姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「前脛骨筋」 と 「長指伸筋」

同じ下腿前面の筋で、足・背屈の作用を持つ「前脛骨筋」と「長指神筋」ですが、その違いを
確認するとみえてくるものがあるようです。


同じ「足・背屈」の作用を持つ筋ですが、


chi7120329
前脛骨筋(緑)は足を回外させ、長指伸筋(青)は足を回内させます。


【ヒント】
足・背屈時に回内の割合が大きすぎるようであれば、前脛骨筋が機能していない
かもしれませんし、背屈時に回外の割合が大きすぎるようであれば長指伸筋
がうまく機能していないかもしれません。


chi7120329
前脛骨筋は足指の動きには関係しません。長指伸筋は足指の伸展にも関係して
います。


【ヒント】
足・背屈時にどうしても「足指伸展」しながらしか足・背屈できないようであれば、
長指神筋ばかりに偏った「足・背屈」になっているかもしれません。
(前脛骨筋がうまく機能していないかもしれません)。



「筋の起始、停止」、「身体のつくり」を掘り下げて、「うごき」をみる目を養って
いきたいものです。



土屋 真人のホームページ
 

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-19)長指伸筋 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

長指伸筋

「足首をまたいでつく筋」の解説を心待ちにしてくれているKさん、Tさん、
他方たちのためにお伝えします。


長指伸筋のひと口メモです。


長指伸筋は、下腿前面の4つの筋(前脛骨筋、長指神筋、長母指伸筋、第三腓骨筋)の
うちのひとつです。


chi1120329
脛骨上端外側面、腓骨前縁、下腿骨間膜あたりから始まり(起始)、第2~5指(人差し指、
中指、薬指、小指)の中・末節骨の背側面(指背腱膜)に停止しています。


(脛の外側あたりからはじまり、足首の前面外側を通り、その後分かれて、人差し指、中指、
薬指、小指の指先、第1関節をまたいでついています)。


主な作用の確認です。


chi1120329
足首の前面を通っている筋ですので、短縮すると・・・・、


chi2120329
「足の背屈」が起こります。



chi3120329
第2~5指の指先までいっていますから・・・・、


chi4120329
他の作用として「第2~5指の伸展」があります。


ここまでで、足指の伸展を伴う足・背屈が長指伸筋の働きです。


さらに、


chi5120329
足首の外側を通っているので・・・・、


chi6120329
長指伸筋が働くと、足は「回内」します。足・背屈するときに小指側から上がっていく
感じです。


ですから、足指の伸展、足・回内を伴う足・背屈が長指伸筋のメイン動作です。



chi7120329
緑テープが、先日確認した「前脛骨筋」です。


同じ下腿前面の筋で、足・背屈の作用を持つ「前脛骨筋」と「長指神筋」ですが、その違いを
確認するとみえてくるものがあるようです。


その違いは、次回確認してみます。



土屋 真人のホームページ
 

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-19)長指伸筋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |