姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「静的な骨配列」 と 「動的な骨配列」

1月6日(日)、アクトスパーソナルトレーナー養成講座(三重クラス)からの
ワンポイントです。


mie11319.jpg
立位姿勢で「上前腸骨棘」の位置を比べると、右の方が前に出ています・・・。


mie21319.jpg
膝の位置を比べてみると、右の方が前に出ています・・・。


これらは、「静的な骨配列」です。



歩いたり、スクワット(いろいろバリエーションをつけて)したり、
踏み台を昇降したり・・・、


その時の骨配列は、「動的な骨配列」です。


mie31319.jpg


動いても(「動的な骨配列」でも)、骨盤の右端が前に出たり、右膝が
前にでているのか・・・・、


動いたら(「動的な骨配列」では)、逆に骨盤の左端が前に出たり、左膝が
前にでているのか・・・・、


姿勢、動きを見る目を養うと他にもいろいろなことがみえてきます。


今、関節に痛みや不調がある人は、その関節に負担がかかるような「姿勢」や
「身体の動かし方」の習慣があるものです。


さらに、その背後にはその関節に負担がかかる「姿勢」や「身体の動かし方」に
なってしまう筋コンディション(柔軟性低下や機能・筋力低下)があるようです。



お伝えしたパーソナル指導へ活かす「身体の歪みのとらえ方」をぜひ、現場で
ご活用ください。




→ 土屋真人のホームページ
たくさんのご要望ありがとうございます。
2013年2月スタート!!
「パーソナルトレーナー本物塾(第1日曜日コース)」
受講受付中です!
 
定員まで あと 6名様です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  6、セミナーのひとコマ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

さすが!

12月23日(日)、豊橋パーソナルトレーナー講座からのワンポイント
です。


今回のテーマは、「上肢帯(鎖骨と肩甲骨)」でした。



toyo1121229.jpg
「上肢帯」は基本的にどの方向へ、どのくらい動くものなのか、お伝えした
基準に照らし合わせてチェックしてみる皆さんです。



ところで、上肢帯は「胸鎖関節」で唯一体幹部と関節をつくっている
だけです。


胸骨と関節をつくった鎖骨は斜め後ろに向かい、そこで「肩甲骨」と「肩鎖関節」
をつくり、「肩甲骨」は基本的に胸郭(背中側)にのっかっている、つるされている、
ある、だけの構造になっています。


ですから、基本的には肩甲骨と胸郭は分離していて、筋や皮膚、その他軟部組織が
柔軟なら、肩甲骨の下に手指を差し込んだら、本来手指が隠れてしまうくらいの余裕
があることになっています。


豊橋講座の皆さんは、さすがに肩甲骨まわりが柔軟な方ばかりでした。



toyo2121229.jpg
こんな感じで、肩甲骨の下に手指がたくさん入る方がたくさんいらっしゃい
ました。


指導者みなさんばかりのクラスですので、皆さんにとっては当然かもしれません
が、最近は胸郭にぴったり肩甲骨がくっついたようになっていて、肩甲骨の
下に全く手指が入らない方がたくさんいらっしゃいます。


肩甲骨周辺を柔軟にする方法をぜひ、教えてあげてください。



→ 土屋真人のホームページ
たくさんのご要望ありがとうございます。
2013年2月スタート!!
「パーソナルトレーナー本物塾(第1日曜日コース)」
受講受付中です!
 
定員まで あと 9名様です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  6、セミナーのひとコマ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

よみとる “力”

パーソナルトレーナー本物塾からのワンポイントです。


takedasan1121202.jpg
クライアントにこのようなポーズをとってもらい、縫工筋あたりの柔軟性や
膝の弛緩性をチェックする場面がありました。


しかし、その肢位こもっていく過程で・・・・、


takedasan2121209.jpg
伏臥位で膝を曲げる動作だけでも・・・・、



takedasan3121209.jpg
骨盤が前傾する場合もあります。


これだけでも「大腿直筋」あたり(股関節屈曲筋)の柔軟性低下が予測できます。


姿勢や動きをよみとる練習を積んでいくと、ちょっとしたことでも気づけるように
なります。


姿勢、動きをみる目を養いたいものです。



→ 土屋真人のホームページ
たくさんのご要望ありがとうございます。
2013年2月スタート!!
「パーソナルトレーナー本物塾(第1日曜日コース)」
受講受付中です!
 
定員まで あと11名様です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  6、セミナーのひとコマ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

さすがの 「テーピング」

11月25日(日)、パーソナルトレーナー本物塾(中級コース)は、特別講師に
よる「テーピング」セミナーでした。



特別講師は、NPO法人日本健康体育協会・名古屋市部長、当研究所・マスター会員の
加藤丈晴さんでした。


katousan1121128.jpg
肘部のテーピングについて解説する加藤さんです。


柔道整復師、パーソナルトレーナーとしても活躍する加藤さんは、中学生、高校生の
コンディショニングトレーナーとしても輝かしい実績を残されています。


ある競技には、簡単に言うと中学校、高校それぞれ年間3つの全国大会があるのですが、
2年前には加藤さんがサポートする中学、高校チームでこの6冠のうち5冠を獲得され
ています。 すばらしい実績です!


この現場での経験もふまえ、今回は「伸張テープ」を使用した簡単だけど、効果的な
テーピング技の数々を伝授していただきました。


受講の皆さんがうなった技から・・・、


例えば、「足・足部のテーピング」です。


足を踏み出した時(フロントランジなど)、膝がつま先より内側に入ってしまい
膝に痛みを感じる・・・などの場合、内側縦アーチを高くしてあげるとよい場合
があります。



katousan2121128.jpg
(プロの技)アーチのどこの部分をあげてやると調子がよいのか決める方法のひとつが
指をつかって、クライアントに足の裏に体重をかけてもらい、実際に確認してみる方法
です。


katousan3121128.jpg
その情報を参考にして、実際にテーピングです。



katousan4121128.jpg
クライアントに確認してもらうと、見事、状況が改善されました。



他にも随所に「さすが!」と思わせてくれる「プロの技」が披露されました。


たった1本のテープでコンディションが大きく変わってしまう「ヒトの身体の繊細さ」
とともに、現場でぜひ、ご活用ください。




→ 土屋真人のホームページ
たくさんのご要望ありがとうございます。
2013年2月スタート!!
「パーソナルトレーナー本物塾(第1日曜日コース)」
受講受付スタートです!
 
定員まで あと13名様です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  6、セミナーのひとコマ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

膝伸展位・股関節屈曲動作

11月25日(日)、パーソナルトレーナー本物塾(基礎コース)からの
ワンポイントです。


今回のテーマは、「大腿四頭筋・縫工筋とハムストリングス」から姿勢、動きを
見る目を掘り下げていくことでした。



kiso1121126.jpg
講座の様子です。今回も受講の皆さん、意欲的に実習に取り組んでいただき
ました。


大腿直筋の主作用は、膝関節伸展・股関節屈曲です。


大腿直筋(大腿四頭筋)の拮抗筋は、主作用が、膝関節屈曲・股関節伸展である
「ハムストリングス」です。


仰臥位での膝伸展位・股関節屈曲動作を十分に行うためには、大腿直筋(大腿四頭筋)
が収縮し、(筋力を発揮し)、「ハムストリングス」が弛緩する(柔軟性を発揮する)
ことが必要です。


膝伸展位・股関節屈曲動作を十分に行うことができないとしたら、今回のテーマの筋
からいうと大腿直筋(大腿四頭筋)の筋力不足か、「ハムストリングス」の柔軟性不足
か、その両方ということになります。



kiso3121125.jpg
同じ膝伸展位・股関節屈曲でも、この写真のようにパートナーが脚を上げると、
大腿直筋(大腿四頭筋)の筋力発揮は必要なくなるので、「ハムストリングス」の柔軟性
をたくさん反映させたテストになります。(デモは高橋さんです)。


・・・・拮抗筋をセットにして動きや姿勢との関係をみていくと深みのある「学び方」
になるようです。もうあと3講座で「骨盤につく30+α」の筋は確認終了です。


ハヤる様子とともに「早く一回り、学んでしまいたい!」


という声も聞かれました。


ありがとうございます。来月もぜひ、いらしてください。



→ 土屋真人のホームページ
たくさんのご要望ありがとうございます。
2013年2月スタート!!
「パーソナルトレーナー本物塾(第1日曜日コース)」
受講受付スタートです!
 
定員まで あと13名様です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  6、セミナーのひとコマ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT