姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

清田小学校・学校保健委員会

 10月20日(火)、愛知県田原市立清田小学校にお招きいただき、午前中
足裏測定、午後から(1)足裏測定の結果解説(健全な発達・発育への生か
し方)、(2)健全な発達・発育のための習慣・体操 をお伝えしてきました。


umi1091030
 清田小学校は、愛知県渥美半島の先の方です。途中の海です。昔、
トライアスロンをやっていた時に、この先の伊良湖岬によくトレーニング
に来ていたので、なつかしさと何ともいえない感動がありました。


kiyotasyougakkou091030
 午後からの会場の様子です。


tsuchiyasan091030
 豊橋市にある体躯工房の代表、土屋優介さんがアシスタントとしてサポート
してくださいました。ありがとうございます。


koutyousennsei091030
 校長先生のご挨拶です。今回お招きいただけたのは、校長先生が私のブログ、
ホームページを見つけてくださったおかげです。本当にありがとうございました。

 
 いろいろお伝えさせていただきましたが、その中に大人になっても維持していただ
きたい4つの身体のコンディション(そのための4つの習慣)がありました。


 そのうちの1つです。

kenkoukotu091030
 肩甲骨と肋骨の間に余裕がある身体のコンディションをぜひ、維持してくださいね。


 小学生の皆さんは、一般にまだまだ肩甲骨と肋骨の間に余裕があります。
 

 大人の人で、今、頸部、肩部、腕部に不調がある方は、肩甲骨と肋骨がくっついたよ
うになっている方がとても多いです。


 そのことから、考えると大人になっても肩甲骨と肋骨の間に余裕がある身体のコンデ
ィションを維持することが、頸部、肩部、腕部に将来不調がおこるリスクを低くすることに
つながるのでは、と考えます。

 
 お伝えしたことを、子供たちの健全な発育・発達のための身体のコンディション、習慣
などを考えるきっかけにしていただければ、うれしく思います。





別窓 | 11、子供たちの運動・体育 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT