姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「足裏測定」




今年も愛知県丹羽郡扶桑町・山名小学校にお邪魔し、児童皆さん
の「足裏測定」を行ってきました。




「足裏測定」とは、
「右足、左足、足の前後(かかとと前足部)にバラスよく体重がかかるように
立ってくださいね」とお願いしての




「足底圧分布」と「重心位置」の測定です。




yana17516.jpg

今年は、1年生、3年生、6年生の約150名の児童皆さんを
測定させていただきました。




ちなみに
右足と左足(左右)、かかとと前足部(前後)とも50%±5%に
おさまっていた「バランスよい立ち方」の人は、




2名でした・・・・。





yana217516.jpg

児童皆さんの後は先生方もチャレンジです。




皆さん「足裏」への意識が高いからでしょうか、
先生方は、「バランスよい立ち方」の方ばかりでした。




「ぜひ、子どもたちにバランスよい立ち方を教えてあげてください」
とお願いしてきました。








導ヨガ、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  4、「足の裏」と立位姿勢 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「バランスよく立つ」



6月26日(日)、パーソナルトレーナー本物塾(テーマ別)からの
ワンポイントです。




今回のテーマは、「“足裏測定” から姿勢・健康体力チェック」でした。




講座での最大の目標は、「前後、左右バランスよく立つ」ことを自分で
コントロールできるようになること、です。




バランスよく立つことを自分でコントロールできることはすべての基本
、第一歩です。




ただ、これがなかなか難しい・・・・。




まずは、バランスよく立つために必要な身体各部の部品としての
コンディションを整え・・・・・、





tatu116626.jpg
実際に立つ時の各部位の基本事項のチェックができるように
なりました。




その上で、秘伝の仕上げセルフエクササイズ・・・・、




バランス良い立ち方を自分の「身体の感覚」として落とし込む
エクササイズ・・・・、これが習得できれば、もういつでも、どこでも、
自分でコントロールして、「バランス良い立ち方」ができます。




tatu216626.jpg
さあ、できた方から、機器で測定して確認です。



自分で「バランス良い」と思っている立ち方が、機器で測定しても
本当に「バランスよい立ち方」かどうか・・・・、




tatu316626.jpg
結果は一目瞭然、機器はウソをつきません。



おもしろいのは、



「さっき、後ろ重心だったので、このくらい前かな・・・」
と頭で考えてやってもうまくいきません。




仮に、それでうまくいっても、一晩寝れば、その頭での感覚は
忘れますし、表現しようがありません。




それよりも大切なのは「身体での感覚」です。「身体での感覚」
で身につけてしまえば、それはもう一生使うことができます。




簡単そうで、かなり奥深い、あらゆる奥義につながる
「立ち方」探求でした。









8月スタート!
「パーソナルトレーナー本物塾」受講受付スタートです!!
定員まで あと 2名様 です。興味ある方、お急ぎください。

(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  4、「足の裏」と立位姿勢 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

児童みなさんの「足裏測定」



今年も、愛知県丹羽郡扶桑町の山名小学校から依頼があり、児童
みなさんの「足裏測定」にいってきました。



asiura11667.jpg

今年は1年生、3年生、6年生の児童皆さん約140名ほどの
「足裏測定」でした。




養護の先生には、今年3月に新聞記事に掲載された犬山南小学校
の結果(154名中前後左右ともバランスよく立っていた児童の数が
3名でした)についてお伝えしてあったので、今回も調べてみました。




【この場合の「バランスよい」とは、右足と左足の荷重割合(%)、
前足部と踵部の荷重割合(%)(右足・左足)のそれぞれの値を
引き算し、その値が10以下なら「バランスよい」としています】。




今回の山名小学校の結果、前後左右ともバランスよく立っていた
児童の数は・・・・、約140名中・・・・、




0名でした。




児童皆さんには、「足を腰幅くらいにひらいて、リラックスして立ちましょう」
としか伝えませんので、児童みなさんが「バランスよく立とう」という意思を
もったら、また違う結果になるかもしれません。




養護の先生は少しショックだったようですが、1つの事実としてこのような
結果でした。




もちろん他にも調べてみる項目はたくさんありますので、この「足裏測定」
の結果をぜひ、児童皆さんの健全な発育・発達にお役立ていただけるよう
切にお願いし、小学校を後にしました。




未来を背負って立つ児童皆さんの丈夫な発育・発達を心から
祈念いたしております。









ありがとうございます。申込みいただきました。
8月スタート!
「パーソナルトレーナー本物塾」受講受付スタートです!!
定員まで あと 5名様 です。興味ある方、お急ぎください。

(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  4、「足の裏」と立位姿勢 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「足裏で床をおす」(2)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

別窓 |  4、「足の裏」と立位姿勢
∧top | under∨

「足裏で床をおす」(1)



12月20日(日)、扶桑パーソナルトレーナー講座からの
ワンポイントです。



今回は、「“足裏測定”から姿勢、健康体力チェック」でした。





fu1151221.jpg
講座の後半の測定で、見事、前後、左右足裏にバランスよく
体重がかかった立ち方をコントロールできたKさんです。



足裏にバランスよく体重がかかった立ち方を自分でわかるように
なるためには、「足裏意識」が必要です。



しかし、この「足裏意識」は普段から意識していないとなかなか
芽生えてくれません。




fu2151221.jpg
「足裏意識」を養うエクササイズにチャレンジする皆さんです。



「足裏意識」が芽生えていない人は、立位姿勢で「足裏で床を強くおして
ください」(足裏を床につけた状態からです)とお願いすると強くおせない
方がほとんどです。



「強くおせているかどうか」外から判断するためにはちょっとした
見方のコツがあります。



そのコツについては、次回の記事でお伝えします。









興味ある方はぜひ。
ありがとうございます。受講申込みいただきました。
2月スタート!「パーソナルトレーナー本物塾」受講申込受付中
定員まで あと 5名様


3月スタート!「動きのTCCT養成スクール」受講申込受付中
土曜日コース  あと7名様   日曜日コース  あと1名様


→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  4、「足の裏」と立位姿勢 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT