姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

ジョギングの「2つの着地使い分け」

5月26日(木)、大学授業からのワンポイントです。


健康運動実践指導者養成講座を兼ねている「健康運動実習」、今回のテーマは
「ジョギング」でした。


jyogu111531
標準的なジョギングは、「かかと」から着地します。


ただ、これだと

1、足腰への衝撃、負担が大きい
2、速度がはやくなり、健康づくりの目的としては強度が強くなりすぎる

という傾向があります。


jyogu211531
写真ではわかりにくいのですが、この写真は、「前足部」着地のジョギング
です。足指と土踏まずの間あたりが「前足部」です。


「前足部」着地のジョギングでは、

1、足腰への衝撃が、「かかと」着地と比べ3分の1程度に軽減できる
2、無理なく、ゆっくり、ジョギングできる

という傾向があります。


着地の仕方が違うこの「2つのジョギング」を目的と対象によって、上手に
使い分けて指導ができる指導者になりたいものです。


土屋真人のホームページ
→6月26日(日)「脳卒中の方のリハビリ、トレーニングで知っておくべきこと
&エクササイズセミナー」の申込受付をスタートしました!
定員まであと9名様です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  7、大学授業のひとコマ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT