FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「足裏で十分踏めないのは・・・・」



動きケア・ウォーキングの基礎講座からの
ワンポイントです。




第1式右

この写真のように、足裏全体で床を押すという動き
がでてきました。



受講生のNさんは、左足裏では床をふむことが
できるけど、右足裏では十分に床をおすことができない、
とおっしゃいました。



この足裏で床を踏む動きは、足部、足首、膝、股関節、
骨盤部・・・・・という“連動”の動きです。



この“連動”をみて、「あっ、この部分が動きていない!」と
ぱっと見抜けるのが理想ですが、なかなか最初からそれ
は難しいことです。



そこで、
動きケアではますは、この連動を「部分」に分けてみてみると
いいですよ、と提案しているのです。そうすれば、「部分」を
ひとつひとつみてチェックしていけばよいからです。



ちなみに先ほどの右足裏では十分に床をおすことができない
受講生のNさんが十分に動いていない「部分」は骨盤部でした。
骨盤部の動きの中でも特に「左右傾け」の動きでした。



部分的に、骨盤の左右傾けを主としたエクササイズを
Nさんが行うと・・・・、



その後、Nさんは、見事右足裏では十分に床をおすことができるように
なりました。







「楽々動けるカラダ測定士」養成講座スタート
>>




7月スタート!「動きケア・パーソナルトレーナー養成
スクール」受講申込受付中
http://fgi-jp.jp/school-guide/index.html




動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 93、動きケア®ウォーキング | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

動きケア(R)ウォーキング



動きケア・ウォーキング2級コーディネーター
養成講座からのワンポイントです。



人の身体には原則があります。



それは、「よく動くところには、脂肪やゼイ肉はつかない」
ということです。



そこで、ウォーキング中に自然にできるように
仕上げるポイントとしているのが、「骨盤の
左右傾け」なのです。





IMG_0754.jpg




この「骨盤の左右傾け」が自然にいつものウォーキングの
中に入るようになると・・・・・・・、




いつも「中殿筋」に刺激が入るようになります。

「中殿筋」はヒップアップする筋です。

「骨盤の左右傾け」が自然にいつものウォーキングの
中に入るようになると、ヒップアップしたプロポーション
が維持できるということです。




さらに、
「骨盤の左右傾け」が自然にいつものウォーキングの
中に入るようになると・・・・・・・、



ウエストにいつも伸び縮みする刺激が入るようになります。

いつもウエストが伸び縮みする刺激が入るようになると、
ウエストがくびれます。

「骨盤の左右傾け」が自然にいつものウォーキングの
中に入るようになると、ウエストがくびれたプロポーション
が維持できるということです。




逆に、
いつものウォーキングで「骨盤の左右傾け」が入って
いないと・・・・・・・・・・、



「中殿筋」によい刺激が入らないので、
ヒップはダウンしていきます。


ウエストにには伸び縮みする刺激が入らないので
ウエストくびれがなくなっていきます。




「骨盤の左右傾け」が自然にいつものウォーキングの
中に入っているのと、入らないのとでは、


3カ月後、6カ月後、一年後・・・・・・・・、



全く違うヒップ、ウエストになります。



どんなに歩かない人でも、
一日4000歩=4000回のエクササイズです。

強力です。




意識しなくても、
自然に「骨盤の左右傾け」がいつものウォーキングの
中に入っているようにもってくのが

ポイントです。








7月スタート!「動きケア・パーソナルトレーナー養成
スクール」受講申込受付中
http://fgi-jp.jp/school-guide/index.html




動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 93、動きケア®ウォーキング | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「動きケア(R)ウォーキング上級コーディネーター」認定書



日本初となる
「動きケア(R)ウォーキング・上級コーディネーター」
養成講座を受講してくださった皆様、ありがとうござい
ました。




特別講座の期間が終了いたしましたので、
「動きケア(R)ウォーキング上級コーディネーター」認定書
を送付いたします。




IMG_0506.jpg

お待たせいたしました。




もうすぐお手元に届きますので、
ご確認の程、よろしくお願い申し上げます(^^)。




皆様の一層のご活躍にお役立てください。







2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 93、動きケア®ウォーキング | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

動きケア(R)ウォーキング・基礎講座・東京



動きケア(R)ウォーキング・基礎講座(東京)
からのワンポイントです。




ウォーキング=歩きは、足部、足首、膝、股関節、
体幹部・・・・の部分の動きの連動で成り立ってい
ます。




よって、動きケア(R)ウォーキングでは、ウォーキング
チェックでみる4つのポイントが基準と違っている場合、
足部、足首、膝、股関節、体幹部・・・・の中に本来の
動きができていない部分があると考え、今度は部分で
みてみます。





IMG_0259.jpg

足・足部の動きをチェックする、皆さんです。




すると、本来の動きができていない部分が
あぶりだされ、「あっ、だからウォーキングフォーム
がああだったんだ!!」とわかるのです。




チェックといっても難しいものではありません。
慣れれば、ほんの5分もかからないものです。




その動いていない部分を動かすエクササイズを
して、また、ウォーキングしてみると「おっ、フォーム
が変わった!!」ということも起こるわけです。




同じその人が
さっきは○○の部分が動いてなくて歩いたフォーム、




今度は、
同じその人が
○○の部分が動くようになって歩いたフォーム、




ウォーキングは、足部、足首、膝、股関節、体幹部・・・・
の連動で成り立ているので、その中の○○の部分が
動くようになれば、それらの総和であるウォーlキングフ
ォームも変わる!! みえてしまえば、「そりゃ、そうでしょ」
ということです。




ただ、ヒトの身体は奥深く、部分としては動くようになっても
連動させると動かない・・・・・、ということがあるのです。




だから、次は “連動”の中で仕上げていくのです。



「だいぶ、みえるようになってきました!」


「おもしろくなってきました!」


「“連動” 楽しみです!」



ありがとうございます。

次もご期待ください。






2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 93、動きケア®ウォーキング | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

動きケア(R)ウォーキング・入門講座



動きケア(R)ウォーキング・入門講座からの
ワンポイントです。




途中、「腹圧」の話題がでてきました。




「腹圧」は、
一般的に「コア」とか呼ばれる、おなかの
部分と一緒に説明されることが多いため、部分的な
「おなか」のこととして考えてしまいがちです。




しかし、「連動」で考えると・・・・・





IMG_9813.jpg

「足裏全体で、強く床を踏む」ということも
腹圧が弱いとできません。




「足裏全体で、強く床を踏む」ということは、
腹圧のチェックにも使えますし、




登山などにも必要な
おなかに力を入れて(腹圧をたかめて)、下肢に力が
しっかり入る「動きの習慣」をつくるためにも極めて
重要なエクササイズと考えています。







2019年7月スタート
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
受講受付スタートしました。

(名古屋会場)

日曜日コース あと7名 です。
水曜日コース あと8名 です。
土曜日コース あと8名 です。






動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 93、動きケア®ウォーキング | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT