FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

活躍する指導者・施術者の共通点




「活躍する指導者・施術者の共通点」、



それは
姿勢や動きなどを「みる目安」をたくさん持って
いることです。





例えば、、、、、、、、

立った時、ヒトは




どのくらい背中が丸まっているのが標準的とか、



横から見た時の肩と頭の位置関係はどうなっているのが
標準的とか、



下肢骨の配列は、どうなっているのが標準的で、
どうやってみるのとか、、、、、




こういうのが、「姿勢(骨配列)をみる目安」です。





また、


肩をすくめるようにした時、肩甲骨はどのくらい動くのが標準的とか、



足首を曲げた時、どのくらい曲がるのが標準的とか



膝を胸に近づけるように動かした時、脚のつけねでは
どのくらい曲がるのが標準的とか、、、、、、




こういうのが、「動きをみる目安」の一例です。





今まで、
活躍する指導者・施術者をたくさんみてきましたが、彼らは、
たいていこういう姿勢や動きを「みる目安」をたくさん持っているのです。





効果を出してクライアントに喜んでもらう指導・施術を行うためには、
多くの場合、「姿勢」や「動き」などが標準的になっていないところに
気づいたり、見つけたりする必要があります。





そのためには、そもそも、ヒトはどうなっているのが
標準的なのか、という「みる目安」を自分の中にもって
いないと、みえてこないわけです。




逆に言えば、自分の中に「みる目安」をもっていれば、
自然とクライアントの標準的でないところが見えてくる
わけです。




たいてい、「その標準的でないところ」がクライアントの
痛みや不調を改善する大きなヒントになります。




このブログ読者であるあなたは、おそらく、すでに
たくさんの「みる目安」持っていると思いますが、




日頃から、「姿勢・動きをみる目安」を自分の中に、
たくさん増やすことを意識すると、より一層の活躍へと
結びついていきます。




ぜひ、意識することをおススメします。





【お知らせ】

2020.111月スタート!「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
「早期申込・3大特典」は本日9/15までです!!

→ https://fgi-jp.jp/school-guide/index.html



【メルマガ】
◆動きケア・腰痛改善5つのポイント(動画つき)
昨日配信しました。



:動画プレゼントやいろいろな情報はメルマガから
行っております。興味ある方は、こちらから
登録ください。

https://fgi-jp.jp/mail-magazine/index.html





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 70、わたしの考え | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「他の指導者と“違い”ができているかチェックする方法」




以前、あるインストラクターの方に話したら、その方は「なるほど!!」と
納得されたようなので、シェアしたいと思います。




それは、あなたが他の指導者と“違い”ができているかチェックする方法」
についてです。





このブログでもお伝えしていることの大きな柱は、あなたに「他の
指導者との“違い”をつくってほしい!!」ということです。





「他の指導者との“違い”」が明確になれば、当然あなたが他の多くの
指導者と違うことが周りにもわかって、より活躍する可能性が高まるし、





「他の指導者との“違い”」が明確でないと、あなたは他の多くの
指導者の中に埋もれてしまって、それなりの活躍になるわけです。





もちろん、それなりの活躍が悪いわけではありません。ただ、
“あなた”という“他にはない”、唯一無二の存在が指導するわけですから、
他のヒトにはできない、“あなたしかできない”指導をしてほしいと
思うのです。




では、他の指導者と“違い”ができているか、どうすればわかるの・・・・?
という話です。




「他の指導者と“違い”ができているかチェックする方法」とは!!




(ここから)
あなたの住んでいる町の市役所から市民向けに「肩こり改善教室」の講師を
やってくれませんか?とあなたに依頼がありました。




あなたは、その依頼を受けて、講師をしますが、その「肩こり改善教室」
の内容をちょっと思い浮かべてみてください。




私だったら、たいていこういう内容でやるなあ、、、、、、、、、、、




という感じで、ざっくりでいいので、イメージしてみてほしいのです。




イメージできましたか?




それでは、最終チェックです。




その今、思い浮かべた内容が




「他のヒトではできない内容」か、「他のヒトでもできる内容」か、




チェックしてみてください。




「他のヒトではできない内容」なら、あなたは「他の指導者との“違い”」
ができています。




「他のヒトでもできる内容」なら、あなたは「他の指導者との“違い”」
がまだ、できていないのかもしれません。(“伸びしろ”がメチャメチャ
大きい!!ということです!!!)。





たまに、意識する習慣をもつと、






あなたが「他の指導者と“違い”」を早くつくる=あなたが早く一層活躍する





ことにつながるのでおススメです。



ぜひ、やってみてください。







【お知らせ】

2020.111月スタート!「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
の申込受付はじまりました。

→ https://fgi-jp.jp/school-guide/index.html



「メルマガ」
◆「他の指導者と“違い”ができているかチェックする方法」(メルマガ版)
◆「“歩き”と“走り”着地の仕方」
◆「成幸するための“3つの視点”」

を最近配信いたしました。
ぜひ、お役立てください。


:プレゼントやいろいろな情報はメルマガから
行っております。興味ある方は、こちらから
登録ください。

https://fgi-jp.jp/mail-magazine/index.html





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 70、わたしの考え | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「種目をこえた指導」


今、活躍している指導者、効果をあげている指導者、一般の指導者と
「違い」をつくってクライアントから信頼を得ている指導者には共通の
特徴があるようです。




それは、「種目をこえた指導」をしていることです。



たいていは、みんな、はじめは



ヨガならヨガを、ピラティスならピラティスを、筋トレなら筋トレを

一生懸命勉強します。




しかし、その種目をちゃんと指導しても、クライアントの身体を良くして
あげようと思ったら、壁にぶつかります。




※ここで、私の仕事は、クライアントの身体を良くすることじゃない、
〇〇という種目の指導をしていればいいんだ、と割り切れるヒトは
それでいいと思います。




でも、クライアントを良くしてあげたいと思う指導者は、それでは
満足できません。




ちゃんと「解剖」の勉強をしてみたり、「施術」の勉強をしてみたり、
「他の種目」の勉強をしてみたり・・・・・・、




そうすると、、、、、



いつの間にか、、、、、、、




ヨガの先生なら、「それは元々のヨガではやらないよね」、、、、、とか


ピラティスの先生なら、「もうソレ、ピラティスじゃないよね」、、、、、とか


筋トレの先生なら、「最近、全然ウエイト使わないよね」、、、、、とか



「種目をこえた指導」が展開されるようです。




「種目」にこだわるよりも、本当にクライアントを良くしたいという
思いが自分のレベルアップ、勉強のモチベーションになっている
のが、



活躍している指導者、効果をあげている指導者、一般の指導者と
「違い」をつくってクライアントから信頼を得ている指導者の共通の
特徴のようです。



「種目をこえた指導」で一般的な指導者との「違い」をつくり
たいものですね。







【お知らせ】

2020.111月スタート!「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
の申込受付はじまりました。

→ https://fgi-jp.jp/school-guide/index.html


メルマガ
◆「現代人ができなくなった足首・足部の動き」
◆「現代人ができなくなった足首・足部の動き(2)」

を配信いたしました。
ぜひ、お役立てください。


:プレゼントやいろいろな情報はメルマガから
行っております。興味ある方は、こちらから
登録ください。

https://fgi-jp.jp/mail-magazine/index.html





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 70、わたしの考え | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

独立インストラクター・トレーナー・施術者として成幸する3つのポイント



独立フリートレーナー(独立事業主)として、気がつけばもう
25年以上・・・・・・・、



自分の経験から、また、たくさんの独立フリートレーナー・インストラクター・施術者
をみてきて、



成幸するためには、3つのポイントがありそうです。




まず、ひとつめ、、

1、他の指導者・施術者との「違い」をつくるだけの指導ノウハウ・
施術スキルをもっていること


(これは、わかってもらえると思います)。




ふたつめ、、

2、「メンタルのしくみ」を知り、自分のために、クライアントのために
使えるメンタルマネジメントのノウハウをもっていること



私がうつ症状に苦しんだように(汗・・・)、独立フリートレーナーとして
やっていくためには、自分のためにも知っておいた方がいいですね。



また、クライアントのカラダを良くしたいと思った時、「カラダ」と「ココロ」
は表裏一体ですから、「カラダ」を良くしたいを突き詰めていくと、「ココロ」
のことも知る必要があるのです。




三つめ、、


3、独立フリーインストラクター・トレーナー・施術者として
やっていくためのビジネス・スキルを知っていること



ここのところは、私は興味なかったこともあって、今まで具体的に
学んだことがなかったのですが、ずっと気にはなっていたのです。



今まで、なんとなく、ここまで25年以上もきてしまいましたが、思い出して
みると、確かに、売り上げ的にあがる時も、下がる時もありました。



一度、ビジネス的に検証してみたいと思っていたのです。



で、ここへきて、少し本格的に「ひとりビジネス」的なノウハウを学んで
検証してみました。



すると、



独立フリーインストラクター・トレーナー・施術者として
成功するためには、かなり、独特の考え方、原則、ノウハウみたいな
ことがあるのを確認できました。




で、それを自分の今までにあてはめてみると、ビジネス的に
うまくいっていた時は見事にはまっていて、




うまくいかなかった時は、その原則から見事にはずれていたことが




わかって、再確認できたのです。




そんな独特の考え方、原則、ノウハウがあるのなら、
知っておいた方がきっといいですよね。




以上が
「独立インストラクター・トレーナー・施術者として成幸する3つのポイント」
です。



より一層の成幸を目指す方、これから独立インストラクター・トレーナー・施術者
を目指す方へ、


少しでも参考になればと思います。



ぜひ、お役立てください。







【お知らせ】

7月のセミナー予定

https://fgi-jp.jp/seminar/index.html



追伸
:プレゼントやいろいろな情報はメルマガから
行っております。興味ある方は、こちらから
登録ください。

https://fgi-jp.jp/mail-magazine/index3.html






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 70、わたしの考え | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「尊敬できる指導者」




AQ087_L.jpg



うちのスクールを修了し、より一層大活躍されて
いるFさんからのメールの中に、




次の一文がありました・・・・。




「一般の方々が、身体に興味をもって、受講して
いただけるのは、本当に嬉しいです。
そして、そういう生徒さんが増えるにあたり、
指導者はさらに、いいものをお伝えしていく事が
重要だと思います」。





生徒さんや伝える人が増えると、それは
それで、素晴らしいことですが、




生徒さんや伝える人が増えると、それに
ともなって、「影響力」も大きくなって、
おのずと「責任」も大きくなります。




だから、「慢心」せず、繰り返し「学び」を続け、
自身の身体も使って常に検証を繰り返す・・・・、




Fさんの日頃の姿勢とともに、先ほどの
メールの一文に、そんな「プロフェッショナル」
としての「心意気」を感じました。





「プロ」として当たり前のことのようですが、
最近は、このような「尊敬できる指導者」
は少ないのでは? という印象があります。





「大切なこと」を思い出させてもらえた
ような気がします。





“感謝”します。










動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 70、わたしの考え | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT