姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「内反」

「外反母趾」の方には、第1中足骨(下図)が内側に開いたように
なっているケースが多くみられます。



naihan11442.jpg
左足を上(足の甲側)からみたイラストです。


このような第1中足骨の骨配列を



第1中足骨が「内反」している、とあらわしたりすることがあります。



「外反母趾」など足部の不調、痛みの予防・改善指導を行うためには
必ず確認しておきたいところです。







→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 51、外反母指 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「外反母趾」 と 「第1中足骨」

2月23日(日)、パーソナルトレーナー本物塾(中級コース)からの
ワンポイントです。


今回のテーマは、「外反母趾予防改善指導の実際」でした。


「外反母趾」というとまずは、第1中足骨と母指・基節骨の角度に目が
いきます。



それはそれでいいのですが、少し視野を広げると、第1中足骨の内反、回内
を伴っている場合などが多いものです。


このあたりの本来とは違う骨配列のままでは、中足指節関節(母指でいうと
第2関節)もスムーズに屈曲できません。



tyuu114223.jpg
第1中足骨の内反、回内がみられる人に「骨配列修正エクササイズ」を
行ってみる皆さんです。



tyuu214223.jpg
エクササイズ後、中足指節関節(母指でいうと第2関節)を曲げても痛みが
なくなった榎本さんの左足です。



他にもちょっとしたことですが、足部の痛み軽減につながる「骨配列修正エクササイズ」
をご紹介しました。



「解剖の理解」に裏付けされたサポートの仕方が伴ってくるのと比例して、テクニック
の精度もどんどん向上するはずです。



ぜひ、ご活用ください。




2014年3月スタート、「動きのTCCT養成スクール」(ハイレベルパーソナル
トレーナー養成・基本スクール)受講受付スタートしました!定員まで
日曜日コース: あと名様、 土曜日コース: あと名樣 です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 51、外反母指 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外反母趾予防・改善のために

1月23日(日)、「パーソナルトレーナー本物塾・中級コース」からのワン
ポイントです。


今回は、「外反母指予防改善・パーソナル指導の実際」でした。


boshi1120123
メイン講師は、実際にクライアントへのパーソナル指導で「外反母指改善」等の
成果を上げている飯尾直尚さんでした。


「外反母指」の方にみられる共通特徴のひとつに中足指節関節を屈曲する筋の弱化
があります。


boshi2120123
中足指節関節を屈曲する筋を目覚めさせるサポート手技を披露する飯尾さん
です。


このあと歩いてもらうと変化を感じた受講生の方がたくさんおられました。


boshi3120123
ほとんどの方が最初はなかなかできないチューブを使った上級エクササイズ
です。


このようなエクササイズに到達するまでの過程で、上手にステップを踏ませて
あげることも指導の大切なポイントです。


現代社会では、外反母指に限らす、「足の筋の弱化」が様々な「足部の不調」と
してあらわれている方がたくさんいらっしゃるようです。


ハイレベル運動指導者・トレーナーの皆さん、ぜひ、改善の方法を教えてあげて
ください。



土屋 真人のホームページ
→来年3月スタート、「動きのTCCTスクール」
(ハイレベル・プロパーソナルトレーナー養成スクール)受講受付中です。
たくさんのご希望、お問い合わせをありがとうございます。

土曜日コース定員まであと 5名様です。
ありがとうございました、日曜日コースは定員に達しましたので、受付終了
いたしました。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 51、外反母指 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

「中足指節関節」で曲げるために

10月23日(日)、「ハイレベル運動指導者養成講座」(豊橋クラス)からの
ワンポイントです。


今回の内容は、「外反母指の予防改善指導の実際」でした。


「外反母指」の方によくみられる共通特徴のひとつが、「中足指節関節」(俗っぽい
言い方でいうと親指の第2関節、他の指の第3関節)を屈曲する筋の弱化です。


簡単にいうと、この筋の弱化がみられる「外反母指」の方は、上手に「筋トレ」を
行えば、「外反母指」が改善できる可能性が高いわけです。


ただし、「中足指節関節」(親指の第2関節、他の指の第3関節)を動かす筋が弱く
なっている=「中足指節関節」が普段あまり動いていない、ということなので、まず
は、、「中足指節関節」をよく動くようにしてあげる段階が必要です。


「中足指節関節」(親指の第2関節、他の指の第3関節)が十分に曲がるか、どうかを
チェックする方法として椅子に座って行うものがあります。


toyohasi1111026
「中足指節関節」(親指の第2関節、他の指の第3関節)がかたくなっている方は、
「中足指節関節」があまり曲がらなかったり、痛がったりされます。


この段階の方は、「中足指節関節」をよく曲げるそらす、よくほぐすエクササイズ
が必要であることをあらわしています。


toyohasi2111026
「中足指節関節」(親指の第2関節、他の指の第3関節)でよく曲がっています。


この段階になると、「中足指節関節」を曲げる筋の「筋トレ」がはじめて効果的な
ものになることがわかります。


toyohasi3111026
「外反母指予防改善パーソナル指導」のシュミレーションを行う皆さんです。


クライアントのニーズ、目標を達成するために、クライアントの現在の位置(段階)
を把握し、もっとも的確なエクササイズを指導できるようになりたいものですね。



土屋 真人のホームページ
→お待たせいたしました。来年3月スタート、「動きのTCCTスクール」
(ハイレベル・プロパーソナルトレーナー養成スクール)受講受付中です。
たくさんのご希望、お問い合わせをありがとうございます。

土曜日コース定員まであと 7名様です。日曜日コース定員まであと 4名様です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 51、外反母指 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外反母指

6月20日(日)、ハイレベル運動指導者養成講座からのワンポイントです。


今回のテーマは「外反母指予防改善のための運動指導」でした。


生活の中で足指を動かさなくなったこともあり、ほとんどの人で足指の運動
不足が起こっています。


足指を動かす筋の中で特に中足指節関節(=足指の第3関節、親指の第2関
節)を動かす筋は、横アーチを支持する筋なので、弱化がすすむと、横アー
チがつぶれます。


gaihanbosi0977
横アーチがつぶれると、親指は主に付け根から人差し指側に曲がり(外反母指)、
小指は薬指側に曲がったりします。(内反小指)。爪が外側を向くように親指や
小指がねじれることもあります。


asisankaku09922
逆に言えば、外反母指の人は、中足指節関節を十分に曲げることができなくなっ
ています。


dai12taoru09716
こんな状態で「タオルギャザー」をやっても、期待するような効果は得られない
かもしれません。


病院で教えてもらったり、テレビの健康番組でやってたりするので、「タオルギ
ャザー」自体はたくさんの人が知っています。


しかし、「ヒトの身体のつくり・しくみ」がちゃんとわかっていないとねらった
効果をだすためのポイントがずれてしまいます。


エクササイズ自体を知っているだけでは、この情報過多の時代、一般の人と差がつ
きません。


「ヒトの身体のつくり・しくみ」をちゃんと理解して、わかりやすく教えてあげ、
きっちり効果をだせるのがハイレベル運動指導者です。


ぜひ、教えてあげてください。


土屋真人のホームページ
別窓 | 51、外反母指 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |