姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「ボールの上に立つ」




tomosan117724.jpg



「理屈がわかったバランスボール指導」セミナー
からのワンシーンです。




もともとは、「スイスボール」、「スタビリティボール」
などと呼ばれ、ヨーロッパのリハビリ領域で使われ
はじめたともされる「バランスボール」です。




そこにはちゃんとした「理屈」、押さえておきたい「原則」
があり、それを知っているか、知らないかで、指導も
全然違うものとなってしまいます・・・・・、





ということで、理屈をおさえた上で、たくさんのエクササイズ
を紹介、体験していただきました。





その中で、「ボールの上に立つ」エクササイズが
ありました。





今回の受講生の方は本当に身体能力が高く、
はじめてチャレンジする方でも、もう一歩の
方ばかり・・・・、




その中で、見事、はじめての挑戦で「立てた」
というTさんの写真が一番上で紹介したもの
です。




普段からパーソナルトレーナーとして大活躍
しているTさん、




これから「ボールの上に立つ」見本をみせると
より一層クライアントから“尊敬”されることに
なるでしょう。




実にお見事でした。









大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  9、ハイレベル・バランスボール | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

バランスボール、チャレンジ!




7月24日(日)、パーソナルトレーナー本物塾(テーマ別講座)からの
ワンポイントです。



今回のテーマは「バランスボール指導」でした。



ball.jpg




皆さん特に意欲満点でチャレンジされたのが、ボールの上に
立つエクササイズでした。




ball2.jpg
皆さん、ここまではいけるのですが・・・・・



ここから立つのに苦労されていました。



時間がたつにつれ、皆さん闘志むき出し! という感じ・・・・、



熱が入りすぎて・・・



「安全には十分注意して、ムリなさらないでくださいね」



という私の言葉は全く無意味のようでした・・・・。



「手から落ちる人」、「腰から落ちる人」、「頭(?)から落ちる人」・・・・・、



あまりにもスリリングな光景に、受講生のFさんが、



「こわい、こわい! もう終わりにしましょうよ」と提案されたほどでした。



糸口をつかむとついつい熱中してしまいがちですが、
皆様、安全にはくれぐれもご配慮ください。








8月スタート!
「パーソナルトレーナー本物塾」受講受付スタートです!!
定員まで いよいよ あと 1名様 です。興味ある方、お急ぎください。

(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  9、ハイレベル・バランスボール | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

違いがわかる“バランスボール”指導



6月28日(日)、パーソナルトレーナー本物塾(中級講座)からの
ワンポイントです。



今回のテーマは「バランスボールエクササイズ指導」でした。



皆さんの指導が
「“普通のバランスボール指導” とはちょっと違うね」と感じてもらえる
ように、“違い”をつくることがひとつの目標でした。



エクササイズの中で、どこにこわばりがあって、どこが機能していないか
判断したり、同じ種目でも意図的にボールの大きさ、空気圧を変えたり、
上肢や下肢の位置を変えてねらう効果を引き出したり、難易度を調整したり・・・・、



すべてに理屈があり、今まで基礎講座でやってきた「姿勢・動き」をみる
たくさんの蓄積があったからこそできる指導である・・・・




ということを体感していただけたようです。





ball115630.jpg



受講生の方のお言葉です。



「はずむだけだと思っていたバランスボール(以前、高さの合わないボールで
弾んで、股関節がおかしくなり、いまだひきずっています・・・、いいイメージの
ないバランスボール)でしたが、講座を受けて、ヒトの身体の状態がみれると
とても面白いツールなんだと気づきました。バランスボールひとつとっても違いの
出せるレッスンができそうです」。(Sさん)



「今まではまず種目ありきで、新しい種目を調べてレッスン中の引き出しを増やす
ことばかり考えていました。ボールもそこにあるから、そこにあるものを使っていた
だけで・・・・。本来はクライアントの身体のコンディションが先にあってその改善の
ためにボールの大きさや空気圧、種目の選択、同じ種目でもバリエーションを加える
・・・というものだったんですね。う~ん、思わずうなってしまいました。目からうろこが
落ちたというか、ガーンと頭の内側から衝撃を受けたというか・・・、今まで何をやって
いたんだというか・・・、とにかくありがとうございました」。(Mさん)




“普通のバランスボール指導” との“違い”を感じていただけたとしたら、うれしく
思います。



それは、そのまま皆さんが“普通の指導者”との違いをつくり、皆さんの一層の
ご活躍につながるはずですから・・・・。



ぜひ、ご活用ください。









ホームページ更新!! (6月30日)
たくさんのご要望ありがとうございます。

「DOU友の会」登録受付スタートしました。 いっきに あと 22名様です。


→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  9、ハイレベル・バランスボール | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

バランスボール・エクササイズ

6月22日(日)、パーソナルトレーナー本物塾(中級クラス)からの
ワンポイントです。



今回は、「ハイレベル・バランスボールエクササイズ指導」でした。



b114624.jpg
前半部は、実技を通しての「理論編」でした。


バランスボールを使った「A」という種目があったら、“普通”の指導者の目には、
種目Aはただの“種目”にしか映っていません。たくさんある種目のひとつです。


ハイレベル運動指導者・トレーナーは種目Aをやっているクライアントの姿から
関節や筋のコンディション、体力レベルなどたくさんのことを読み取ることが
できます。


その種目ができなかったら、その要因がわかってその場でできるようにして
あげたり、ねらいは変えないで、同じ種目を少し工夫して難易度を調整して
あげたり・・・・・、「理屈」の部分をおさえておくと、バランスボールエクササイズ
指導の幅は無限の広がりをみせます。



b214624.jpg


この後、はじめてのチャレンジでボールの上に立ててしまった方が2人
いらっしゃいました。他にも少しの練習ですぐにでもできそうな方も多数・・・・。


講座を通して感じたことは、皆さん本当に「身体能力が高い」という
ことです。


お伝えした「理論編」と皆さんの身体能力を活かしたデモンストレーション
でぜひ、ハイレベルな「バランスボールエクササイズ」指導を展開なさって
ください。



期待しております。











お待たせしました!!2014年8月スタート!!!
「パーソナルトレーナー本物塾」(基礎・第4日曜日クラス)
受講受付中です。
定員まであと 6名様 です。



→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  9、ハイレベル・バランスボール | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ボールエクササイズのとらえ方

1月26日(日)、豊橋パーソナルトレーナー講座からのワンポイント
です。


今回のテーマは「ハイレベル・バランスボールエクササイズ」でした。



以前、あるスポーツクラブでバランスボールエクササイズを指導している
スタッフの方とお話しする機会がありました。



バランスボールをどうやって使っているのか興味があったのできいてみると、



「ボールに座って、音楽にあわせて、手足をこんな感じで動かしたりして・・・」
と身振り手振りを加え、教えてくれました。



「まっ、簡単エアロみたいなもんで、他にもいろいろなツール使うんで、その
うちのひとつっていう感じですかね・・・」



「へえ~、そういうバランスボールのとらえ方なんだ」と思ってきいて
おりました。



(ちなみに、このバランスボールのとらえ方で十分な方はうちの講座に参加
する必要のない方です・・・・)。




toyo114129.jpg
講座では、「他のツールではなく、何でバランスボールを使う必要があるのか」
という点を強調してお伝えしました。



例えば、私の知っているプロ野球の球団では昨シーズン、ブルペン(ピッチャーの
練習場)にスタッフの方が大きなバランスボール抱えて運びこむ姿がありました。



素人目にもあんな大きなもの運ぶのたいへんで、めんどうです。



それでも、使われるのは裏を返せば、ピッチャーにとって、他のツールでは代用
できない、必要な何かが「バランスボール」にはあるというわけなんです。




受講された皆様、ぜひ、お伝えしたことを上手に活用していただき、“普通の指導者”
との差をつけてください。







toyo214129.jpg
【おまけ】スゴイ! このあと、みんながボールの上に立ってしまいそうな
勢いです。さすが、皆さんの身体能力は高かったですね。






2014年3月スタート、「動きのTCCT養成スクール」(ハイレベルパーソナル
トレーナー養成・基本スクール)受講受付スタートしました!定員まで
日曜日コース: あと名様、 土曜日コース: あと名樣 です。


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  9、ハイレベル・バランスボール | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT