姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「縫工筋」 と 「大腿直筋」

縫工筋と大腿直筋は、大腿前面にある筋で、股関節と膝関節をまたぐ2関節
筋である、ということは同じです。


共通の作用として、「股関節・屈曲」があります。


houkoukin1120907
縫工筋 (「からだ・うごき塾テキスト第2版、土屋真人・著より)


daitaisitoukin1120907
大腿直筋(一番左)


ただし、膝関節への作用は違います。


縫工筋は、「膝関節・屈曲」です。


大腿直筋は、「膝関節・伸展」です。


膝を曲げると、大腿直筋は伸ばされ(ストレッチされ)、起始部の下前腸骨棘
(骨盤)に引っ張られるようなテンションがかかります。


縫工筋の場合は、膝を曲げると、起始部と停止部が近づくことになるので
骨盤には引っ張られるようなテンションはかかりません。


同じ大腿前面にある縫工筋と大腿直筋ですが、2つの筋の違いも整理しておきたい
ものです。



→ 土屋真人のホームページ
お待たせしました!! 11月スタート!
「動きのTCCT養成スクール」(ハイレベル・プロパーソナルトレーナー
養成・基礎スクール)
受講受付、開始いたしました。

土曜日コース あと 名様、 日曜日コース あと 名様 です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-11)縫工筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

縫工筋の作用と名前の由来

「案外知らないかも・・・、筋のひと口メモ」シリーズ


今回は、「縫工筋」です。


houkoukin111420
(「からだ・うごき塾テキスト第2版」土屋真人・著より」

「縫工筋」は、股関節と膝関節をまたいでいる筋で、上前腸骨棘あたりから
はじまり、大腿前面を斜め下、内側へ向かって走り、脛骨粗面の内側(鵞足)
に停止します。


主な作用を確認してみます。


houkoukin211420
(以下、「姿勢・うごきをみるためのヒント」第6巻 土屋真人・著より」

起始部・Aがそのままの位置で、「縫工筋」が短縮性収縮すると、停止部・Bが
起始部・Aに近づく動きが起こります。


横から見ると・・・

houkoukin311420
こんな感じで、


正面からみると・・・・、

houkoukin311420
こんな感じになります。


股関節でいうと、屈曲・外転・外旋の動きになります。
膝関節は屈曲、下腿は、内旋の動きになります。


houkoukin511420
この下肢の形(下肢骨の配列)は、「あぐら」(両膝を横に開いて、足首あたりを
組むような座り方、上写真の右下参照)と同じです。


むかし、縫工(仕立屋さんsartor、縫製職人)は、「あぐら」で作業をしていました。
「縫工筋sartorius」という名前は、その縫工作業の姿勢=「あぐら」から名づけられ
たそうです。


「縫工筋」→縫工作業の姿勢=「あぐら」→「縫工筋の作用:股関節屈曲・外転・外
旋、膝関節屈曲、下腿内旋」・・・、とイメージを結び付けておぼえておけば、忘れ
ないので、おススメです。


土屋真人のホームページ
→7月スタート・「動きのTCCTスクール」土曜日コース!お申込み受付中です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-11)縫工筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |