FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

骨盤:前傾の力が強くなると・・・・



骨盤を前傾する力が強くなると、こんなことも
できそうです。



松ヶ下さんがやってくれました。

IMG_1448.jpg

「半跏ふ坐」から



骨盤を後傾して、



前傾する力を使うと・・・・・




IMG_1449.jpg

そのまま、とぶようにして、立っちゃいました。




興味がある方は、ぜひ、チャレンジしてみて
ください。







「動きケア・入門講座」





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、動きケア(R) の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

【動きケア】○部位運動で楽しもう!(2)



別の部位の動きを良くして、
痛い部位の痛みを軽減したり、動きを良くする
「動きケア・○部位運動」



のご紹介です。




四つばい位で、左右側屈をやってもらいます。



IMG_0750.jpg


IMG_0751.jpg



腰の痛みやハリを感じるのは、右側屈、左側屈
どちらか、選びます。



ここでは、左側屈で腰が痛いとします。




その場合は・・・・・・、





IMG_1232.jpg

身体をまっすぐに起こして、右肩甲骨の拳上を
繰り返します。



その後、左側屈をやってもらうと、
たいてい、痛みが軽減したり、動きがやりやすく
なっています。



痛いのは腰、ですが、痛くない肩甲骨(○部位)の
運動を上手に行うわけです。



ヒトの動きは連動(れんどう)で成り立っています。



肩甲骨の動きがよくなると、その分、腰にかかる
負担が軽減されます。



ぜひ、やってみてください。








「動きケア・入門講座」





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、動きケア(R) の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

動きケア「○部位運動」で楽しもう!(1)


動きケア
「○部位運動セミナー」からのワンポイント
です。



別の部位の動きを良くして、
痛い部位の痛みを軽減したり、別の部位の
動きを良くする「動きケア・○部位運動」



をたくさんご紹介しました。




そんな中、皆さんが感動したヤツをひとつ・・・・・、



「ヒップリフト」をやってもらいます。



ご承知の通り、筋トレとしては、主に「大殿筋」をねらう
種目です。



まずは、皆さんにやってもらうと、「腰が痛い!」という
人もいました。



そこで、肩甲骨・内転の動きをやってもらいます。
肩甲骨を背骨に寄せる動きです。



その後、ヒップリフトを行ってもらうと・・・・・、




IMG_1422.jpg



「あっ、全然違う」


「メチャメチャスムーズに腰があがるようになった」


「腰がさっきより痛くない」


「ふーん(^^)」とメモとる人・・・



肩甲骨が動くようになると、腰が楽になる・・・・・
一例でした。







「動きケア・入門講座」





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、動きケア(R) の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「足・足部の動きをよくする意外な関節」


「動きケア・パーソナルトレーナースクール」講師養成
スクールからのワンポイントです。




IMG_7663.jpg
足・足部の「内がえし」です。



IMG_7662.jpg
足・足部の「外がえし」です。



これら足・足部の横の動きが十分にできなく
なると・・・・・、



横の揺さぶりを受けた時、



大四伸ばすポーズ④

その動きを膝で受けてしまうと、膝が過度にねじれる
ことになります・・・・。




このような習慣で、膝痛を感じる人は、足・足部の
「内がえし」、「外がえし」の動きを十分にできるように
してあげると、膝痛が改善されます。



痛いのは膝だけど、動いていないのは、「足・足部」
です。



・・・・それで、足・足部の「内がえし」、「外がえし」
の動きに大きく関係しているのが・・・・・、



hikottou114116_20191123203459b1e.jpg
上脛腓関節



utikurubusisotokurubusi09726_20191123203500781.jpg
下脛腓関節



脛骨と腓骨がつくる関節=「上下脛腓関節」です。




「脛腓関節」の動きが今一つの場合、「脛腓関節」を
上手に動くようにしてあげると、足・足部の「内がえし」、
「外がえし」の動きが各段にやりやすくなります。







「動きケア・入門講座」





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、動きケア(R) の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

股関節の動きをよくする「仙腸関節」

動きケア(R)パーソナルトレーナー養成
スクールからのワンポイントです。




関節動きケア・テクニックに入りました。



受講生のOさんを筆頭に、皆さんが驚いた
のが、「仙腸関節」のテクニックでした。




IMG_1377.jpg
Oさん、左脚は、一歩踏み出すと、つま先方向より
膝が内方に入ってしまう状態でした。



IMG_1370.jpg
長座位で股関節を外旋してみると、
やっぱり左の方がやりにくいとのこと、可動域も少ない
状態でした。



で、この状態でつかったのが・・・・・、



IMG_1372.jpg
「動きケア」では「寛骨前外方」と呼ぶ仙腸関節の
テクニックです。



すると、


IMG_1370.jpg

さっき、こうだったのが・・・・(左脚に注目!)



IMG_1371.jpg
股関節・外旋の可動域も大きくなり、やりやすくなり、

このあと、一歩踏み出してみると、膝が内方に入り
にくくなってる~~、



と感動の輪が広がりました!!




「動きにくいのは股関節、操作するのは仙腸関節、
すると股関節の動きがよくなる」



「動きケア」の

「○部位運動」による成果の一例です。









「動きケア・入門講座」





動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、動きケア(R) の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT