姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「腸腰筋こわばりのあらわれ」

honmono1841.jpg



「パーソナル指導・本物塾」からの
ワンポイントです。




今回のテーマは、「腸腰筋と大殿筋」
でした。





daiyoukin111223_20180401223831f26.jpg

「腸腰筋」です。





「腸腰筋」のうちの、「大腰筋」は寝たきり状態など
非活動的なヒトは、極めて細くなっていて、走力が
高いなど活動的なヒトでは、太いという、
ヒトが元気で、活動的であるかどうかをあらわす
キーとなる筋です。





この「腸腰筋」の見方を、機能チェック法、柔軟性チェック法
など現場で使える様々な角度からバッチリお伝えしました。




そんな中、今回の講座では、



dai2120402_201804012305016ed.jpg


股関節前面にある「腸腰筋」がこわばると
骨盤が前傾するので、「腸腰筋」がかたい
ヒトは、伏臥位になると、それだけで、骨盤の
前傾が大きくなっている=お尻が上がっている
=脚のつけ根前面が床から浮いている・・・・
かもしれませんよ~




というシンプルな情報をお伝えした時、
案外たくさんの「へえ~」がきかれました。




「腸腰筋」は深いところにある筋ですから、
みて、とか、直接触って、太いとか細いとか
わからない筋です。




その深層筋が機能していない、うまく働いて
いない・・・・ということを現場でパッと判断できる
ためには、いろいろな角度から、腸腰筋機能低下の
あらわれをまずは、ひとつひとつ頭にインプットして
いくことがおススメです。




そのインプットした「みる基準」をもとに現場で“みる”
練習を繰り返すと、やがて、腸腰筋機能低下がパッと
わかるようになります。




ぜひ、やってみてください。




パッとわかるようになった時は、本当にうれしい!
愉しい!ものです。










動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 95、「へえ~」 シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「頸部に負担がかかっている要因」(2)

keibufutan.jpg


前記事の続きです・・・・。





私:
「今度は、肩を前にだして(肩甲骨・外転)してから、
背中を背もたれにつけるように、骨盤を後傾させて
みてください」




皆さん:簡単に行う





私:
「簡単ですね、では、今度は肩を前にだしたまま
(肩甲骨・外転のまま)で、骨盤を前傾(骨盤を
立てる)してみてください」





皆さん:
「うわっ、やりにく!!」




私:
「やりにくいですね。肩が前にでていると、骨盤は
前傾しにくいように人の身体はできています。





ということは、肩が前にでていることが習慣になって
いる人は、骨盤後傾の習慣ができているかもしれ
ません。





頸部後屈の可動域が狭い人は、肩甲骨が前に
出すぎているかもしれない・・・・、なぜ、肩甲骨
が前にですぎているかというと、骨盤が後傾して
いるからかもしれない・・・・・、





ということは、頸部・後屈の可動域が狭くなるように
負担がかかっているのは、頸部自体が悪いわけで
はなく、骨盤が後傾しているところから来ているかも
しれないということですね・・・・。





そういう人は、頸部に不調を訴えていても、不調がある
頸部は直接触らずに、となりのさらにとなり、骨盤の前傾
具合を戻してあげれば、結果、頸部の調子をよくすること
ができる可能性があるということです・・・・





頸部は、とても細くて、弱いところです。そこに
直接アプローチすることは危険が伴います。





しかし、以上のことが理解できると、頸部という
細くて、弱いところを直接、頸部を触らずに
調子をよくしてあげるアプローチの仕方がみえて
きますね。これが「ヒトの連動のしくみ」です」。




皆さん;
「へ~~~~~え」







3月スタート!
「動きケア(R)パーソナルトレーナー養成スクール」
受講申込受付中です。

水曜日コースあと4名様、日曜日コースあと4名様、土曜日コースあと6名様です。


申込いただきました。ありがとうございます。
2月スタート!
「パーソナル指導・本物塾」受付スタートしました。

あと5名様です。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 95、「へえ~」 シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「頸部に負担がかかっている要因」(1)

keibufutan.jpg


「パーソナル指導・本物塾」の新クール(第1日曜日クラス)
がスタートしました。




第1講座の中で、皆さんの「へえ~」がもっとも聞こえた
場面は次の実習の時でした。




まずは、普通に座って、頸部の伸展(後屈)をします。




私:
「今度は、肩を前にだして(肩甲骨・外転)してから、
もう一度、頸部を後屈してみてください」




皆さん:
「さっきより全然できない(可動域が狭いの意味)・・・・」




私:
「今度は、肩を後ろに引いて(肩甲骨・内転)(左右肩甲骨を
背骨に近づける)から、頸部を後屈してみてください」
   



皆さん:
「うお~、さっきより全然上向ける(可動域が広いの意味)・・・・」




私:
「ということは、頸部・後屈の可動域が狭いのは、頸部自体が
悪いわけではなく、肩甲骨の位置が通常と違うからかも
しれないということですね・・・・。




そういう人は、頸部に不調を訴えていても、不調がある
頸部は直接触らずに、となりの肩甲骨の位置を戻して
あげれば、頸部の調子をよくすることができる可能性が
あるということですね・・・・」




皆さん:
「へえ~」




私:
「今度は、・・・・・・・・





長くなってしまうので、続きは明日に
します。




お楽しみに。








3月スタート!
「動きケア(R)パーソナルトレーナー養成スクール」
受講申込受付中です。

水曜日コースあと4名様、日曜日コースあと4名様、土曜日コースあと6名様です。


申込いただきました。ありがとうございます。
2月スタート!
「パーソナル指導・本物塾」受付スタートしました。

あと5名様です。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 95、「へえ~」 シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「上体の後ろ曲げを楽にするテクニック」

kitasan171224.jpg


12月24日(日)、「動きケア・ポイントセミナー
腰痛編」からのワンポイントです。





今回、も受講者皆さんからたくさん「へえ~」を
いただいたシーンがありました。





そのひとつが、立位で行う「上体の後ろ曲げ」をその場で
楽にする関節動きケア・テクニックでした。





まず、」「上体の後ろ曲げ」が痛い、きついなどを確認
します。




その後、パートナーが腰椎5番の棘突起下あたりに
指をあて、「上体の後ろ曲げ」を行って痛みを確認、





同じように次は腰椎4番の棘突起下あたりに指をあて
確認してしきます・・・・・。





痛いところは行いませんが、上手に指をあてること
ができると、本当に上体の後ろ曲げが楽になります。





このあてている指は、上体の後ろ曲げの際、動きが
大きくなりすぎている椎骨の動きを止めたり、それに
ともなう椎間板や靭帯の負担を軽減したり、となりの
椎間関節の動きをよくしたりする意味があります。





理屈を説明しだすと難しくなってしまいますが、
経験してしまえば、この日体験していただいた
ようにとても簡単なことです。





ぜひ、ご活用ください。












ありがとうございます!!
水曜日コース、申込いただきました。
3月スタート!
「動きケア(R)パーソナルトレーナー養成スクール」
受講申込受付スタートしました。




2月スタート!
「パーソナル指導・本物塾」受付スタートしました。

あと6名様です。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 95、「へえ~」 シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「へえ~・寛骨」



講座の時、皆さんからでた「へえ~」を
お伝えする新シリーズです。





第1回目は先日の
「大阪・本物塾」ででた「へえ~」です。





kankotu1013_20171102224340f5f.jpg
「寛骨」です。




「へえ~」がでたのは、次のことをお伝えした時でした。




子どもの頃には、「腸骨」、「坐骨」、「恥骨」
という3つの骨に分かれていたのが、大人になると
くっついて「寛骨」というひとつの骨になります・・・。




「へえ~、知らんかった」




ついでに確認です。




kankotumigi1013_20171102224342d4a.jpg

右の「寛骨」を外側からみています。
(右側が前、左側が後ろになります)。




写真をみると、
「大腿骨骨頭」がはまる中央あたりにあるくぼみの
ところから点線で3つの部分に分かれています。





 横点線の上の部分が「腸骨」です。
 横点線の下の部分・右側が「恥骨」です。
 横点線の下の部分・左側が「坐骨」です。


 

筋の「起始部」、「停止部」などを勉強すると、
「腸骨」、「坐骨」、「恥骨」などの言葉がでて
きますので、確認しておきたいところです。


 例)
 ・大腿二頭筋(長頭)の起始部=坐骨結節
 ・恥骨筋の起始部=恥骨上枝
 ・小殿筋の起始部=腸骨後面


 






3月スタート!
「動きケア(R)パーソナルトレーナー養成スクール」
受講申込受付スタートしました。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 95、「へえ~」 シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |