姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

久しぶりの“伝説のパーソナルトレーナー”

 昨年12月、年の瀬も押し迫ったある日、久しぶりに“伝説のパーソナルトレーナー”J氏 
と会ってきました。おそらく半年ぶりくらいの再会です。


 J氏は、私の中では“国宝級のパーソナルトレーナー”、“世界遺産?”の扱いなので、保護
の観点から匿名でお伝えしています。


 
 J氏との出会いは、おそらく15年以上も前になります。当時、J氏はスポーツクラブの一ス
タッフでした。私のやっていることをおもしろいと思ってくれたようで、うちのスクールに参加
してくれました。


 
 その後、J氏は、パーソナルトレーナーをやりながら、柔道整復師の専門学校に通います。
その学生時代にすでにパーソナル指導で月に多いときで○十万円稼いでいました。(○の部分
は想像におまかせしますが、スゴイ数字です)。



 学校の学費もパーソナル指導で稼いだお金で支払ったという伝説の持ち主です。指導料も、
3,500円からはじめ今では、40分、○万円です。(○の部分は、以前お伝えしたブログの記事を
参考にしてください)。



 とにかく、ここ8、9年、特に決まった拠点を持たず、パーソナル指導だけで、やっている本
物のハイレベル・パーソナルトレーナーです。



 今回もいろいろ話しました。実際の身体の見方、調整方法、指導の中身についての話は、
「土屋さんとボクのココだけの話にしておいてください」と念をおされてしまったので、
紹介できませんが、ここ半年でまた進化していることがよくわかりました。



 彼のクライアントに医師がいることは、以前もご紹介しましたが、なんとその数は4人だ
そうです。先日もクライアントの医師から自身の頚部レントゲン写真をみせられ、意見を求
められたとのこと・・・、(何を説明するんでしょうか?)スゴイですね。



 また、リハビリの施設にスタッフがいない病院に頼まれ、「週一回だけなら」と引き受け、
その後、30人の患者がくるまでにしたそうです。受付時間は17:00~19:30分の
2時間半です。たったひとりで30人の患者さんを満足させているわけです。



 指導時間を3時間としても、1時間で10人、一人あたりの対応時間6分・・・・・。たった
ひとりでも、患者さんに満足してもらいながら、指導・対応時間をいかに短くできるか、をテーマ
に時間給は千円だったけど引き受けたそうです。



 彼の中でこのテーマはクリアできたので、強い引きとめにもかかわらず、その仕事は卒業
したそうです。


 
 今、彼のパーソナル指導は、ほとんどの場合、身体調整であっても、トレーニング指導であっ
ても、長くて40分以内だそうです。(短い時は10分だそうです)。


 
 それで、クライアントは納得するわけですから、本当にすごいですね。


 
 我々と同じ運動指導者の中に、こんなスゴイ人がいるなんて、なんだか希望がわいて、
励みになります。


 J氏の益々のご活躍とご健康を心より祈念いたします。



 最後に“伝説のパーソナルトレーナー”J氏の後姿、初公開です。
Jsi1015
 
 J氏、夢と希望をありがとう!! 
 

土屋真人のホームページ
別窓 | 19、伝説のパーソナルトレーナー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「わかるということの段階」と「実践の力」

 掃除の実践で有名なイエローハット創始者鍵山秀三郎先生の
本の中に書いてあったことです。



「わかる」ということの四つの段階

第一段階 人の話や本を読んでわかる
       →浅い

第二段階 人に伝える
       →理解度が測れる

第三段階 書いてみる
       →少し深い理解度

第四段階 実践してみる
       →最も深いわかり方

(「鍵山道場」人間力を磨く法則、鍵山秀三郎 著、はる出版より)


 「わかる」という段階について本当によくあらわされていると思います。
本当に物事を「わかる」には、この四段階が必要なんですね。この四段
階はそのまま我々の仕事の中身のような気がします。


 人に聞いたり、本で読んだことを人に伝え、資料などにまとめ、指導す
る前にまず自分で実践できるようにする・・・・。考えてみれば、どんな仕
事もこの繰り返しかもしれません。この四段階が、そのまま、自分自身の
理解度を深め、成長することに直結しているのですね。


 最も深いわかり方は、「実践してみる」ことです。確かに約20年健康運
動指導者・トレーナー教育に携わってきた経験からいっても、セミナーや
スクールでお伝えした内容をその場の勉強だけで終わってしまう人とすぐ
に現場で使ってみる人、実践して経験をつむ人では、レベルアップの度合
い、速度はぜんぜん違うものになります。

 
 「すぐに自分の身体を使って、実践してみる」とても大切なことですね。
「実践してみる」ことの大切さを私に教えてくれたのが、J氏です。


 【あまりにもすごすぎる人なので、本人に迷惑がかからないように
J氏(仮名)で紹介します。】


 もうすでに9年ほど、パーソナルトレーナーのみを職業として生計を
立てている方です。J氏は、私のところのパーソナルトレーナー養成
スクールを卒業した後、柔道整復師の学校へ通いました。


 アドバイスを求められたので、次のように言いました。


 「パーソナルトレーナーなら、うちで勉強したことを使えば、今すぐ
できるから、やってみたら。これから、学校へ通う人は、一般的に
は、学校を卒業したら・・・・とか、柔道整復師の資格をとったら・・・・
という発想をして、学校に通ううちは、アルバイトで何とかやっていこ
うとか考えるよね。


 でもそれだと、学校卒業して、柔道整復師の資格とってやっとスター
トになる。例えば、それから、接骨院やったらゼロからだから、患者さん
が増えるまでに時間がかかってたいへん、石の上にも3年とか。


 学校にいるうちにパーソナル指導でクライアントを増やすことにチャレンジ
したら、うまくいくと卒業までにJさんのクライアントがいっぱいになるでしょ。


 そうしたら、そのままパーソナルでやっていってもいいし、接骨院やっても
クライアントがそのまま来てくれるから、うまくいくはずだし・・・・。


 ゼッタイ学校に通いながら、パーソナル指導やってみたらいいと思うけど、
どう?」


 そのころ、他の人にもよく提案していたことです。J氏のすごいところは、
この私から聞いたことをすぐに「実践した」ことです。


 最初は一回3,500円くらいの指導料ではじめたそうです。最終的には、
どうなったか・・・・。


 パーソナル指導で稼いだお金で専門学校の学費を全部払ったそうです。
すごい人がいるもんです。


 J氏の今までのクライアントの中に医師がいます。総合病院の内科部長
だそうです。「今月末に学会発表があるから、それまでにこの腰痛をなん
とかしてくれ・・・・」というような依頼だそうです。もちろん、J氏はみごとそ
のリクエストにこたえてみせました。


 (総合病院だから「整形外科」もあるはずなのに、J氏に依頼がくるなんて
すごいですね・・・・)。


 私の中ではすでに「伝説のパーソナルトレーナー」J氏。


あの時、「すぐに実践」してみた彼の指導料は、現在50分2万円です。


 





別窓 | 19、伝説のパーソナルトレーナー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |