姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「前鋸筋」

「案外知らないかも・・・、筋のひと口メモ」シリーズ


今回は、「前鋸筋」です。


前鋸筋は、体軸性骨格(頭蓋骨、脊柱、肋骨、胸骨)から上肢帯(鎖骨、肩甲骨)
につく筋のひとつで、主として上肢帯を動かしたり、上肢帯の保持安定に働く筋
です。


zenkyokin11153
(「からだ・うごき塾テキスト第2版」土屋真人・著より」


起始部は、第1~9肋骨で、停止は、肩甲骨の内側縁です。


mokei1153
このような人体模型では、肩甲骨が胸郭にビスで固定してあるので、少し
イメージを働かせて、「前鋸筋」の起始、停止を確認しておきたいものです。


肩甲骨あたりを水平に切った断面で考えるときっとわかりやすいです。


zenkyokin21153
(以下、「姿勢・うごきをみるためのヒント第11巻、~主として上肢帯を
うごかす6つの筋~」 土屋真人・著より」


肩甲骨あたりを水平に切って上からみています。「起始部B」は「停止部B]
の間違いです。ごめんなさい。


肩甲骨と胸郭の間を通って、胸郭の前方に付着している様子がわかります。


主な作用を確認してみます。


起始部Aを固定して、「前鋸筋」が短縮性収縮すると、肩甲骨が胸郭前方に
近づくことになります。


zenkyokin41153

上肢帯の動きで言うと、「外転」(肩甲骨が脊柱から遠ざかる、肩が前にでる
ような動き」になります。


ところで、前鋸筋の「鋸」とは、訓読みで「のこ」とか「のこぎり」と読みます。


木を切るときに使うあの「のこぎり」です。「のこぎり」の歯は、ギザギザです。


zenkyokin21153
前鋸筋が肋骨についている様子をみると、のこぎりの歯のようにギザギザです。


身体のにある鋸(のこぎり)の歯のようにギザギザの筋が「前鋸筋」です。


土屋 真人のホームページ
→NEW!!5月22日(日)、「(ひざ)変形性膝関節症の方のリハビリ、
トレーニングで知っておくべきこと&エクササイズ」セミナーの受付
スタートしました。定員まで あと10名様です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-15)前鋸筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |