姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「上腕三頭筋」

「上腕三頭筋」の基本事項の確認です。


上腕三頭筋は「上腕の後面」にある筋で、


下は、尺骨(肘関節の下)から肘関節をまたぎ、上は三頭筋という
くらいですから、3つに分かれています。


その3つの頭のうち、2つは上腕骨に、1つは肩甲骨についています。


まとめると、


2つの頭の方は、肘関節のみをまたいでいるので、直接的には肘の動き
だけに関係します。(肘がまがると長くなり、縮むと肘が伸びます)。


もう1つの頭の方は、肘関節と肩関節をまたぐことになるので、肘関節の
動きだけではなく、肩関節の動きにも関係してきます。


上腕三頭筋の主作用:肘関節の伸展、肩関節の伸展



jyouwansantoukin1121110
「上腕三頭筋」「からだ・うごき塾テキスト第2版」(土屋真人・著より)


よって、理屈では肩伸展位で肘を伸展させたほうが「上腕三頭筋」をよりトータルに収縮
させることになりますし、肩屈曲位で肘を屈曲させたほうがよりトータルにストレッチされる
ことになります。



→ 土屋真人のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-28)上腕三頭筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |