姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

大腿筋膜張筋と骨盤の前傾具合

案外知らないかも、筋のひと口メモシリーズです。



今回は、「大腿筋膜張筋」です。




daitaikinnmakutyoukin11129_201503300031163dd.jpg
「大腿筋膜張筋」は「上前腸骨棘」あたりから始まり、腸脛靭帯に移行し、大腿の
外側を通り、膝をまたいで脛骨の外側に停止する筋でした。
(「からだ・うごき塾テキスト第3版、土屋真人・著より)



この「大腿筋膜張筋」の基本的な作用は「股関節・外転」とされています。



他には、
「大腿筋膜張筋」は、骨盤の前方(上前腸骨棘あたり)についているので、
収縮すると上前腸骨棘を下方に引くような形になるので、「骨盤を前傾
させる作用」も考えられます。(下写真右側)


daitaikinnmakutyoukinzennkei115331.jpg



見方を変えると、この筋あたりがこわばって短くなってしまうと、
「骨盤過前傾」姿勢(腰そり姿勢)になりやすいことがわかります。



逆からいうと、腰に反りすぎの負担がかかっているクライアントから
相談を受けた場合、可能性のひとつとしてこの「大腿筋膜張筋」あたりが
こわばっているかもしれない、とパッと頭の中で反応、予測できるわけです。



大腿筋膜張筋と骨盤の前傾具合について整理しておきたい
ものです。









ただ今、「からだ・うごき塾テキスト第3版」出版記念キャンペーン中です。
限定100冊、25%OFF価格4,038円(税、送料含む)にてご提供中。

キャンペーン終了まで あと 43冊 です。

→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-9)大腿筋膜張筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

大腿筋膜張筋


案外知らないかも、筋のひと口メモシリーズです。



今回は、「大腿筋膜張筋」です。


daitaikinnmakutyoukin11129_201503300031163dd.jpg
「大腿筋膜張筋」は「上前腸骨棘」あたりから始まり、腸脛靭帯に移行し、大腿の
外側を通り、膝をまたいで脛骨の外側に停止します。
(「からだ・うごき塾テキスト第3版、土屋真人・著より)



「大腿筋膜張筋」の代表的な作用は、股関節の外転です。



特に股関節屈曲位での股関節外転でよく働くとされています。
(この筋の起始・停止などからそのことがイメージできるでしょうか)。





股関節屈曲位での股関節外転とは、例えば・・・・




kotubantate10413_2015033000375416f.jpg
長座からこの写真のように脚を開く動きです。




もうひとつ股関節外転を主作用とする筋は「中殿筋」ですが、
股関節屈曲位での股関節外転では「大腿筋膜張筋」が働く割合が大きく
なることを覚えておきたいものです。









ただ今、「からだ・うごき塾テキスト第3版」出版記念キャンペーン中です。
限定100冊、25%OFF価格4,038円(税、送料含む)にてご提供中。

キャンペーン終了まで あと 43冊 です。

→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-9)大腿筋膜張筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

膝の屈曲? 伸展? 大腿筋膜張筋の作用

「案外知らないかも・・・、筋のひと口メモ」シリーズ


今回は、「大腿筋膜張筋」の膝関節への作用を確認してみます。


daitaikinnmakutyoukin1111028
上前腸骨棘あたりからはじまる「大腿筋膜張筋」は「腸脛靭帯」を介して、
膝関節をまたぎ、脛骨についています。
(「からだ・うごき塾テキスト、土屋真人・著より)


ある有名な運動学の本には、「大腿筋膜張筋は、腸脛靭帯を介して、肢位によって
膝関節の屈曲、伸展に作用する」と書いてあります。


全く反対の動き、膝関節の屈曲、伸展に作用する、とはどういうことでしょうか?


「膝関節運動の中心点」と「腸脛靭帯(大腿筋膜張筋)」の位置関係で考えると
わかりやすいかもしれません。


hizasoto2111028
(姿勢・うごきをみるためのヒント第7巻~中殿筋、大腿筋膜張筋と大腿内転筋群から~
土屋真人・著より)


右の膝を外側からみています。黒丸が「膝関節運動の中心点」です。膝をまげると
「腸脛靭帯」が「膝関節運動の中心点」の後ろに位置することがわかります。


「腸脛靭帯」と「膝関節運動の中心点」のこの位置関係で、「大腿筋膜張筋」が
短縮すると、「膝関節の屈曲」に作用します。


hizasoto1111028
今度は、「腸脛靭帯」と「膝関節運動の中心点」の位置関係が上図の場合です。


「腸脛靭帯」が「膝関節運動の中心点」の前に位置しています。


「腸脛靭帯」と「膝関節運動の中心点」のこの位置関係で、「大腿筋膜張筋」が
短縮すると、「膝関節の伸展」に作用することがわかります。


「大腿筋膜張筋」の膝関節(下腿)への作用は、他に「外旋」も考えられます。


もう一度、「大腿筋膜張筋」(腸脛靭帯を介して)の膝関節への作用を確認して
おきたいものですね。


土屋 真人のホームページ
→お待たせいたしました。来年3月スタート、「動きのTCCTスクール」
(ハイレベル・プロパーソナルトレーナー養成スクール)受講受付中です。
たくさんのご希望、お問い合わせをありがとうございます。

土曜日コース定員まであと 名様です。日曜日コース定員まであと 名様です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-9)大腿筋膜張筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

大腿筋膜張筋

「案外知らないかも・・・、筋のひと口メモ」シリーズ


今回は、「大腿筋膜張筋」です。


「大腿内転筋群」起始が「上前腸骨棘」あたりで、腸脛靭帯に移行し、大腿の
外側を通り、膝をまたいで脛骨の外側に停止します。


「大腿筋膜張筋」の代表的な作用は、股関節の外転です。


横からみた時の「上前腸骨棘」と「大腿骨」の位置関係をみると・・・、


kotubannyoko1117
「上前腸骨棘」の方が「大腿骨」より前に位置しています。


ということは、「上前腸骨棘」を固定して「大腿筋膜張筋」が収縮する=大腿骨が前
にでる=「大腿筋膜張筋」の作用として「股関節屈曲」がある、ということです。


逆に、大腿骨側を固定しておいて、「大腿筋膜張筋」が収縮すると、「上前腸骨棘」
が大腿骨に近づく=「骨盤が前傾する」、ということです。


ここで、「筋が柔軟性をなくし硬くなると、起始と停止が近づき、短くなる」と考え
てみます。


すると、「大腿筋膜張筋」の柔軟性が低下すると、普段から「骨盤が前傾」しすぎる
姿勢になりやすいことがわかります。


本来より、骨盤が前傾しすぎて(=腰椎部が過伸展)で腰に負担がかかっている人が
いたら、そうなっている要因のひとつとして「大腿筋膜張筋」の柔軟性低下の可能性
がある、ということです。


ただ、大腿筋膜張筋は、筋部は全体の3分の1で、あとの3分の2は腸脛靭帯である
という特徴ある筋です。


うまくストレッチするには、少し工夫が必要なようです。


土屋真人のホームページ
別窓 |  (43-9)大腿筋膜張筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |