姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「あっという間の7分間」

dou18415.jpg




「導めいそうスタート講座」からのワンポイント
です。





「座禅」をやったことがあるのですが、10分も
じっとしていることができませんでした・・・・、





「マインドフルネス」で自分の呼吸に集中することを
やってみたのですが、なかなか続きませんでした・・・・、





「導めいそうスタート講座」にきてくださった方の
中には、今までの経験として、上記のように話して
くだささる方がいます。





「意識」をひとつのことにとどめておくことは、
案外、難しいのかもしれません。





そこで、「導めいそう」では、「意識はそもそも
移り気」と考え、はじめは4つのキーワードを
用意しています。





「意識」が別のところにいっていることに気づいたら、
その4つのどれかに戻ってきてください、もしくは、
その4つを順番に「意識」していくのもいいですよ、という
感じです。





講座の最後に、7分間の「導めいそう」を行ったの
ですが、





以前、自分の呼吸に集中することがちっとも
できなかったという受講生の方から、





「本当に7分たったんですか、あっという間でした」
という感想がきかれました。





また、別の方からは、「フロー状態とか、スポーツ
選手がいう“ゾーン” とはひょっとして、こんな
感じ?・・・・、かも、という感じが体験できました」





4つのキーワードを意識できている時は、
「ストレス軽減モード」になっていると「導
めいそう」では考えます。





ぜひ、「習慣」にしてください。








動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 90、導めいそう | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「S」 で確認




5月21日(日)、「導めいそう教室」からのワンポイントです。




「導めいそう教室」は「導めいそうスタート講座」を受講された皆さんが
その後、実践する中で確認したいことや新しい疑問を解決し、次の
ステップにすすむ目的で開講されています。





doumeisou117524.jpg





「導めいそう」にも段階がありますので、まずは、受講者皆さんの
現状をお伺いし、それぞれに合わせた内容をご提供しております。




この日、受講されたのは二人でしたが、そのお話、ご報告をきて
いると、いろいろな展開が、ちょっとスゴすぎて、こちらも「へえ~、
そんなこともあるんですね」と、思わず、講師の席を譲ろうとした
ぐらいでした。




仕事が順調に流れたり、人間関係的なものがスムーズにいくように
なったり、シンクロニシティ(偶然の一致)と言われるものがいっぱい
起こったり・・・・。




「導めいそう」では自分の状態は、常に「ストレス軽減モード」か、
「ストレス蓄積モード」のどちらかになっていると考えます。




当然、いつも「ストレス軽減モード」になっていることが望ましいのですが、
最初はなかなかそうはいかないものです。




「導めいそう」では、自分が「ストレス軽減モード」になっているかチェック
するキーワードを当初4つ用意してあります。




そのいずれかでチェックすると「ストレス軽減モード」にすぐ戻れるように
なります。




そして、今回、伝えしたのが、5つ目のキーワード、ここでは「S]
としておきます。





この「S]を意識できるようになると、セルフストレスマネジメントにとって
一段とプラスの状態をつくることができます。




ちゃんとつかんでいただけるか、ちょっとハラハラでしたが、
お二人とも大喜びで、なによりでした。




導めいそうは、いわゆる瞑想のように10分とか20分の時間をとって
やる形もありますが、日常の普通の生活の中でもできる形もありま
す。




お二人とも、日常生活の中で行う形しかやってなかったそうで、
(それでもこれだけの成果なんですから、それはそれでスゴイ・・・)、




「S」を体感したことは、10分とか20分とか時間をとってやる形も
やってみようというモチベーションになったそうです。




「う~ん、おもしろい」



「今日でまた、やる気がマックスになりました」




「楽しいからやる」のが一番です。ムリなさらないように。









大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 90、導めいそう | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「導めいそう(R)」



4月9日(日)、「導めいそうスタート講座」からのワンポイント
です。




まずもって、スゴイ先生方に受講していただけました。
感謝申し上げます。





doumeisou1749.jpg




ヨガスートラ、ヨガの瞑想法、内観法など実践、探求してみえる
ヨガの大先生・・・・、




フェルデンクライスメソッド、アレクサンダー、クリシュナムルティ、
最先端のトラウマ療法ともいわれる「EMDR」なども深く研究されている
お医者様・・・・、




そんな専門家、先生方の目に「導めいそう」がどううつるのか、本当に
興味シンシンでしたが、過分なお言葉を頂戴し、本当に恐縮いたしました。




ありがとうございます。




こんな風にも使えるのではないか、こういう方にも有効ではないか・・・、
こんな可能性もあるのでは・・・、




すでに先生方の頭の中には、「導めいそう」の今後の活用法、発展の
道すじがみえているようでした。




ぜひ、今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。




「導めいそう」がよりよいものになっていくために、ぜひ、一緒に
楽しみながら、お力を貸していただきたいと存じます。





ありがとうございました。








4月30日(日)大阪セミナー開講です。
一部内容が変更になりました。


導ヨガ、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 90、導めいそう | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「扁桃体」の暴走


3月12日(日)、「導めいそうスタート講座」からのワンポイント
です。





doumwisou117312.jpg
今までで最多の受講人数でしたが、今回は、ご自身のことより
クライアントに「セルフストレスケア」の方法を伝えてあげたい、
という方が多かったようです。





集中できない、理由もないのにイライラする、気疲れがヒドイ、
やる気が起こらない・・・・・




導めいそうでは、これらは、「ストレス蓄積モード」が長く続いている
状態と考えています。脳は疲れてしまっています。




このような状態が続くと、本能や感情を司る「扁桃体」が暴走して、
怒りが爆発してしまうこともあります。




普段は、理性をコントロールする前頭葉が怒りを抑えつけて、
バランスをとっているのですが、理性では抑えられないほど
「扁桃体」が暴走するわけです。




こうなる前に、人によっては、体調を崩す場合もあります。




この「扁桃体」と「前頭葉」が穏やかに均衡する脳構造を
めいそうによってつくっていけることが科学的にも明らかに
なってきています。




「導めいそう」は、誰でも簡単にできるちょっとした“コツ”を使って、
自分自身を「ストレス蓄積モード」から、「ストレス軽減モード」に
切りかえるノウハウです。




ますは、自分でやってみて「ストレス軽減モード」で過ごした時の
自分自身の変化を体験すると、おそらく、説得力をもって、
クライアントにも教えてあげることができます。




このノウハウを必要としているクライアントさんに
ぜひ、役立ててほしいと思います。









導ヨガ、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 90、導めいそう | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

“導めいそう” の理屈


2月12日(日)、「導めいそうスタート講座」からのワンポイント
です。




「導めいそう」では何をしたいのか、を少し・・・。





脳の血流量の変化を可視化するfMRIなどを使うと、何もしない安静時に
のみ、活動が活発になる脳の領域が複数存在し、互いに同期すること
が明らかになっています。




例えば、
内側前頭前野、後帯状皮質、楔前部、下頭頂小葉などから
成る脳回路は「DMN」(Default mode network)と呼ばれ、
意識的な活動をしていない、ぼんやりと安静状態にある
時でも働いている脳の神経活動とされています。




これは“脳のアイドリング状態”と表現されたりします。




スゴイのは、このDMNのエネルギー消費量です。




なんと脳の全エネルギー量の60~80%ともいわれています。




このDMNは「心があっちへ、こっちへ、さまよっている時に
働く回路」としても知られています。




また、「あの時、ああしておけばよかった」、と繰り返し、くよくよ
考え、悩むような思考でもDMNが働きすぎるようなのです。




脳のアイドリング中に浮かんでくる雑念や思考にとらわれ、執着
するとDMNがよりたくさんエネルギーを消費して、脳が疲れて
しまうということのようです。




DMNが過剰に働きすぎている人は、たとえ身体は休んでいたと
しても脳は休んでいない、逆に刻一刻と疲れている・・・・という
状態が考えられるわけです。




上手に瞑想するとDMNを司る部位である内側前頭前野、後帯状皮質
の活動を低下させることがわかっています。




「導めいそう」でも理屈のひとつとして、これをやっているのかもしれません。




夕方に、10分ほどの「導めいそう」をすると、慣れてくると、その日の
感情的起伏や気の使いすぎによる気疲れをすっきりリセットできる
感じがします。




今回の受講者の方にも、仕事がおわると、ぐったりして、いっぱいいっぱい、
もう何もやる気がおきないほど疲れるという方がいらっしゃいました。




ぜひ、すぐにでもお試しください。ご自身で違いがわかるはずです。









導ヨガ、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 90、導めいそう | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT