姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「2017  富士山」






fuji117816.jpg


今年の富士山登山より







fuji317816.jpg


今年は、はじめて夜に7合目の山小屋入り
して、泊まるパターンでした。







fuji217816.jpg


毎年、「スゴイ!!」と思って、写真にとると、その
スゴサの千分の1も写真では表現できていない
ことにもどかしさを感じます。








fuji417816.jpg


今年の 火口です。





今年も無事に富士山に登ることが
できました。




感謝いたします(拝)。










動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 35、富士山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「2016 富士山」




今年も恒例の「富士山」にいってきました。





2016fuji1.jpg
3合目あたり? から






2016fuji2.jpg
6~7合目あたり






2016fuji3.jpg
8合目あたり






20164fuji.jpg
11時33分、山頂にて






2016fuji4.jpg
今年の火口です。






今年も無事富士山にのぼることができました。


ありがとうございます。
感謝です。 (拝)








8月スタート!
「パーソナルトレーナー本物塾」受講受付スタートです!!
定員まで いよいよ あと 1名様 です。興味ある方、お急ぎください。

(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 35、富士山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2015年 富士山



毎夏恒例となっていおります「富士山」登山に今年もいって
きました。



山頂まではおおむね良い天気で、「雲海」に圧倒されながら、
頂上を目指しました。





fuji115819.jpg
まあ、本当にこんなすごい光景が自分よりも下に広がっているわけですから、
ここでしか味わえない「非日常空間」です。





fuji415820.jpg
いつも思うのですが、写真ではたぶん実際の “感じ” が1000分の一も
伝わっていないと思います。歯がゆい限りです。



五合目を6時20分に出発して・・・・、




fuji215819.jpg
10時40分ごろ頂上に到着です。




今年は本8合目(3,400m)から頂上まできつく感じました。



「なんでだろう・・・・?」



と今年のトレーニングを振り返ってみたところ、思い当たることが
ありました。



今年はジョギングをすることが増えたのですが、息がはずまない
レベルの低負荷で行っていたので、心肺機能自体は少し低下して
いたのかもしれません。



昨年までは週2、3回のペースだった息がはずむ「山登り」の機会も、
今年はトータルすると週一回くらいだったと思われます。




「身体」は正直ですね。





fuji315819.jpg
山頂で何か食べるのははじめてでした。800円の「豚汁」が
冷えた身体をあたためてくれました。




下山の時の足腰の大きな負担はそんなに感じませんでした。



今年1年、ウエイトトレーニングはほとんどしていません。




この一年の身体への負荷は・・・・、ジョギングと踏み台昇降時の足腰への負荷
、それとシットアップ、足指にぎにぎ習慣くらいです。




この内容で、下山時のエキセントリックの負担にそこそこ対応できたことも
新たな発見でした。




毎年の富士山登山は、「体力」をはかるバロメーターにもなっている
ようです・・・・・・。




そんなことを考えながら、「2015年富士山登山物語」は幕を閉じました。
(今年もありがとうございました。感謝いたします)。





追伸:


今年はうちの会員さんで、はじめて「富士山」登頂にチャレンジなさる
方がいらっしゃいます。

体調管理も含め、十分な準備のもと、有意義で、素晴らしい機会と
なりますことを心より祈念いたしております。

無理せず、マイペースで、ガンバ(顔晴)です!!












ホームページ更新!! (8月14日)
たくさんのご登録ありがとうございます。

8月の「特別PDF版資料」掲載しました! ご覧ください。

「DOU友の会」登録受付中です。  

「特別プリント資料」プレゼント掲載→ホームページからどうぞ。

→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 35、富士山 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

2014年 富士山

8月のある日、恒例の富士山・登山にいってきました。


前日の夕方に宿舎入り。


明日は4時起床予定。5時に宿をでて、富士北麓駐車場へ。
富士北麓駐車場から5時半発のシャトルバスにのり、6時10分富士山
五合目到着予定です。


今回のもうひとつの目的は前日「思いっきり寝ること」。


時計をみると20時です。「今寝れば8時間寝れる!、うわ~8時間眠れるなんて
どのくらいぶりだろう・・・・、 よしっ、寝よう!!」


途中一回目が覚めました。時計をみると0時でした・・・・。
“まだ、半分・・・、あと四時間も眠れる・・・・”


次、目が覚めました・・・。自分の感覚としては “すぐ” でした。
時計をみると・・・・、5時でした、“!!っ”  こんなものです・・・・。


予定より30分遅れの6時40分、富士山五合目に到着です。


タオル忘れたので、マフラータオルとか買いながら、低酸素への馴化もかねて
売店でブラブラ時間をつぶします。トイレをすませ、さあ、出発です。(ちなみに
ここから先のトイレは200円とか、有料になります)。


7時10分、五合目発です。



fuji114828.jpg
五合目の馬さんたちです。



fuji214828.jpg
ここで「協力金をお願いします」と声をかけられ、1,000円を納めました。
(今年はじめてのことでした)。


8合目あたりだったでしょうか・・・・、



fuji314828.jpg
「天空の城ラピュタ」の存在を思わせるような光景や



fuji414828.jpg
自由自在で、超常的、幻想的な雲海、雲の創作ショーでは、
“富士山” を思わせるような1コマもありました・・・・・。


・・・・・と幻想的な雰囲気はここまででした・・・・。


この後、雨が・・・・・。

霧もたちこめ、先もよく見えません・・・・・。

おまけに上にいくにつれ、強風も・・・・・。




fuji514828.jpg
そんな中、山頂へ到着です・・・・・。


山頂はほとんど “嵐” という感じでした。
それでも火口方向へ少し近づこうとしたら、帽子を飛ばされ、
強風でよろける有様で・・・・、あきらめました。


富士山に慣れた人でないと下山道もどこかわからないような状態です。
9合目あたりで上から降りてくる人とたくさんすれ違いましたが、理由が
よくわかりました。


山頂にいたのは、ほんの数分、すぐに下山しました。富士山は今年で
6回目の登頂ですが、はじめて自然の厳しさを実感しました。


赤土が雨でかたまって、すべらないので、下山はすこぶる順調でした。


いつもの年なら、土がすべって、転びそうになったり、体勢を崩したり、
実際転んだり、手をついたり・・・・、


するのですが、今年は1回転んだだけで済みました・・・。!(^^)!


これが富士山のスケールの大きさでしょうか・・・・・、


fuji614828.jpg
7合目までおりてくると、すっかり、よい天気になっていました。
(何か不思議な感じです・・・)。



fuji714828.jpg
無事に5合目に到着です・・・・・。 五合目の風景は、ほんの数時間前に“嵐”の中にいた
とはとても思えない、“のどかな” ものでした。


今年も “富士山” に登ることができたことに感謝しつつ・・・・・、


2014年 富士山登頂物語 (終)







お待たせしました!!次回「動きのTCCT養成スクール」の受講受付中です!
9月スタートの水曜日コース!!
11月スタートの土曜日、日曜日コース!!



→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 35、富士山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2013 富士山(2)

(前記事より続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



4回目となる富士山5合目から山頂までの登山がはじまりました。



「慣れ」の感覚もでてきたせいか、のぼりでは、ついついハイペース
になり、「きつい」、「なんでこんなに苦しんだろう・・・・」と感じる
ことが多々ありました。




fuji413822.jpg



8合目からは30歩すすんで、少し立ち止まり休憩、というペースです。
30歩くらいですぐに息がはずんでしまいます。



はじめての年は、たしか10歩続けて歩くのがやっとだったという記憶があります。
頭も痛くて、本当にたいへんでした。



そのことを思えば、慣れたのか、体力がついたのか、・・・、大きな進歩です。



fuji313822.jpg
4時間48分かかって頂上へ到着です。
(1年目は頂上まで6時間かかっていました)。



この後、山頂で1時間ちょっと過ごしましたが、ずっと手指先が
しびれていました。眠くもなります。酸素の薄さを体感します。



fuji613822.jpg
山頂からの風景です。




fuji513822.jpg
今年の火口です。



今までとの違いを大きく感じたのは下山の時でした。足腰への負担が
今年は格段に違いました。



おそらくウエイトトレーニングの効果でしょう。



1年目の時は、足は痛いし、頻繁に休憩が必要で、なかなか7合目まで到着せす、
いつまで下りの道が続くのか、気が遠くなるようでした。(山頂から5合目まで
4時間くらいはかかったのでは、と思います・・・)。



今年は頂上から5合目まで、下山に要した時間は“2時間27分”でした。



ところで、世界遺産に登録されたことで登山者数はどうか、と思いましたが
この日に限って言えば、今までの年よりも登山者の数は少なかったように
思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




毎年、富士山に登るといろいろと考えることがあります。



“初心”を思い出したり、自分の立つ位置を確認したり、心持ちを
見定めたり・・・・。




日本一のとてつもなく大きな存在の中にいると、自分が本当にちっぽけな
存在であることを実感します。



そんなちっぽけな存在を、とてつもなく大きな存在が、ニッコリわらって
包んでくれている・・・・、時としてそんな感覚をおぼえます・・・。



慣れてきたとはいえ、やっぱり富士山は日本一の山です。



身体へのダメージも相当なものです。
「やっぱり富士山を甘くみることはできない・・・」と思います。



そのきつさから、「もう、今年で終わりにしようかな・・・」とも
思います。



しかし、帰ってくるとまた、新たなエネルギーが湧いてくるのを感じる
のです。



不思議ですが、富士山のパワーかもしれません。



いろいろな思い、感覚の中で「2013 富士登山」は幕を閉じました。



感謝(拝)






→ 土屋真人のホームページ
たくさんのご要望をありがとうございます。
8月からスタート!
「パーソナルトレーナー本物塾(基礎コース)第4日曜日クラス」
受講申込受付中です。
【定員まで あと2名様です】

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 35、富士山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT