姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋) (2)

下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋)の話(2)です。


下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋)の少し復習です。


katai1120224
右下腿にご注目ください。


katai2120224
「ヒラメ筋は」は、踵骨から、腓骨頭あたりについているので、
膝関節はまたいでいません。


katai3120224
「腓腹筋」は、踵骨から大腿骨・内側上顆あたり(腓腹筋の内側)と、
大腿骨・外側上顆あたり(腓腹筋の外側頭)についているので、足関節と
膝関節をまたいでいます。


ですから、


katai2120303
このように、膝を伸ばして「足・背屈」すれば、「腓腹筋」も伸びます
が・・・・、


katai5120303
このように、膝を曲げて「足・背屈」すると、「腓腹筋」の起始、停止が近づいて
たわむようなイメージで、「腓腹筋」はあまりストレッチできません。
(デモは、貴志さんです)。


膝を曲げて「足・背屈」すると、割合的に「ヒラメ筋」がたくさんのびることに
なります。


下腿三頭筋の筋トレ種目である「カーフレイズ(ヒールレイズ)」(踵の上げ下げ)
でも、立って(膝を伸ばして)行えば、「腓腹筋」もたくさん参加できますが、


katai3120303
座って(膝を曲げて)行う「シーテッド・カーフレイズ」では、割合的に「ひらめ筋」
がたくさん働くことになります。


筋の起始・停止、またぐ関節・・・・、「解剖学」の知識を現場で具体的に活かせる
ように掘り下げておきたいものです。



土屋 真人のホームページ
→3月スタート!「動きのTCCTスクール」受講受付を終了いたしました。
 たくさんのお申込みをありがとうございました。
  

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-17)下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)(1)

下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋)の話(1)です。


katai1120224
右下腿にご注目ください。


katai2120224
踵骨に付着する「アキレス腱」は筋に移行して3つの頭を持ちます。
まずは、腓骨頭あたりに1つめの頭=ヒラメ筋です。


katai3120224
あと2つは、膝をまたいで大腿骨・内側上顆あたりへ=腓腹筋の内側頭、
大腿骨・外側上顆あたりへ=腓腹筋の外側頭、です。


このような構造から、「ヒラメ筋」と「腓腹筋」は合わせて、「下腿三頭筋」
と呼ばれます。


この「下腿三頭筋」が働くと、アキレス腱を介して踵骨が引き上げられるので、
「ヒラメ筋」と「腓腹筋」の作用は「足の底屈」というわけです。


katai10120224
「足の底屈」


katai5120224
これも「足の底屈」です。立位で踵を上げたり、下げたりすると、踵を上げる時
(足の底屈)に体重負荷がかかるので、「ヒラメ筋」、「腓腹筋」の筋トレに
なります。(種目名は、カースレイズ、ヒールレイズなどと呼ばれます)。


「ヒラメ筋」は足関節だけをまたいでいるので、直接的には足関節の動きだけを
動かします。


一方、「腓腹筋」は足関節はもちろん、「膝関節」もまたいでいるので、「膝関節」
の動きにも関与しています。


katai7120224
「腓腹筋」は、「膝関節の屈曲」に関与しています。


「膝関節の屈曲」という「腓腹筋」の作用は、ついつい見逃してしまうことが
多いかもしれません。


今一度確認しておきたいものです。



土屋 真人のホームページ
→3月スタート!「動きのTCCTスクール」受講受付を終了いたしました。
 たくさんのお申込みをありがとうございました。
  

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  (43-17)下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 |