調整法」もお伝えしました。


「スタンディング・カーフレイズ」のやり方を工夫すると・・・


asi11130
内くるぶし同士の間のすき間が広がったり・・・、


asi21130
とじたり・・・・、


「スタンディング・カーフレイズ」のやり方を変えることによって、1回1回、
骨配列に影響がでることを確認していただきました。


内くるぶしの間のすき間が、開いたり、閉じたりすれば、当然その上の膝と膝の
間のすきまにも影響が及ぶわけです。


この「運動の繊細さ」をきちんと理解して、使い分けることができるハイレベル
運動指導者・トレーナーになりたいものです。


土屋 真人のホームページ
→たくさんご要望ありがとうございます。2012年2月スタート!
 「パーソナルトレーナー本物塾」(第1日曜日クラス)、受講お申込み受付中です。 
定員まで あと13名様 です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 52、O脚のはなし | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT