FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

腸腰筋が眠っている人の特徴



動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール
からのワンポイントです。



伏臥位で膝を曲げ、膝で床を押すという
動きがでてきました。




この動き、ちゃんと腸腰筋が目覚めて
いる人は・・・・・



IMG_0905.jpg
こんな感じで、膝は曲げたまま、膝で床を押せて、
結果、骨盤の前傾(お尻が上がる)へと連動して
いきます。




腸腰筋が眠っている人に多いパターンが
次のような・・・・・




IMG_0906.jpg
膝で床を押そうとすると、膝が伸びてしまう
パターンです。




腸腰筋が眠っているので、大腿直筋が
代わりに働いているパターンです。



こういう人は、どこかに痛みや不調があった
場合、腸腰筋を目覚めさせるとたいてい良くなり
ます。




腸腰筋が十分に機能していることは、とても大切
ですね。






「楽々動けるカラダ測定士」養成講座スタート
>>





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 37、動きケア(R)パーソナルトレーナー養成(前半)スクールから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「伏臥位でのよみとり」



動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール
日曜日クラスがスタートしました。


「こういう勉強がしたかったのです!!」


受講生の方からの感想です。
よかった!!ありがとうございます。



第1回目のワンポイントです。



クライアントのコンディションをよみとるために、
伏臥位は、下腿や足・足部の歪みや偏りを
クローズアップさせるのに適しています。




例えば・・・・


IMG_0870_20190715085714d6e.jpg

左右足の裏の見え方は、同じようにみえるのに
大腿骨と下腿骨の配列が左右違っています。



下腿骨の内旋・外旋に左右差がありそうです。
(足・足部にも)




IMG_0903.jpg

また、このように下腿骨を固定して、足先を
外に、外がえしにもっていくと、たいてい立位で回内足
になっている側が可動域が大きくなっています。



このように
伏臥位では、下腿や足・足部の偏りをチェック
しやすいのでおススメです。




(※動きケア・パーソナルトレーナー養成(前半)スクール
次回は2回目、
1、動きケア・Uチェック15
2、関節の弛緩性チェック
3、“中心”こわばりゆるめ(1)
です)。








「楽々動けるカラダ測定士」養成講座スタート
>>





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 37、動きケア(R)パーソナルトレーナー養成(前半)スクールから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

スクール・水曜日クラススタート!


動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール
・水曜日クラスがスタートしました。




まずは、クライアントの身体をみるための「基準」
をたくさん確認しました。




「動き」を直接起こす筋のコンディションは、「姿勢・骨配列」、
「触察」、「動き」の3つにあらわれます。




動きケアではこの3つを使ってクライアントの身体を
チェックし、ニーズにこたえるために必要な要因を
みつけるのです。



みる「基準」を知っていることは大切です。




IMG_0870.jpg
伏臥位では、足裏が逆ハの字になるのが標準的
です。



という基準を知っていれば・・・・・、



IMG_0872.jpg
こんな感じの人は標準的でないことがわかるからです。



それで、さらに
標準的でない要因は、股関節?、膝?、
足・足部?・・・・・・・、とそれぞれの「みる基準」で探って
いくと、クライアントの痛みや不調の要因に行きつくこと
ができたりします。



身体をみる「基準」しっかり確認しておきたいもの
です。








「楽々動けるカラダ測定士」養成講座スタート
>>




7月スタート!「動きケア・パーソナルトレーナー養成
スクール」受講申込受付中
http://fgi-jp.jp/school-guide/index.html




動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 37、動きケア(R)パーソナルトレーナー養成(前半)スクールから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「立位連動」の核となる動き




動きケア・パーソナルトレーナー養成(後半)
スクールからのワンポイントです。




先日の
「立位連動」の核となる動き=「股関節大きくたたみ」
の補足です。




IMG_0699_201905250818105d3.jpg




この「股関節大きくたたみ」の動きは、野球、ゴルフ、
テニス・・・あらゆるスウィング動作の核になる動き
です。



スウィング動作で、この股関節主動の動きができないと
胴体をねじる動きの割合が多くなります。




すると、腰部に負担がかかり、腰痛のリスクが高く
なります。




また、階段の昇降で膝が痛い人は、足首や股関節
から力が抜けてしまって、膝が過度にねじれるケースが
多々みられます。




このタイプで膝が痛い人は、この「股関節大きくたたみ」
ができるようになると階段の昇降で膝の痛みがなくなります。



・・・・という感じで「股関節大きくたたみ」の動きは、
立位での連動の核となる動きです。








2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 37、動きケア(R)パーソナルトレーナー養成(前半)スクールから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「部分で動いても・・・・」



動きケア・パーソナルトレーナー養成(前半)
スクールからのワンポイントです。




部分で動けても、連動すると十分に動かない・・・・・、
このことを皆さんが確認する場面がありました。




IMG_0279.jpg

Hさん、椅子に座って足指を曲げてグー、




IMG_0278.jpg

次に立っって足指を曲げてグー、

すると、「ああ~、指がまがらない!!」




立って行う場合は、足指だけでなく、足首、膝、股関節・・・・
がうまく“連動”する必要があります。




うまく“連動”ができないと、部分としては動くはずの足指が
連動の中では、十分に機能しない場合があるわけです。




動きケアでは、まず「部分・動きケア」、それから「連動ケア」
ともっていく理由がココにあるのです。




「なるほど」、「そうなんだ・・・・」



皆さん、納得の瞬間でした。







2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 37、動きケア(R)パーソナルトレーナー養成(前半)スクールから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT