姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

小胸筋の柔軟性が低下した人の特徴(2)

「小胸筋」あたりの柔軟性が低下した人の特徴(2)です。


「小胸筋」の起始部は、第3~5肋骨で、停止は、肩甲骨・烏口突起でした。


syoukyoukin111615
(「からだ・うごき塾テキスト第2版」土屋真人・著より」


「大胸筋」の深層にあるのが、「小胸筋」です。


横から見ると・・・・・、


syoukyoukin211615
こんな感じです。(赤いテープが「小胸筋」をあらわしています)。


肩甲骨の前(烏口突起)についている「小胸筋」(赤いテープ)が、
柔軟性が低下して短縮すると、肩甲骨を前に引っ張る=脊柱から遠ざける
=外転させる=肩が前にでます。


ですから、以前確認したように普段から「小胸筋」がかたく、本来より短く
なっている人は、肩甲骨(肩)が前にでている、猫背のような姿勢かもしれ
ません。


さらに・・・・、


syoukyoukin611615
上肢帯(肩甲骨と鎖骨)が拳上した時、「小胸筋」は伸ばされることになります。
(「姿勢・うごきをみるためのヒント・第11巻、土屋真人・著より)


ということは、「小胸筋」あたりの柔軟性が低下している人は、上肢帯を拳上しようと
しても、「小胸筋」がかたいので、十分にゆるまない、のびないので、上肢帯・拳上が
十分にできない、可動域がせまいかもしれません。


同じように、上方回旋でも「小胸筋」はゆるんで、柔軟性を発揮する必要があります。


「小胸筋」あたりの柔軟性が低下している人は、上肢帯・上方回旋も十分にできない、
可動域がせまいかもしれません。


以上、「小胸筋」あたりの柔軟性が低下した人の特徴は、上肢帯の内転、拳上、上方
回旋が十分にできない、可動域が狭い、といえそうです。


土屋 真人のホームページ
→12月4日(日)、高木先生の「足部の不調・痛みの予防、リハビリ、トレーニングで
知っておきたいこと&エクササイズセミナー」の受講申込受付スタートしました!
定員まで あと名様 です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (31-18) 小胸筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

小胸筋の柔軟性が低下した人の特徴

小胸筋あたりの柔軟性が低下した人の特徴です。


小胸筋は大胸筋の下(深層)にある、「第3~5肋骨」から肩甲骨烏口突起に
ついている筋です。


代表的な作用は、肩甲帯の外転(肩甲骨が背骨から遠ざかる、猫背にするよう
な動き)です。


小胸筋の柔軟性が低下している人は、小胸筋がかたくなって、本来の長さより短く
なっているイメージです。


本来の長さより短くなっていると、普段から肩甲帯が過外転(猫背のように肩が前に
でている)していることが多くなります。


iiosan1111317
肩峰の位置を比べてみると、左側の肩甲帯が過外転している例です。左側の小胸筋
あたりがより柔軟性低下しているかもしれません。肩甲骨(肩)と床の距離を比べ
てもOKです。(デモは飯尾さんです)。


iiosan2111318
確認のため触察してみると、たいてい烏口突起のすぐ斜め下(内側方向)あたりに
圧痛や緊張があります。


ぜひ、みてみてください。


土屋真人のホームページ
→3月27日(日)の特別セミナーお申込み受付中です。
 現在定員まであと5名様です。


もしよろしければ、「拍手マーク」クリック応援
よろしくお願いいたします。とても励みになります。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (31-18) 小胸筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |