姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「動きケア」実践の前に立ちはだかる「2つの壁」(2)

「動きケア」実践の前に立ちはだかる「2つの壁」
のお話~その2~です。




「動きケア」を学んでいただいた方でも、なかなか
越えられない「2つの壁」(思い込み)があります。




ふたつめ。





1、「病名」にとらわれてしまう
「思い込みの壁」





例えば、病名を言われると、「私にはそんなのわかり
ません、ムリです・・・」とビビッてしまったり、無意識の
うちにその「病気」を治そうとしてしまったり・・・・、
(病気を治すのはお医者さんの仕事ですよ・・・)





・・・・そんな反応をしてしまいがちです。





「動きケア」では、本来、ないはずの「こわばり」があったら、
なくし、本来、機能しているはずなのに機能していないところ
があったら機能するようにしてあげるだけです。





すると、機能低下が背景にある「痛み」や「不調」は改善に
向かい、全く別の要因の病気であっても、身体が動きやす
くなるので、その方のQOL(生活の質)を高めることが
できるのです。





とにかく、本来、ないはずの「こわばり」があったら、
なくし、本来、機能しているはずなのに機能していないところ
があったら機能するようにしてあげる・・・・・





ということに徹することができるか、どうか・・・・・





できれば、クライアントにはたいてい喜んでもらえます。









動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、“導ヨガ” の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「導ヨガ・立位13式」

IMG_3461.jpg



先日の「導ヨガ・中級指導士養成講座」で
皆さん、結構、盛り上がっていたのが、「導ヨガ・立位
13式」の確認の場面でした。





上写真のように、左股関節で大きくたたみ、右脚を
少しずつ開いていき、適当なスタンスで、膝を伸ば
したまま、右足裏で床を踏むように力をいれると、





うまくいくと、右の股関節内転筋だけに力が入る
感じになります。右の殿筋あたりは「やわ、やわ」
状態のはずです。





ところが、皆さん、





「右の殿筋がかたくなってる」、
「右の殿筋がやわらかくない・・・」





と盛り上がりをみせたのです。





この「導ヨガ・立位13式」、うまく大腿内転筋群に力が
入ると、「O脚改善」につかえます。





やった後、「膝をそろえて立ちやすくなった・・・・」と
感想もきかれます。





ただ、それは、うまく大腿内転筋群に力が
入れば、です。




「大腿内転筋群」に力がはいるか、


ぜひ、探ってみてください。










動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、“導ヨガ” の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「導ヨガ・上級指導士」誕生!!

IMG_3460.jpg

「導ヨガ・立位18式」の第13式を確認中です。





「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」を
修了され、「導ヨガ」指導者養成講座をひと回り
受講されると、「導ヨガ・上級指導士」になれます。





「導ヨガ・上級指導士」になると、「導ヨガ・指導者養成講座」
すべてをご自身で仕事として開講できるのです。





この日も新しく4名の「導ヨガ・上級指導士」が誕生
いたしました。





錦戸まり子さん(愛知県)

宮木雅美さん(三重県)

木本はる代さん(石川県)

塚本浩二さん(千葉県)




皆さん、おめでとうございます!!



今後の益々のご活躍、祈念いたしております。










動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、“導ヨガ” の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「ゆらし体操」

syokyuu218429.jpg





「導ヨガ・初級指導士養成講座」からの
ワンポイントです。





体幹部をゆらして、その“揺れ”を全身に伝える
こと・・・・・・、




簡単そうで案外できないのが、この「ゆらし体操」
です。




例えば、「ゆらし体操」のひとつが、上写真、片腕を
斜め上にのばした状態で、体幹部の左右側屈を
小さく繰り返すような動き(ゆらし)の“揺れ”を全身
に伝えます。




こわばりがあっても“揺れ”は全身に波及しないし、
緊張が残って、リラックスできていなくても、
“揺れ”は伝わりません。




そもそも、体幹部の左右側屈を小さく繰り返すような
動き(ゆらし)ができるだけでも、主働筋と拮抗筋を
交互に素早く収縮できるということで、それは、若々しい
神経系の状態をあらわしています。




・・・・このように考えてみると、「ゆらし体操」は結構、
“深い”です。




この講座の中でも、うまく揺らせない人に
・・・・・





syokyuu118429.jpg

パートナーが上手にアシストしてあげると、
とたんに自分で上手に揺らせるようになった(^^)!
という場面がありました。





神経系を若々しく保つエクササイズもたくさん用意
されている “導ヨガ” で生徒さんを大いに楽しませて
あげてください。









動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、“導ヨガ” の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「ストレートネックを改善するエクササイズ」

syoyuu.jpg




「導ヨガ・基礎講座」からのワンポイント
です。





「ストレートネックを改善するエクササイズ」
がでてきました。





上写真はそのうちのひとつです。





(仰臥位)アゴを引くようにして、後頭部で
床を押すだけの簡単なエクササイズですが、
整形外科クリニックでも行われているすぐれ
ものです。





頸部配列を支えている筋に刺激を入れ、骨配列を
整えるエクササイズですが、ポイントのひとつは
その「負荷の強さ」です。





骨配列を支えるために刺激したいのは、深層に
ある「短背筋群」です。





深層にある=インナーマッスルを刺激するためには、
基本的には「低負荷高回数」です。





負荷が強すぎるとアウターマッスルである「脊柱起立
筋」などがたくさん働いてしまいます。





「だいたいこのくらいの強さでOKですよ」と確認
しているのが上写真です。





「負荷の強さ」と「正しいフォーム」だけ確認してあげれば、
クライアントは家でもできますから、ぜひ、教えてあげて
ください。喜ばれますよ・・・・・。











動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 91、“導ヨガ” の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT