FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「足首をまたぐ筋」



東京セミナー、姿勢と動きセミナー「足・足部のみ方」
(動きケア・本物塾第12講座)からのワンポイント
です。




足首をまたぐ12の筋のみ方、とらえ方、目覚めさせ方
をバッチリお伝えしました!!





asi31377_201904151901353ae.jpg

足母指の第1関節、他の指の第2関節でしか曲がって
いない写真




この状態だと、今回でてきた筋のうち、「長母指屈筋」、
と「長指屈筋」が十分に収縮することができません。




「長母指屈筋」と「長指屈筋」が十分に働けない状態
です。




asi1120531_20190415190757302.jpg

「長母指屈筋」と「長指屈筋」が十分に働けるためにも、
まずは、足母指の第2関節、他の指の第3関節で
十分に曲がるようにしたいものです。




たいてい足首、足部に不調がある方は、足首をまたいで
ついている12筋のどれかが十分に機能しなくなっています。




その機能しなくなっている筋を目覚めさせれば、たいてい不調は
改善に向かいます。




ぜひ、みてあげてください。









2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  2、姿勢・うごきをみる目を養う | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「姿勢と動きセミナー」




「姿勢と動きセミナー」~姿勢、動き、身体、筋のとらえ方~
(動きケア・本物塾第1講座)からのワンポイントです。




「姿勢と動きのなぜがわかる本(青本)」を使った新バーション
~姿勢、動き、身体、筋のとらえ方~でした。




IMG_0402.jpg

脊柱のランドマーク、見方の基準を確認する皆さん
です。



例えば、
浮き指など、足部が後ろ重心、骨盤後傾でも後ろ重心、
するとバランスをとるために、骨盤を前に突出し、胸椎部
が過後弯に、頭部は前に「頭部前方姿勢」・・・・、


姿勢の崩れの基本モデルです。



いわば、立位姿勢の連動の崩れです。



この姿勢が習慣化、固定化してくると、本来は
できるはずなのに、できない動きがでてきます。



例えば、胸椎部の伸展・・・・・、



上記の姿勢で、
胸椎部を反らしたら、過後ろ重心になって、
後ろにひっくりかえってしまいます。




上記の姿勢が習慣化、固定化すると、やがては
胸椎部伸展が十分にできなくなるわけです。




上記、姿勢崩れの基本モデルが定着してしまうと
十分にできなくなる「動き」が講座でお伝えしたように
他にもあります・・・・・、




「それこそが、介護予防、健康寿命延伸のポイント
では・・・・・」




「言われれば、確かにそうだけど、みえてなかった・・・・」




皆さんの運動指導、施術がよりよいものになりますよう
お役立てください。









2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  2、姿勢・うごきをみる目を養う | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

東京セミナー “膝”



東京セミナー「姿勢と動きセミナー“膝”」からの
ワンポイントです。




IMG_0255.jpg

膝は曲がると「内旋・外旋」します。




膝は伸びると安定性が増す、曲がると不安定性が
増す、ということです。




歩きや階段の昇降、椅子からの立ち上がり・・・・・の際に
膝に痛みを感じる方は、それらの動作中、膝が曲がった
ときに過度にねじれが入っていることが多いですね。





IMG_4647.jpg

緑本のP.28~にも書いてある「膝のランドマークと
各部位の確認」実習の際、膝の内側に圧痛があったAさん、




緑本P.99~「膝に負担がかかる動きの習慣とその要因」に
書いてあることとピッタリ一致し、大納得!!なんて場面も
ありました。




現場で使える“膝”の見方、とらえ方の数々・・・・・、
ぜひ、お役立てください。









2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  2、姿勢・うごきをみる目を養う | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「広背筋の柔軟性チェック」



「姿勢と動きセミナー」からの
ワンポイントです。




広背筋の柔軟性チェックで


IMG_0234.jpg


こんな感じで前腕部をつけたまま、上にあげて
肘の位置が鼻よりも上にあがるか、どうかという
のがでてきました。



Oさんは写真のようにちょっと苦戦です。




しかし、もうひとつの広背筋の柔軟性チェック、

IMG_0232.jpg


耳の横に腕を伸ばした後、脱力すると耳から
はなれるか、どうかでみてみると、広背筋
はそんなに柔軟性低下していないようです。




IMG_0233.jpg

そこで、確認してみると肩甲骨の動きを
少しアシストすると、最初のチェックで、
みるみる肘の位置があがっていきました。




最初のチェックで結果がでなかったのは、
肩甲骨に付着する筋のこわばりだったようです。




本題の広背筋チェックからは脱線しましたが、
現場でよくある応用編に、皆さん納得された
ようでした。









2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  2、姿勢・うごきをみる目を養う | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「体幹部の回旋・側屈、腹圧」



姿勢と動きセミナー「体幹部の回旋・側屈、腹圧」
からのワンポイントです。




生まれ変わった「姿勢と動きセミナー」(動きケア・本物塾)
の名古屋会場1回目です。




【変わったところ】

1、テキストに「姿勢と動きのなぜがわかる本」を使います。
 (講座によって青本、ピンク本、緑本3冊のどれを使うか
  ご確認ください)。



今回の「体幹部の回旋、側屈、腹圧」ではテキストは、

hon1_201901231747171a7.jpg

青本でした。




【変わったところ】
2、出席票ができました


IMG_0235.jpg

ある人から希望が出て、つくってみました。

(こんなことでみんな喜ぶ?・・・、と思っていたら)



みんな、結構、はんこ押される時、うれしそうなんです!!

よかった!




【変わったところ】
3、それに合わせて資料も充実したものに




最後に、

【変わってないところ】



相変わらず、参加賞として、チョコレートがもらえます(笑)




ぜひ、いらしてください。

お待ちしております。








2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  2、姿勢・うごきをみる目を養う | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT