FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「テーマ別動きケア体操・導ヨガ」




テーマ別動きケア体操・導ヨガ&指導法セミナー
からのワンポイントです。




今回のテーマは、「肩部の痛み・不調改善編」
でした。




肩部の痛み・不調といっても
肩こり、胸郭出口症候群、四十肩・五十肩など
様々です。




IMG_0829.jpg



今回は、あえて「触察」もグッズを使って、セルフで
確認してみました。



案外、共通の圧痛点として多かったのが、
棘下筋のところです。



肩甲棘の下部です。



このあたりのこわばりは、肩部、上腕だけでなく、頸部の
痛みや不調としてあらわれることもあるのでおさえておき
たいところです。



「自分でやると、肩甲棘の下とか、よくわからない
ものですね」という感想もきかれました。



たまにセルフでやってみると、背中などの意識を
高めることにもなるのでおススメです。








7月スタート!「動きケア・パーソナルトレーナー養成
スクール」受講申込受付中
http://fgi-jp.jp/school-guide/index.html




動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 94、動きケア®体操(導ヨガ®)の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「動きケア体操・導ヨガ」がよりわかりやすくなりました!



先日、出版した岡本隆行先生との共著で紹介
した「動きケアEチェック」=「楽々動ける度チェック」の
ことをいろいろな方に話すと、「これは多くの方に知って
もらった方がいいですね」、「いいものは広めましょう」
とありがたいお言葉をいただけます。




それで、
「動きケアEチェック」=「楽々動ける度チェック」の重要性
はわかったけど、どうすればいいの?




という、ひとつの答えが「動きケア体操・導ヨガ」に
なります。




先日もお会いした有名な方も、ぜひ、いっしょに広めましょう、
といっていただけたので、「動きケアEチェック」=「楽々動ける
度チェック」と連動した「動きケア体操・導ヨガ」をよりわかりやすく
知っていただこうと、ここ数日、テキストの改訂に取り組んでおり
ました。




20日に入門、基礎講座を開講していただけるTさん、
ハラハラさせてゴメンなさい。テキストは明日にはお手元
に届くはずです。前よりも数段わかりやすくなっているので、
伝えやすいはずです。楽しみにしていてください。




明日は、「初級指導士養成講座」ですが、そっちのテキスト
も何とか間に合いそうです。




「動きケアEチェック」=「楽々動ける度チェック」のおかげで、
だから「動きケア体操・導ヨガ」が必要なんですね!!
というポイントがよりはっきりしました。




う~ん、文字では伝えきることができないと思うので、
もどかしいです。




クライアントや生徒さんに本当によいものを伝えたい
と思われる指導者の方はぜひ、一度、「動きケア体操・導ヨガ」
にふれてみてください。



お待ちしております。







7月スタート!「動きケア・パーソナルトレーナー養成
スクール」受講申込受付中
http://fgi-jp.jp/school-guide/index.html




動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 94、動きケア®体操(導ヨガ®)の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

動きケア・すわり体操(1)横座り→正坐



「楽々動ける度」を高める「動きケア・すわり体操」
のご紹介です。




今回は、「横座り→正坐(痛くない範囲)」のすわり体操です。
(正坐で膝が痛い人バージョン)




正坐では膝が痛いけど、横座りでは大丈夫という
方が結構おられます。その方を想定しています。




1、手をついて、膝が痛くない側の横座りをします。

IMG_0746.jpg




2、腕の力も使って、膝が痛くないところまでの
正坐になります。


IMG_0748.jpg


また、もとの横坐りに戻ります。




1、2を繰り返します。




※痛くなかったら、反対側の横すわりを加えても
効果的です。




下腿の内旋・外旋の動きなどがよくなるので、
上手にできると、正座でお尻にかかとがつくように
なる人もいます。




膝痛の方でも、「体位変換力」=「楽々動ける度」を
高めるために、とても重要なすわり体操です。




※「動きケア・すわり体操」では、痛みや不快感を
感じる動きは行いません。



ぜひ、お試しください。








7月スタート!「動きケア・パーソナルトレーナー養成
スクール」受講申込受付中
http://fgi-jp.jp/school-guide/index.html




動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 94、動きケア®体操(導ヨガ®)の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「動きケア・すわり体操」



ありがとうございます。



IMG_0738.jpg

この新刊で紹介した

「動きケアE(エッセンシャル)チェック」
=「楽々動ける度チェック」。



先行してお伝えした指導者の方から、



「現場で楽しんで使ってます!」



というお声をいただけるようになりました。
本当にうれしい~です。




ところで、次にいただけるお声として・・・・・、




「で、現代人にとって
「動きケアE(エッセンシャル)チェック」
=「楽々動ける度チェック」が大切なのは
わかりました、



でも、膝が痛い人とかにこれができるようになって
もらうにはどうしたらいいですか?」



というものです。




そこで、「動きケア・すわり体操」というもの
でまとめてみたのです・・・・・。




すると、その数、25以上もできてしまいました!!



なんとか、皆様にすぐにでもおつたえしたく、
その方法を探っているところです。



「動画をとって、ユーチューブで流したらどうですか?」

というのが相談した方からいただいた最も多い意見
でした。



でも、どうやるんだ?(笑)



親切な方の力を借りて、近々はじめたいと
思っております。




親切な方、よろしくお願いします(笑)









動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 94、動きケア®体操(導ヨガ®)の詩 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

「動きケア体操・導ヨガ」のなぜ?


Q&A集です。



Q:
「動きケア体操・導ヨガ」では、なぜ、脚のつけ根で
手指をはさむことを重視するのですか?




A:
脚のつけ根(股関節)で十分に曲がる状態を維持して
おくことが、誰でも行う日常生活の体位変換がスムーズに
できて、いくつになっても「楽々動ける」ポイントだからです。




例えば、
「動きケア体操・導ヨガ:基礎第1式」でも・・・、

IMG_9990.jpg

脚のつけ根に手指をおいて、手指を挟むように
骨盤を前傾・・・・・、





IMG_9991.jpg
お腹と太ももがピッタリとくっつくようにします。




整理してみると、

誰でも行う日常生活の体位変換
(1)仰臥から床すわり
(2)床すわりから立ち上がり
(3)イスすわりから立ち上がり


(1)~(3)すべての体位変換をスムーズに行う
最重要ポイントが脚のつけ根(股関節)で十分に
曲がることなのです。



普通にできてしまう元気な方は、普段なかなか意識できません
が講座でお伝えすると、皆さん納得されます。



ですから、「動きケア体操・導ヨガ」では
脚のつけ根(股関節)で十分に曲げる、骨盤を前傾する
ことを習慣にしていただけるよう、脚のつけ根(股関節)で
手指をはさむことがよくでてくるのです。








動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 94、動きケア®体操(導ヨガ®)の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT