姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

動きケアで「O脚改善」


「動きのTCCT(E)養成スクール」(ハイレベル・プロ
・動きケア(R)パーソナルトレーナー養成スクール)
からの一コマです。




「動きケアでO脚改善」の実習がでてきました。




tuka117611.jpg
受講生のTさん、膝間は開いていませんが、今まで
下腿はくっついたことがないとのことでした。




股関節から下腿までの「動きケア」による調整が
終わった時点での様子が上の写真です。





tuka317611.jpg
「内くるぶしどうしのあたりがちょっと強い」という
Tさんの声を参考に、パートナーのHさんが
ショパール、リスフラン関節の「動きケア」
を施します。




すると・・・・、





tuka217611.jpg
Tさんの下腿がくっつきました。




お見事でした。




そもそも動きや運動で「O脚」など下肢骨の配列を
改善できるという感覚がまだまだ一般的では
ないと思います。




「“動きケア”の可能性を感じますね」




受講生皆さんの「動きケア(R)パーソナル」への
モチベーションが高まった瞬間でした。







大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 52、O脚のはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「下腿を左右に倒す動き」


11月13日(日)、「“姿勢・うごき” みる目養いセミナー(4)」からの
ワンポイントです。




伏臥位で下腿をに左右に倒す動作です。




nsan1161113.jpg
このように膝をそろえて、膝をくっつけて下腿を左右に倒す
パターン ①





nsan2161113.jpg
このように膝と膝を開いて、下腿を倒すパターン ②





さて、それぞれについて、体幹部と股関節の動く割合はどうなる
でしょうか?





講座では、「う~ん、なるほど」 とSさんがうなっていました。




こたえは、次記事でお伝えします。










(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 52、O脚のはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

O脚改善



8月2日(日)、鈴鹿パーソナルトレーナー講座からのワンポイント
です。



今回のテーマは「O脚・X脚改善指導の実際」でした。



「そもそも運動でO脚が改善できるんですか?」



「ハイ、運動のとらえ方をこうすれば、運動でO脚は改善できるんです」



というところからスタートでした。



次は「下肢配列の分類」です。




mie11582.jpg
「下肢配列の分類」を行ってみる皆さんです。




今までたくさんの「O脚改善のセミナー」にでた方によると、その内容は
「手技」がほとんどで、分類からこまかく行うところはほとんどないそうです。




うちでご紹介するのは、「下肢配列」を5つに分類して、それそれに合った方法で
運動によって、「下肢配列」を改善していく方法です。




世の中には、O脚が気になってミニスカートがはけず、「整体エステ」のような
ところで1回6千とか、1万円とか費用をかけて改善しようとする方がいます。



そういう方を、皆さんのパーソナル指導でも喜ばせてあげてほしいと
思います。ぜひ、ご活用ください。









ホームページ更新!! (7月25日)
たくさんのご要望ありがとうございます。

「DOU友の会」登録受付中です。  

「特別プリント資料」プレゼント掲載→ホームページからどうぞ。

→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 52、O脚のはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

筋コンディションと「下肢骨配列」



5月24日(日)、パーソナルトレーナー本物塾・中級コースからの
ワンポイントです。



今回のテーマは「O脚・X脚調整指導の実際」でした。




tyu115526.jpg
講座の一風景です。今回は「腸腰筋」の調整をしたら、O脚が改善した
方がたくさんみえました。



基本、骨には筋が付着しています。前後、左右、斜め方向・・・・から骨を
バランスよく骨を引っ張り、骨を標準的な位置にキープしている=骨格を支えている
と考えることができます。



ところが、前後、左右、斜め方向・・・・から骨を引っ張っている(基礎張力)筋のどこかに
「こわばり」があったり、筋力低下があったりすると基礎張力のバランスが崩れ、骨を標
準的な位置にキープできなくなってしまいます。




「下肢骨の配列」が本来のものと違う「O脚」のメカニズムも同じように
考えることができます。




であるならば、本来ないはずの「こわばり」を緩め、本来働いているはず
の筋を目覚めさせれば、前後、左右、斜め方向・・・・から骨を引っ張っている力の
バランスがとれ、骨も本来の位置におさまってきて、結果「O脚」も改善できるわけ
です。




眠っていた筋が目覚めるたびに、リアルタイムに「骨の配列」が変化するという
今まで知らなかった事実を目の当たりにし、ビックリした方もいらっしゃいました。



「運動指導」の新しい可能性を確認していただけたとしたら、
本当にうれしく思います。









たくさんのお問い合わせをありがとうございます。
7月スタート!「動きのTCCT養成スクール」受講申込受付スタートです。

土曜日コース  あと5名様    日曜日コース あと1名様


→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 52、O脚のはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

O脚改善

5月25日(日)、パーソナルトレーナー本物塾(中級コース)からの
ワンポイントです。


今回は、「O脚、X脚の改善指導の実際」でした。



ysan314527.jpg
「みたて」が大切です。体幹部、股関節、膝関節、足関節・・・・・、どんな偏りが
あって、「下肢骨の配列」が標準的なものと違っているのか・・・・。


例えば、股関節でいうと、内旋に偏り過ぎていても、外旋に偏り過ぎていても、
外転に偏り過ぎていても・・・・、O脚の要因となります。


股関節が、内旋に偏り過ぎていれば、股関節外旋エクササイズを、外旋に偏り
過ぎていれば、股関節内旋エクササイズを・・・・と上手に指導すれば基本的には
「下肢骨配列」が本来のものへと近づくことになります。


実際、講座でも・・・、


ysan114527.jpg
はじめこんな感じだった方が・・・・、


講座の中盤では・・・



ysan214527.jpg
こんな感じになり・・・・


最終的には◎となりました・・・・・。


「運動指導」を掘り下げると、運動指導で「骨の配列」も変化させることが
できます。講座で体験していただいたように、その場でです。


身体を鍛えるだけが「運動」ではありません。


こんな「運動指導」の可能性があることを、「運動指導」の応用編があることを
意欲ある指導者の方には知ってほしいと思います。





お待たせしました!!2014年8月スタート!!!
「パーソナルトレーナー本物塾」(基礎・第4日曜日クラス)
受講受付スタートです。 定員まであと 9名様 です。



→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 52、O脚のはなし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT