姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

腹横筋

「案外知らないかも・・・、筋のひと口メモ」シリーズ


今回は、「腹横筋」です。


「ピラティス」や「コア」に関するトレーニング、エクササイズの際にも必ずと
いっていいほど登場する「腹横筋」です。


fukuoukin1139
腹横筋(「からだ・うごき塾テキスト」 著・土屋真人より)


筋線維の走行は、最下部以外は、だいたい水平方向です。最下部は内腹斜筋と平行
するように下方へ走っています。


起始は、鼡径靭帯、腸骨稜、胸腰筋膜、第7~12肋軟骨あたりです。
停止はほぼ腹直筋鞘です。


内・外腹斜筋と腹横筋の腱膜が合わさって腹直筋を包んでいますが、これが「腹直筋
鞘」と呼ばれるものです。


もうひとつ確認しておきたいのは、他の腹部筋との立体的な位置関係です。


下のイラストはおなかの所(腰あたり)を水平に切ったとして上からみている
イラストです。上がおなか、下が背中です。


fukubu1139
(「からだ・うごき塾テキスト」 著・土屋真人より)


一番前の中央が腹直筋です。前部の外側から外側(腹部全体でいつと左右横側)は
三層構造になっていることがわかります。


その三層構造の一番内側が「腹横筋」です。(一番外側が「外腹斜筋」、その内側が
「内腹斜筋」です)。


腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋がダイナミックな脊柱を動かすのに対して、腹横筋は脊
柱の運動には、ほとんど関与しないといわれています。


大切な働きは、「腹圧を上げる」ことです。


細かくみていくときりがありませんが、このくらいは、確認しておくと「腹横筋」に
たくさん刺激をいれるエクササイズの方法がみえてくるようです。


土屋真人のホームページ
→3月27日(日)の特別セミナーお申込み受付中です。
 現在定員まであと11名様です。


もしよろしければ、「拍手マーク」クリック応援
よろしくお願いいたします。とても励みになります。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-14)腹横筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |