姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

鎖骨は水平位より下がります

8月28日(日)、「ハイレベル運動指導者養成講座」豊橋クラスからの
ワンポイントです。


今回のテーマは、「肩部のコンディショニング」でした。


肩部の痛みや不調を抱えた方は、「上肢帯」の動きが十分でなかったり、偏り
がみられたりするケースがほとんどです。


ですから、指導者・トレーナーとしては、まず、「上肢帯の基本運動」について
本来どのくらい動くものなのか、その基準(ものさし)をしっかり確認しておき
たいところです。


例えば、「上肢帯の下制」については、鎖骨が水平位よりも下がるかどうかも
ひとつの基準(ものさし)になります。


toyohasi111831
「上肢帯の下制」についてチェックしてみる皆さんです。


「上肢帯の下制」の動きは、なかなかうまくできない、十分にできない
ことが多いようです。


「上肢帯・下制」の動きを主としたウエイトトレーニングの種目やエクササ
イズなどは、ほとんどありません。


そのせいか、「上肢帯・下制」の動きは盲点になっている感じがします。


盲点になっているから、逆に効果的エクササイズになる可能性があります。


ぜひ、お試しください。


土屋 真人のホームページ
→いよいよ「パーソナルトレーナー本物塾」スタート!
受講申込受付中です。
定員まで あと2名様です。
 


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 48、肩甲帯(上肢帯)のはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT