姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

ハムストリングス(2)

「案外知らないかも・・・、筋のひと口メモ」シリーズ


今回は、「ハムストリングス(2)」です。


ご承知のとおり、「ハムストリングス」とは、「大腿二頭筋」、「半腱様筋」、
「半膜様筋」の3つの筋の総称です。


ham1121013
大腿二頭筋(「からだ・うごき塾テキスト」 著・土屋真人より)
起始は、坐骨結節と大腿骨、停止は腓骨頭です。


ザックリいうと、「大腿二頭筋」は太ももの後面の外側の筋です。


停止が「腓骨頭」=下腿の外側なので、作用として膝を屈曲する時に・・・・、


katai1120113
「下腿の外旋」があります。「すねが外側をむくように膝が曲がる」という
イメージです。(姿勢・うごきをみるためのヒント、土屋真人・著より)


ham2120113
半腱様筋の起始は、坐骨結節、停止は脛骨(前面内側・鵞足)です。


ham3120113
半膜様筋の起始は、坐骨結節、停止は脛骨です。


ザックリ言ってしまうと、「半腱様筋」と「半膜様筋」は大腿の後側の内側
の筋です。


停止が鵞足(=脛骨の内側)なので、作用として膝を曲げる時に・・・・、


katai2120113
「下腿の内旋」があります。膝が曲がる時に、すねが内側を向くイメージです。


膝を曲げる時に、「大腿二頭筋」と「半腱様筋」、「半膜様筋」がバランスよく働いて
いたら、下腿は内旋、外旋せずに膝が曲がると考えてみます。


とすると、膝を曲げる時に「下腿が外旋」して曲がる人は、「大腿二頭筋」がたくさん
働いて、「半腱様筋」「半膜様筋」はうまく働いていないかもしれません。


逆に、、膝を曲げる時に「下腿が内旋」して曲がる人は、「半腱様筋」「半膜様筋」が
たくさん働いて「大腿二頭筋」はうまく働いていないかもしれません。



どちらにしても、膝を曲げる動作で過度に「下腿の内外旋」がみられる人は、大腿の
後側の筋=「ハムストリングス」をバランスよく使っていない、偏った動きのクセが
あることがわかります。


この偏りに気づかないで、「レッグカール」などで負荷をかけると、偏った動きをさらに
強化してしまうことになります。


「ハムストリングス」の作用を少しだけ掘り下げて、確認してみると「みえてくる」ものが
あるようです。



土屋 真人のホームページ
→来年3月スタート、「動きのTCCTスクール」
(ハイレベル・プロパーソナルトレーナー養成スクール)受講受付中です。
たくさんのご希望、お問い合わせをありがとうございます。

土曜日コース定員まであと 5名様です。日曜日コース定員まであと 2名様です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-12)ハムストリングス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハムストリングス

「案外知らないかも・・・、筋のひと口メモ」シリーズ


今回は、「ハムストリングス」です。


ご承知のとおり、「ハムストリングス」とは、「大腿二頭筋」、「半腱様筋」、
「半膜様筋」の3つの筋の総称です。


daitainitoukin11226
大腿二頭筋(「からだ・うごき塾テキスト」 著・土屋真人より)
起始は、坐骨結節と大腿骨、停止は腓骨頭です。


hankenyoukin11226
半腱様筋(「からだ・うごき塾テキスト」 著・土屋真人より)
起始は、坐骨結節、停止は脛骨(前面内側・鵞足)です。


hanmakuyoukin11226
半膜様筋(「からだ・うごき塾テキスト」 著・土屋真人より)
起始は、坐骨結節、停止は脛骨です。


ザックリ言ってしまうと、「ハムストリングス」は大腿の後側で、坐骨と
下腿骨(腓骨と脛骨)についている=股関節と膝関節をまたぐ筋です。
(大腿二頭筋は大腿骨にもついています)。


「ハムストリングス」の代表的な作用は、膝関節の屈曲です。


他にも確認しておきたい作用があります。


まずは、ハムストリングの起始(坐骨結節)と停止(腓骨頭、脛骨前面内側など)の位置関係
を確認してみます。


yoko11226
人体の骨の模型を横からみて・・・・、


yoko211226
ハムストリングスに見立てた赤いテープをはってみます。


すると、ハムストリングの起始(坐骨結節)が停止(腓骨頭、脛骨前面内側など)より
後方に位置関係していることがわかります。


ということは、ハムストリングスの停止(腓骨頭、脛骨前面内側など)を固定しておいて、
「ハムストリングス」が収縮すると、起始・「坐骨結節」が前にひっぱられるような形に
なり、結果的に「骨盤が後傾する」、ということです。


「ハムストリングス」の作用として、「骨盤の後傾」がみえました。


ここで、「筋が柔軟性をなくし硬くなると、起始と停止が近づき、短くなる」と考え
てみます。


すると、「ハムストリングス」の柔軟性が低下すると、普段から「骨盤が後傾」しすぎる
姿勢になりやすいことがわかります。


本来より、骨盤が後傾しすぎて(=腰椎部が過屈曲)で腰に負担がかかっている人が
いたら、そうなっている要因のひとつとして「ハムストリングス」の柔軟性低下の可能性
がある、ということです。


筋の起始、停止の位置関係を少し深く掘り下げて、確認してみると「みえてくる」ものが
あるようです。


土屋真人のホームページ
→2011年は1回のみの開講、7月スタート「動きのTCCTスクール」受講生受付開始です。
現在定員まであと名様です。



もしよろしければ、「拍手マーク」クリック応援
よろしくお願いいたします。とても励みになります。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-12)ハムストリングス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |