姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

大爆笑



4月15日(土)、「動きのTCCT(E)スクール」の時の
はなしです。




途中で、受講生Nさんが 「シシー(シッシー)スクワット」について
の質問をしてくださいました。





sisi117417.jpg
シシー(シッシー)スクワットを実演するNさん




私がNさんの質問にこたえていると、


それを聞いていたMさん、突然!!!



Mさん: 「えっ!!! “失神” スクワット?!、失神スクワットって
       どんなんですか?」




私: 「失神スクワットではなくて、シシー(シッシー)スクワットです・・・」




Mさん: 「あ~、ビックリした、 “失神” スクワットって、どんなんかと
      思って・・・・」



普段から、“天然キャラ” がみえかくれするMさんにみんな大爆笑(^^)



Mさん:「ところでシシー(シッシー)スクワットってどういう意味なんですか?」



シシー(シッシー)は「sissy」、ちょっと調べると、「いくじなし」、「弱虫」という
ような意味がでてきます。



「いくじなしスクワット」???



どうしてこんな名前がついたのかは、Nさんが調べて今度報告して
くれるようです。




私も楽しみにしています。









4月30日(日)大阪セミナー開講です。
一部内容が変更になりました。


導ヨガ、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 75、愉快な人たち | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「ワールドカップ初戦」記

(やっと気持ちの整理もついてきたので書きたいと思います)。



サッカー、ワールドカップ日本代表の初戦コートジボワール戦の時の
ことです。


この日は、ちょうどうちのスクール開講日で、10時からスタートでした。


気のせいでしょうか、いつもに比べて受講生皆さんの登場が遅いような、
なかなか人数がそろってこないような・・・・。


サッカーをやっていたMさんに「今日は欠席されるんじゃないかと思っていました・・・、
よくお越しくださいました!」というと、Mさんも「なんとか昼からにならないですかね・・・」、
と切り返してこられ、冗談を言い合っておりました。


開始の10時になりました・・・・。


Yさんの姿がありません。Yさんもバリバリのサッカー経験者です。


(たぶん、ワールドカップみてるんだろうな・・・・・)なんて思いながら
講座をすすめておりました。


やっぱりワールドカップです!うちのスクールよりワールドカップを優先する!
そのぐらい思い入れの強い人がいても不思議ではありません。



(そういう私も実はとっても気になっていました・・・・)


10時20分すぎだったでしょうか、勢いよくドアが開きました!


Yさんです。満面の笑みを浮かべて、輝きながら、


「日本先制しました!本田いれました!!」


「やったー!」、「うっそー、スゴイじゃん!」、「どんな感じで入れた?」

矢継ぎ早に喜びの声、質問の声が飛び交います・・・。


「よっしゃー、通常2時間かかるとこ30分で終わらせて応援しましょう!」
喜びのあまり私も冗談を口にします。


はやく見たい!応援したい!! そんな雰囲気があたりを包みます。


私もワクワクしながら、しかし、プロとして伝えるべきことはしっかり伝えなければ
ならないという信念のもと、講座に集中しなおします・・・。


Yさんは質問がでると貧乏ゆすりして、イライラした様子です・・・。


(もう少しだから、もう少しだから・・・、落ち着いて、落ち着いて・・・)


「これで午前中終わりにします。昼食休憩なさってください」


Yさんは、すぐスマホをチェックです。結果はご承知の通り・・・・。


Yさんは、やり場のない気持ちのコントロールにたいへんです。
私は、いつもいくうどん屋さんの畳の上で横になり、しばらく力が入りません
でした・・・・。


この日は、午後からが長かったこと、長かったこと・・・・・。

この後のリーグ戦の結果も含め、本当に残念でした。



so114621.jpg
試合後インタビューに答えるザッケローニ監督







お待たせしました!!2014年8月スタート!!!
「パーソナルトレーナー本物塾」(基礎・第4日曜日クラス)
受講受付中です。
定員まであと 6名様 です。



→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 75、愉快な人たち | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

根強い思い込み(2)

前回の記事でもお伝えした愛知県犬山市(市民健康館)
「自分で予防・改善できる肩こり腰痛解消法!!」講座のことです。


腰痛の方が「腹筋が弱くなっている」と言われて、一昔前は、一生懸命
「シットアップ」をやっていた時代がありました・・・・。


今は、腰痛の方が弱くなっている筋で、優先すべきは腹横筋、横隔膜、
骨盤底筋群など「体幹部深層筋」と呼ばれる筋たちで、それらの筋は
がんばって「シットアップ」やらなくても、座っても、立ってもいつでも
トレーニングすることができるんですよ・・・・。


と実際の方法もお伝えしました。


「シットアップ」をがんばりすぎて、首を痛めたり、腰を痛めたり・・・、注意が必要です・・・、
また、骨盤後傾姿勢の人は「腹直筋」だけを鍛えすぎると「骨盤後傾姿勢」をより強化
することになってしまいますし・・・、注意が必要です・・・。


ともお伝えしました。


で、講座が終わって一人のご婦人が質問にいらっしゃいました。



smin114525.jpg


ご婦人:
「歩いている姿勢が悪いっていわれたの・・・、背中が丸くなってるって・・・、
腹筋やった方がいいかな・・・・」


私:
「もしや、その“腹筋”って・・・・・」


ご婦人:
「何かで足押さえといて、起き上がるヤツ」


私:
「  ・・・・・・・・・・・  」







→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 75、愉快な人たち | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

親指の第3関節がない!?

講演に呼んでいただいた先々で出会った“愉快な人たち”シリーズ
です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




市が主催する「健康教室」に講師として呼んでいただいた時の出来事です。



足部に痛みや不調がある方は「横アーチ」を支持する筋が弱化していることが
よくあるものです。



そこで、参加者皆さんに「横アーチ」を支持する筋の「筋トレ」をおぼえて
いただこうと説明をはじめました。



このあたりの「筋トレ」のひとつが我々が「足指にぎにぎ運動」と呼んでいるもの
です。足指でジャンケンの“グー”をつくるように足指をにぎるようにするわけですが、
ポイントは「中足指間関節」をよくまげることなのです。



もちろん、一般市民の方には「中足指間関節」という難しい言葉は使いません
ので、自分の足指でポイントとなる関節を確認してもらいます。



asiyubi114115.jpg





私:「さあ、ご一緒に足指の関節を確認してみましょう。まずは、足指の人差し指・・・、
  指の先の方からよく第1関節と呼ばれる関節があります・・・、足指のつけ根の方へ・・・、
  2つめの関節があります・・・わかりますね・・・、足指のつけ根が“第3関節”と呼ばれる
  関節になります。この足指第3関節をよく曲がるようにしていただきたいのです・・・」



そんな説明をしながら、
次に「第1指(親指)」について補足しようと思った瞬間でした。



参加者のひとり、女性の方が部屋中に響き渡る大きな声で叫びました!



「親指の“第3関節”がない!!!」



あまりにも大きな声に会場が凍りつくように“シーン”となりました。


参加者の皆さんの顔もこわばります・・・、


「何かたいへんなことでもおこったのか」・・・、という感じです。



私が普通に言いました。 



「それ、普通です」、「親指は関節が2つなのが標準です」



状況がのみこめた会場は“大爆笑”に包まれました。



当のご本人は、安心したような、でも、「ちょっとはやとちりしちゃった・・・」という
感じで少し恥ずかしそうにしてみえます。



でも、その方にとっては、何十年も生きてこられて自分の親指の関節が他の指の関節より
ひとつ少ないことにはじめて本当に気づいた“歴史的・感動的瞬間”だったに違いありません。



そんな“瞬間”に立ち会えて本当によかったです。



本当に“まじめで”、“素直な” 愉快な人でした。






お申込みいただきました。締切り間近です。
2014年2月スタート!「パーソナルトレーナー本物塾」(第1日曜日クラス)
受講受付中です。定員まで: あと 4名様です。



「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓


別窓 | 75、愉快な人たち | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

こんなのもあり?!健康運動教室の活用法

講演に呼んでいただいた先々で出会った“愉快な人たち”シリーズ
です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




私が講師として呼んでいただいたその健康教室は、自治体主催で一週間に一度
開講され、全部で8回シリーズだったと記憶しています。



参加者のおひとりに70代後半(ひょっとしたら80を超えていたかも・・・)
の女性、伊藤サキさん(仮名)がおられました。



このサキさん、他の方とはちょっと違った特徴をもった方でした。



「健康運動教室」ですから、講座中「運動」するわけですけど、他の方が
「運動」していてもこのサキさんは「運動」しないのです。



はじめの頃は、いっしょに「運動」していたのですが、途中からはほとんど
「運動」には参加されなくなりました。




と言っても、どこか身体の不調があるわけでもなく、つまらなそうにして
いるわけでもありません。



イスに座って、ニコニコされています。私がくだらないことを言うと、大声で
わらっています。楽しそうです。




rei1131101.jpg

こんな場面でもサキさんはイスに座って私の言葉に大笑いしながら、
ニコニコしてみています。



「運動教室」で「運動」しないけど・・・・、サキさんは満足されているのかな?・・・
という思いがよぎります・・・。




その日の講座が終わった後でした・・・。




サキさんが私の方に向かって歩いてきます。



開口一番、

「あんた! よかったよ!! 今日が一番おもしろかった! 最高! 
 また来るでね」



私: 「・・・・・」



どうもサキさんは「寄席」にでも来る感じで、どちらかというと「笑い」を
楽しみにきているようでした。



「健康運動教室」の活用法として、こんなのもあるんだ・・・・、



私がうなった瞬間です。



もっと「笑いのセンス」も磨かなければ・・・・、



心に誓った次第です。







→ 土屋真人のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 75、愉快な人たち | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT