姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「足指そらし運動」




haikutu11613_201708011026063d2.jpg




皆さんからいただいた質問に
お答えするQ6A集です。




Q:

お伺いすると患者さんの中には、足指を反らせる体操
(中足趾節関節を背屈)をされている方が、何人もみ
えます。



理由は定かではありませんが、「つまずかないよう
に」「足指を動かした方がいい」という理由だと思
うんですが…



こういう運動を習慣にすることによって、足のアーチ
が崩れる可能性、立ったとき、歩くときに、足指を使
えなくするようなクセづけになっている可能性があ
るでしょうか?




A:

Mさん、ご質問ありがとうございます。



ご質問を二つに分けてお答えします。




①足指背屈の運動を習慣にすると、足のアーチ
が崩れるようなクセづけになっている可能性があ
るでしょうか?



A:
これについては、ご承知とは思いますが、

「ウィンドラス機構」という足にそなわった
機能があります。



足指・背屈した際にアーチが上がる、安定する
はたらきです。



このような働きもありますので、足指背屈の
運動を習慣にすると、足のアーチが崩れるよ
うなクセづけになっているとは言えません。





②足指背屈の運動を習慣にすると、立ったとき、
歩くときに、足指を使えなくするようなクセづけに
なっている可能性があるでしょうか?




このご質問の
「立ったとき、歩くときに、足指を使えなくするような
クセづけに・・・・」




のところの足指を使えなくするの意味が=足指・屈曲
だとすると、




足指背屈ばかりを運動を習慣にしていると、足指背屈は
得意だけど、足指屈曲はいまひとつ、というような偏り
が生じてしまう可能性はあると思います。




足指背屈も、足指屈曲も大切ですね。




以上、参考になればうれしく思います。











動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 74、Q&A集 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「足の開き方の左右差」




皆さんからいただいたご質問に
お答えするQ&A集です。




Q:
足の開き方に左右差があった時のみ方が講座の
中にでてきました。足の開き方の左右差が、股関節、
膝関節、足首・・・・、どこからきているのか、み方を
基本だけでよいので、もう一度補足をお願いします。






syoudennkin3111017_201707262241321cc.jpg




A:
例えば、上の写真です。




膝蓋骨の向きをみて右側の方が外を向いているよう
なら、右股関節がより外旋しています。




膝蓋骨の向きは左右同じで、右側の脛の向きが
より外を向いているようなら、右下腿(膝)から
外に開いています(より外旋しています)。




膝蓋骨の向き、脛の向きは左右同じで、右側の
足が開いているようなら、右足首から
外に開いています。



以上、基本的なこととして参考になればと
思います。









大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 74、Q&A集 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「7月からのセミナー予定」




Nさん、お問い合わせをいただきまして、
誠にありがとうございました。




7月からのセミナー、講座案内をホームページにて
更新、掲載いたしました。




各種講座につきましては、7月から9月までの
予定も掲載いたしました。



7月は「特別セミナー」も多数開講されます。

ぜひ、ご活用ください。





ありがとうございました。









大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 74、Q&A集 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「導ヨガ」で指導できますか?



皆さまからのご質問に答えする
Q&A集です。





Q:
先日、知り合いから「導ヨガ」を勉強していると
ききました。少し教えてもらったら、なんか身体を
痛めないように配慮されているし、現代人の
衰えやすいところをカバーできるというところが
よいと思いました。私の教室でも「導ヨガ」で
指導できますか?





A:
まずは、「導ヨガ」に興味をもっていただき、
ありがとうございます。




お尋ねについてですが、「導ヨガ」という名称は
先日、正式に特許庁の商標登録原簿に登録さ
れた名称です。




syouhyou117621.jpg

先日届いた「導ヨガ」の「商標登録証」です。





ですので、「導ヨガ」という名称を使って誰でも
指導できるわけではありません。





「導ヨガ」という名称を使って指導
できるのは、使用許可が認められた方
=所定の「導ヨガ」指導者養成講座を修了
した方のみとなります。





「導ヨガ」は身体にもやさしいと医師から
推薦もいただいております。



もし、よろしければ、講座へも足をお運び
ください。




興味を持っていただき、ありがとうござい
ました。









大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 74、Q&A集 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「脚が開きません・・・」




oha117618.jpg




皆さまからいただいたご質問に
お答えするQ&A集です。




Q
:あぐらをかいて座っても脚が十分に開かない人が
います(上写真)。立位でも膝が内側に入ってしまい
ます(下写真)。何が考えられますか?





oha217618.jpg



A
:ここではザックリと「筋」と「関節」からお答えします。




まず、筋でいうと「大腿内転筋群」の柔軟性
低下、こわばりがあるかもしれません。




大殿筋から「腸脛靭帯」のラインもかたくなって
いるかも。




中殿筋など股関節外転筋は十分に機能して
いないでしょう。




「関節」でいうと、股関節=大腿骨と臼蓋の
位置関係が標準的な連結具合からすると
少し偏った状態で、関節部周辺も含め、
固定化してしまっているかもしれません。




この関節周辺(深部)のこわばりをゆるめ、
大腿骨と臼蓋の位置関係を標準的なものに
もどし、股関節筋の柔軟性、機能性を高め、
十分に脚が開くようにしてあげてください。



以上、ざっくりですが何かの参考になれば、
うれしく思います。








大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 74、Q&A集 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT